海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20170730

あとがき「輪舞曲2604」【『海に沈む森の夢』企画1・東方神起二次小説】
おはようございます!
皆様どんな日曜日の朝をお迎えでしょうか。
フェリシティ檸檬です。

さて、本日は【『海に沈む森の夢』企画1・東方神起二次小説】においてお出しした拙作、「輪舞曲2604」についてのあとがきのためにやって参りました。と言いましてもこれを書いているのは週の半ばでありますが。

これがアップしますまでに、どれくらいの方が本編をすべて読んでくださっているだろう…とわたくしは思っております。ほとんど…きっといらっしゃらないのでは?という予想をしているのでございますね。そしてそれを誰のことも責められないなと。←

ちなみに、このタイトルは「ロンド」と読みます。皆様何言ってんだか、分かるよ、というところでございましょうが、一応でございます。
私は「輪舞曲~ロンド~」などというふうにタイトルを付けることをするのはまったく好みませんし、振り仮名ももし振れたとしてもあまり振りたくありませんし、ということで、そのままにいたしました。
この、タイトルの「~」問題は非常に深刻で、ブログのお話によく見られ、映画やドラマをも席巻しておりますが、これを付けてありますと、それはつまり内容自体の質の低さを基本物語っているということになりますので、どうしたって避けたいものでございます。
これはセンスというものがだいたいにおいてそこで測れてしまうということなのですね。

さて、SFでございました。
いえ、私などが書いたものを、SFです!などと声高に申しますのはとても気が引けるのでございますが、確かにジャンルはそうでございますので、おこがましいですけれども言わせてくださいませ。
そう、SFでございました。
もうこの時点で多くの女性の読者様が離れていく音が聞こえるようでございますね。
なんといっても私自身、それほどSFを好むということはございませんし。←
じゃあなんで書いたんだよということでございますが、この企画を立ち上げた当時、友人との会話の中で、よくあるSFというもののこういうところがよくないといったような話を私がしており、よくないと申しますか、好まないということだったのですが、その点を解消したお話を書いてみたいという気持ちが芽生えていたのでございます。
それにまた、好まないと言いましても、私は漫画やアニメはそこそこSFものをたしなんでおり、それはひどく狭い範囲のものではあるのですが、確実に血肉になっている作品ばかりなのであります。
小説はほとんど読んでいないのですが、以前ここで触れました萩尾望都のそれなどほんとうに素晴らしく、あんなものならば書いてみたいものだなあと思ったのもありまして、まあそんなことは不可能にしても、私なりの、そうした作品群へのオマージュ…とはまた少し違いますけれども、愛を表現した作品を完成させてみたいという欲求が沸いたのでありました。
お読みになってお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、手塚治虫と萩尾望都、そして松本零士の作品に大変な影響を受けたものとなっております。
私はSFに何を求めるかと言いますと、ある種の悲劇と、価値観の転換と、生物と無生物の関係性の描写でございまして、そこには多少なりともグロテスクなものの存在も欠かせないとも思っております。
どうしても無機的に描きがちになるその世界の中には、必ず有機的なものを潜ませないと、(小説として)血の通った、面白みのあるSFにはならないのではないかという考えが、ささやかながらこの中には盛り込まれております。
また、東方神起を取り上げるに当たって、このふたりをカップルでなく書こうということも最初から考えておりました。
何故かと申せばもうかなり書いたということと、再三繰り返しておりますようにこのふたりはたとえこうして書いた世界の中でもくっつくことはまずないだろうという考えを私は本来持っているからです。
その上で、友人との話の中で以前から出ておりました、ユンジェカップルをここで話の中に出そうということを考え付きました。
これはなかなかいいぞ、と思いまして、ほんとうはBLですらなくそうと思っておったのですが、このふたりのカップルを書くということで、考えていた方向を少し修正いたしまして、結果BLの範疇に入るお話と相成りました。
ジェジュンを出すならば、ということで、五人全員を揃えようと思い、ジュンスとユチョンも出した次第です。
私がそれとなくこれまで書いてきました通り、私はあの中でどうしてもカップルを作らなければならないのならば、チャンミンとユチョン、ユノとジェジュン、という感じでありまして、その実現をようやく見たのでございますね。それでも東方神起は非常にBLを書きにくいメンバーばかりでございますが。
ここでまた、多くの、現在の東方神起のファンの方がドン引きされた気配を感じますね。
話のコンセプトから、友人のお題④の、東方神起以外のSMのグループメンバーを選出いたしました。我らがチャニョルとSHINeeのミノでございます。ちょうどいいルックスとキャラクターを持ったふたりでございました。

あとのお題に関してでございますと、

①→ユノが主役、チャンミンが準主役って感じでしょうか。
②→「Nobody Knows」
これは未完のままの、「食べよ、歌えよ、恋せよ」の中でも用いたのでちょっとためらいがあったのですが、この曲が好きですし、ユノがジェジュンと不倫しているというのがすごくいいなと思ったのですね。それでやはり使いました。
③→不精
私の人間性に関してでございますが、いくつか考えましたのですが、友人のお題のように、~な人、というように書ける単語がいいだろうと思い、そう表せる意味の言葉を思うと、私がかねてから苦しめられてきた生来の性質、「面倒くさがり」というものが浮かんだのでありました。というわけで、この言葉を選んだ次第です。これにはほとほと愛想が尽きるほどに悩まされまして、ですが子供の頃よりはだいぶましになりました。それでもやはりまだ大変それによって困った羽目によく陥ります。
④→EXOのチャニョル、SHINeeのミノ(繰り返しとはなりますが)
⑤→宇宙船の中のトイレにて。
⑥→慈しみ
私はかなりキス魔の傾向がありまして、だいぶ落ち着いてはきましたが、それでも動物にはほんとうに愛情表現として頭の上にぶちゅうとよくするのでございます。
人間ですと、頬にキスをしたりするのはとてもいいなと思います。されたいというよりもしたいのですね。その人を大事に思っているという証のような感じでございます。
⑦→これからでございますね。

こんな感じでございました。
皆様の予想と、合致しておりましたでしょうか?
他の方のあとがきで、どこまで触れられているか分かりませんけれども、以前申し上げたように、このようにすべてについて書かずとも結構でございますので、もし今上げられているあとがきの中でこうなっていなくとも、お気にされないようお願いいたします。
私も他の方のあとがきを見るのがいつも以上に楽しみでございまして、さすが友人であるなと改めて思うのでございますね。きっと読んでくださった方々も同様だろうと想像します。企画というものの、お題があるということの醍醐味でございますね。

しかしこんな素敵なお題をいただいておきながらなんなのですが、そして友人にも言ってあるのですが、私にとりましてこのお題はもちろんお話の基礎となっている部分もあるのですが、それよりも何よりもやはりこの時代のこの世界を描くということに注力しなければならず、ほとんどお題があることは書き始めてすぐに忘れてしまいました。
そもそも、私はこうしたお題を消化することはよくこれまでも自分で行ってきておりまして、それに抵抗がないということもあるのですが、書き方として、例えば長さをこうしたい、や、これを入れる、ということは、ものすごく前もって考えずとも、必然的にそうなっていくのでございます。
そのテーマを自分の中に取り込んだ時点でそれがぐにゃぐにゃと変容していくような感じでして、これは曰く言いがたいのですが、当然非常に労力を使いますが、どうしたってそんなことできない、ということはない、なんであっても、というふうに思うのです。
そんなわけで、当たり前ではありますが、この話そのもので描かなければならないものというのを突き詰めなければならず、そのためにはその背景にできる限りの説得力を持たせなければいけませんで、私ごときではまだなかなかに難しいのですが、必死に取り組んだのでございました。
少しでも、面白い、興味深い、と感じていただけたなら本望でございます。

読んでくださった方々、ほんとうにありがとうございました。
そして関わってくださった方々にも、心からの感謝を申し上げます。

「虹を求めて」みむ子様、「緑黄色野菜」βカロテン様、そして「夢の続き」睡魔夢子様。
ありがとうございました。

どうか皆様にとっても何かしら得るところのある企画であったことを心底祈っております。

そして、お読みになり、何かお感じになられた方は、どうかお言葉をその方にお寄せくださいませ。
私などにもどうかひとつ。←

これが『海に沈む森の夢』企画の第一回目となったわけでありますが、今後もまた違うグループなどで開催していけたらなあなどと夢見ております。先日友人が何か素敵なつぶやきをしておりましたことですし。
その際には是非!ご参加くださいませ。お待ちしております。
よろしくお願いいたします。



大大大大大大感謝
フェリシティ檸檬



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ
あとがき、出揃いました【お知らせ】「『海に沈む森の夢』企画1・東方神起二次小説」あとがき一覧 | 友人・睡魔夢子さんも参戦!!【お知らせ】「『海に沈む森の夢』企画1・東方神起二次小説」参加者様追加です

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター