海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20171002

EXOTICA、洞窟からの脱出を全員が完了する日です!(所感など!+加筆しました)
こんにちは!
いよいよ明日は友人の最後の記事が上がりますね。
フェリシティ檸檬です。

今日で参加した書き手5人の話は終わりを迎えました。
皆様、お読みになられましたでしょうか?
私は読みましたですよ。
このような感慨に浸れるとは、ひと月ほど前まで予想もしておりませんでした!
私は今や、書き手様全員とは戦友のような気持ちでおります。
私も異世界に行って帰って参ったのです。EXOの皆と同様に。

では簡単に、それぞれのお話について感じたことなどを!
(ネタバレします!)


「虹を求めて」管理人みむ子様のお話 EXOTICA:白の洞窟 「identity crisis」
「虹を求めて」EXO企画カテゴリ

(※シウミンとキョンを混同しているかのように書いてしまいまして申し訳ございませんでした!異世界でのシウミンが、というような意味でございまして、一種のパラレルワールド的読み方をした上での書き方でございました。誤解を与えるといけませんのでカッコ内に説明を加えております。みむ子様、ほんとうにすみませんでした)
みむ子様と私でセフンとシウミンのカップルを分け、ひとりずつを書いたわけでございます。
セフンは異世界で、ある特殊な半猫人と瓜二つで、シウミンそっくりの若者に出会っておりました。
このシウミン似の登場人物の設定に関しましては、私のあとがきにて少し触れておりますので、よろしければそちらもお読みいただけると嬉しいなと思うのですが。この異世界の雰囲気も含め、やはり私とみむ子様は似たところがあるのだなと僭越ながら思ったのです。
ところでセフンは典型的な半獣人たちを気味悪がっておりましたが、私はお会いしてみたいと思いました!すごく素敵な方なら、「耳をすませば」のバロンみたいなんじゃないでしょうか。あの方はただ二足歩行しているだけだとは思いますが。
とても美しい半猫人・ヤンゴに恋しているキョン(シウミンにクリソツ)の描写がすごく可愛らしくて、その気持ち自体に胸キュンいたしました。猫に惚れるシウミンて、いいですね(見た目という意味です、恋しているのはキョンなので)。
またシウミン(のような見た目のキョン)がセフンといたしたいという気持ちは、攻めとしての願望であったというのが、非常にみむ子様らしくて、私はそこにみむ子様の作家性を大変感じました。
セフンがシウミンにされているのを想像しますとなかなか乙なものでございますね。いつか書きたいような気も。←
ヤンゴが一体こちらの世界でどういったふうに過ごしていたのか気になりました。シウミンには会えなかったわけですから、セフンよりもずっと心細かったことでしょう。猫たちにとっての危険もいっぱいですし。
ということはきっと人間の姿でヤンゴは過ごしていたのでしょうから、「きみはペット」状態になっていた可能性も高いですね。そもそもキョンもそんな感じでヤンゴをうちに連れて帰っていますし。
ルックスがいいというのは得ですね!うらやましい。←
コミカルな味わいと、恋愛感情の危うさや力の丁寧な描写と、虚構と現実をない交ぜにしたファンタジックな世界観を、みむ子様ならではの語り口で存分に楽しませてもらいました。
みむ子様とタッグを組め、心から嬉しかったですし、光栄でした!
またお部屋にも伺います!


「大帝男子」管理人roiniy(ooba)様のお話 EXOTICA:緑の洞窟 「触手」
「大帝男子」EXOTICAカテゴリ

「触手」というタイトルを一目見、これは、あの…!?と思いましたら、やはりそうだったのです!!
ディオに…触手が…。
それをチャニョルが目撃、という。
すごい画でございますよ!
その画を見せてもらえるならどこまで払えるかしら、自分、といった感じでございますね。←
ディオがひとりさくさくと頑張っているさまと、チャニョルがうわーんとなってしまうさまの対比がとても魅力的でございました。
チャニョルの火の能力というのは、私も話の中で使わせてみたいなと思ったことがありまして、そのようすを見られたのも嬉しかったです。
能力設定はどういうふうに割り振ったのだろうとときどきスタッフに対し思うのですが、私は個人的にチャニョルとシウミンとスホの能力は、彼らのルックスと雰囲気に結構合っているなと思っております。
他のメンバーも合ってないことないんですが、印象として残っているのが彼らなんですね。
roiniy様はニョルドがお好きということでございますが、その思いがとてもよく伝わってくる冒険譚でございました。
私もニョルドが好きなので、そのお気持ち分かります!と思いながら読了いたした次第です。
無駄のない文章と、ファンタジーらしいなかなか過酷な異世界と、ニョルドへの愛を味わえる一作をありがとうございました!
企画をご一緒でき、光栄でございました。


「ソラノムコウ」管理人haruyuki2様のお話 EXOTICA:赤の洞窟 「They Never Know」
「ソラノムコウ」EXO企画カテゴリ

ベッキョンとスホというあまりない組み合わせのカップルでございましたが、特にベッキョンのベッキョンらしさをものすごく堪能できるお話でございました。
ベッキョンがひとりサバイブするようすがとってもよかったですね~。
水浴びをしたり、蝶と交流を持ったりするところが特に好きでした。
私がもっとも胸キュンしましたのはベッキョンが蝶に優しく接するシーンです。
蝶が水に浸かって元気を回復する部分でも、目に見えるような画としての美しさと込められた深い慈愛に感じ入ってしまいました。
スホが水の中で眠っている画というのも、ロマンティックでございましたね。
先程能力の話をした際にも触れましたけれども、スホと水というモチーフはまこと合っておりますので、読んだ方皆に訴えかけたと思います。
しかし全体に、ホラーとまでは行かないまでも、不穏な雰囲気が絶えず漂い、最後までそれが拭われないところが、甘いだけでは済まさないというharuyuki2様のお気持ちが感じられ、そこも美点であるなあと考えた次第です。
私がこのふたりから感じるのは涼やかな端正さなのですが、それを非常に視覚的に表してくださったこうしたお話を読むことができ、ほんとうに嬉しかったです。
繊細な事実とキャラクターに寄り添った描写と、美しい自然の風景と、恐怖と官能がバランスよく配合された魅惑的なお話でございました。
今後とも、お付き合いいただければ幸いでございます。


「緑黄色野菜」管理人βカロテン様のお話 EXOTICA:青の洞窟 「cruel spiral arousal」
「緑黄色野菜」小説カテゴリ

拙企画でもご一緒いたしましたが、こうしてまた別の企画でもお付き合いを持てることとなり、大変嬉しく思いました。
そして前作とはまったく違う世界観を展開してくださり、心から楽しみました。
今回の企画が指向するようなファンタジックな世界ならば、βカロテン様のお手の物だろうとは思っておりましたのですが、こんな、精神的な、観念的なお話をお出しになるとは!舌を巻いた次第です。
カイとチェンという、これまたあまりない組み合わせでございますが、少し前に私自身このカップルを書いたとき、結構いいなと思った記憶が鮮明でございまして、そういう意味でも期待しておりました。
そうしましたらば、なんと切ないお話なのでしょう!
こんなに胸がずきずきするような恋愛関係を見せていただけるなんて、特にこの企画で、と、嬉しい驚きでいっぱいになりました。
チェンが記憶喪失になるというのが、また似合いますね。
「KOKOBOP」内での彼の印象が殊にそう思わせてくれます。
カイがこんな目に遭っているのを見ますと、あわわわわとなると言いますか、誰かなんとかしてやってくれと願わずにいられませんでした。
新鮮なカイで、そこもすごく素敵でした。
誰かとの取り引きと申しますか、そうした設定はSFやファンタジーでは定石でございますが、それを愛情問題や彼らの仕事と密接に絡め、またちょっとしたおかしみや可愛らしさも取り入れてくださり、複雑な味わいのお話にしてくださっていました。
カイチェンの化学反応と、企画へのユニークかつ素晴らしい取り組み方と、その人を成すものという哲学的テーマを入れ込まれた意欲的な物語を、どうもありがとうございました。
サプライズをくださることにかけては、βカロテン様の右に出る方はいらっしゃいません。
またどうぞ、よろしくお願いいたします。


勝手なことを書き散らかしまして申し訳ございません。
これまで思ってまいりましたことをつらつらと書いたわけでございますが、他の方の感想などもほんとうに気になりますので、お聞かせ願えればなあと思います。
(※リンクを貼らせていただきましたが、EXOTICA以外のものも混じっているリンクとなりましたので、もしご不満なら遠慮なくおっしゃってください!申し訳ございません、よろしくお願いいたします)

企画はもうすぐ終わりとなりますが、私の心はしばらくここに留まったままになりそうでございます。
それほど濃い数週間でございました。

また近々に記事を上げたり、お部屋へ伺ったりさせていただくかと思います。
その際はどうぞよろしくお願いいたします。


あとがきが楽しみです!
フェリシティ檸檬



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (1) | つれづれ
The Warは^^、The Power (of Music)は;;(EXOTICA完結!!) | EXOTICA:黄の洞窟 「闇を駆ける罪 7・終」

comment

お疲れ様でございました! : みむ子 @-
檸檬様、こんばんは!

「闇を駆ける罪」最終話まで、お疲れ様でございました!
そしてこちらの記事も、ありがとうございます!
「闇を駆ける罪」については、また改めて感想などしたために参りますね。

今日は異世界から帰って来れたことへの喜びと、企画に共に参加させていただけたことへの感謝(しかもフンシウでタッグを組めたこと!)を、まずお伝えしたかったのでお伺いした次第です。

まだ明日、夢子様の一話がございますし「あとがき」もありますので、もう少し夏は続きますね。
私もまだまだこの企画から離れられそうにありません(笑)

ということで、私もまた近々伺います!
それでは、おやすみなさいませ。
2017/10/03 Tue 00:06:31 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター