海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20170725

【お知らせ】「『海に沈む森の夢』企画第一弾・東方神起二次小説」に関して、そして歌い踊る男性ミュージシャンについて
こんにちは。
いろいろと書きたいことがあるのですが。
フェリシティ檸檬です。

いつも考えていることというのがありまして、それはさまざまなことについてなのですが、基本それを同居人の人とも話しますけれども、理解度はよくて3割といったところでございまして、そんなわけで私は友人と話しますと、しかも間を開けて話しますと、彼女はほとんど唯一そうしたことをすべて直接話せる人でありますため、もう止め処もなく話してしまいまして、終わりが見えなくなるということがよくございます。彼女にはいつも迷惑を掛けているなと思うのでございます。

そしてここのところ、カムバックに関連して、いえ関連していないことでもまだここに書いていないことがかなりあり、それは放っておいたということになるのでございますが、昨夜寝る前にヘッドフォンで何曲か立て続けに聴き、やはり書いておこうかと思い、やって参りました。

その前にまず、お知らせでございます。

明日が、「『海に沈む森の夢』企画第一弾東方神起二次小説」の、応募者締切日となっております。
ご注意いただきたいのはこれは一応の募集の締め切りということでございまして、実際の更新日は7月29日となっており、その前にあらかじめご提出いただくとかそういったことはございません。なので、もしもぎりぎりになってやはり出してみたい、ということがございましたら、更新時間の朝9:00までにご連絡をコメントなどでいただけましたら、それはもちろん喜んでお迎えいたしますので、どうぞお気軽にご参加くださいませ。
ただ、わたくしがその前日におそらく上げることになります参加者様の一覧にはお名前をお載せすることが出来ないということにはなりますので、その点だけご了承いただければと思います。しかし後日、また新たに何かしらのまとめの記事を上げましたらば、その際には当然そこに追加してお名前を記載いたしますので、ご安心ください。
そして、既に参加のご意思をこちらにお伝えくださっている方々、どうもありがとうございます。改めて御礼申し上げます。
以前、友人の上げたお題の記事にも触れてありましたが、あとがき、というものについてのお話をしていなかったと思いまして、それについてお伝えさせていただこうと思います。
可能であれば、7月30日(日)の、朝9:00に、あとがきも更新していただけたら幸いでございます。
簡単なものでも結構でございますので、友人が出してくれたお題についてその中で言及していただけましたら、私を含めたお読みになった方々が非常に楽しめることになるかと思います。どの程度そのお題について触れるかはご自由でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。
そんなわけで、下記のような予定となっております。

7/26(水)23:59 企画応募者(一応)締め切り
7/28 (金)(おそらく)日中 企画参加者一覧のお知らせ記事更新
7/29(土)9:00 企画記事、各書き手様のブログにて更新
7/30(日)9:00 企画記事あとがき、同上

以上です。
友人のお題の7番目は、わたくしが書き手様たちの記事を読ませていただいてから取り掛かることとなりますので、まだいつ更新するかは未定でございます。

この企画を立ち上げた際も申し上げましたが、私はとてもこれを楽しんでおります。
お寄せいただく皆様のお話が読みたくてうずうずいたしますし、書くのも大変に有意義でございました。
そんな私自身のものは、やはり前書きましたとおり、これはお楽しみになれる方がとても少ないものであるなあというものになり、その上、友人が彼女のつぶやき内で触れてくれていましたが、長さもかなりありまして、大変に人を選ぶお話と相成りました。
ほんとうに…なんと言いますか…私が思いますに友人と、こちらの読者様数人しか喜んでくださる方はいらっしゃらないんではないかな?という内容でございまして、それも、その方たちもすごく面白く思ってくださるかどうかは未知数でございます。
先程触れた長さも、これは拙ブログでよく短編と記載しそのカテゴリに入れているお話と違い、小説における本来の短編の長さがありまして、つまり通常ここでアップする際は長編枠に入れ、連載するほどのそれになっております。
土曜日の朝、皆様ご予定がおありで、忙しいことと思いますので、きっとこれにすぐお時間をお使いになれる方はいらっしゃらないかもな…というふうに予想しており、またきっとその通りになると思いますが、それは重々承知の上でございますので、どうか皆様お気にされないでくださいませ。
ですがもしよろしければ最後までお読みくださると嬉しいなあと思います。そして感想などいただけると。
この、最後まで読んでいただく、ということもなかなかにハードかもしれないという感じなのでございます。←

そんなこんなではございますが、企画が実現するという日を目前に控え、立ち上げてから何か長かったような気もするのですが、やはりきちんと時間は過ぎていくのだなあと感慨に耽っております。
お時間のない中、大変な思いをされてらっしゃる書き手様もいらっしゃるかも知れず、心苦しくも思うのですが、私は先述したようにとにかく嬉しく、わくわくしております。
どうか皆様もごいっしょにお楽しみいただければと思います。
東方神起ファンの方、もしくは参加者のファンの方、各ブログまで、是非遊びにいらしてくださいませ。よろしくお願いいたします。

さて、昨日NCT127について触れましたのですが、やはり彼らについては考えさせられますね。全然よく知らないのですが。
友人も昨日映像など見たそうで、少し話したのですが、私は彼らは何かこう、もったいないという感じがいたしまして、それが何故なのかというのはまだあまりまとまっていないのですが、とにかくその感覚だけは付きまとうという現状でございます。
しかし昨日申しましたとおり、わたくしミニアルバムの内容にはとても感心いたしまして、ほんとうにWhiplushは、ラップを基調とした曲の中でいちばん好みに近いものでございました。ハーモニーや美しい旋律というものもまとい、しかしラップ自体は全然甘くなく、詩の内容もとてもいいところがありました。
今EXOを聴いてNCTを聴いて、というのを繰り返しておりまして、それぞれのグループの色と申しますか方向性などをものすごく感じましたり、翻って(?)SHINeeのジョンヒョンのことを考えたりなどいたしておりました。
それがまた、「Prism」をヘッドフォンで聴きましたらとんでもないことになっておりましてですね。ほんとうにとんでもなかったのですね。ぶっとびました。
あんなに作りこまれた音源を聴いたのは…と思い、マイケルの「インビンシブル」アルバムから「バタフライズ」と「You Rock My World」を続けて聴いたりして落ち着いたり(?)、いえ、落ち着かず、マイケルの「ユー…」は、ほんとうにかっこうがいいので布団の中脚をばたばたさせて「かっこいい…」と呟いたりした昨夜であったのですが、あれは15年以上前のアルバムでございますがやはりマイケルに適うわけはなく、という事実にやはりいったいあの人はどうなっているんだと唖然とし、技術の進歩ってやつは?などと誰に向かってるんだかという脳内のひとり言を連発しながら、それでもジョンヒョンはすごい、という当たり前の結論に頷いたあとぐうぐう眠ったのでした。
ジョンヒョンという人は、昔からなんだか変だなと思っておりまして、それはどう変かと申しますと、「あまりにいろいろできすぎて変である」ということでありました。
テミンがダンスで注目されがちでありますが、友人と一致してよく申しますのがジョンヒョンの「すべてを分かっているという点(そしてそれの可視化)」でございまして、歌のうまさと言いますか声の扱いから何から、何かおかしなことになっているなこの人、という印象がずっと離れず、それは今も変わりません。
そして彼のアルバムを聴きまして、なるほどなあ、やはりなあ、と思ったのでした。
なにがなるほどかと申しますと、彼ほどの才能がありますと、彼自身も周りもちょっと困ることがあるだろうということが、実際彼だけの音楽を耳にして改めて抱いた感想でありまして、そういうことだよなあ、と妙に納得したのです。ものすごく足の速い暴れ馬的な存在と申しますか(?)
声質もよく、あらゆる意味で巧緻な歌を歌う彼は、どういうふうに振る舞ったらいいのか惑うことになってしまうのがよく分かります。
アイドル…っていやあアイドル…と申しますか、とにかくアジア、もしくはヨーロッパにおいてこうしたタイプのアーティストというのはなかなかやっていくのが難しい気がする、という感じなのですね。アメリカのものでしょうね、本来。あそこはアイドルが先端の音楽を体現する国でありますから。
何度か申し上げているように、私はジョンヒョンがものすごくタイプのミュージシャンであるとは言えないのですが、それでも彼の才能にはひれ伏したくなるようなところがあるのですね。それほどに「Prism」はすばらしく、傑作と言っても過言ではありません。どれだけ、何か気が狂いそうなほどに精巧な伝統工芸品を作るかのように丁寧に慎重に情熱的にその一曲を作り上げたのか想像もできないくらいです。
そしてまた、NCTの話に戻りますと、彼らはEXOよりも我の強いメンバーが多いように思います。それは国の違いや何かからということでなく(それもあるとは思いますが)、性格と育った環境だろうと思います。EXOは皆、面白いほどきっといいご家庭で育ったのだろうな、という印象のとても強いメンバーばかりでございますが、NCTはそうでないですね。特にあのいちばん人気のジェジュンの弟のような顔をしたテヨンですが、あの顔はほんとうに、何か見ていると唇が歪んでしまうような感じでございます。大変な努力家であろうなというのと、素直というわけではないだろうなというのと、その他大量になんやかやと思います。
我が強いということは悪いことではありませんが、私はジョンヒョンにも思いますが、アイドルをやっていくときにはとても大変な性質だろうとよく思います。
音楽をやりたいということとアイドルをやりたいということはイコールでない部分も当然ありまして、その等しくなかったところをどう自分で消化していくのかは彼らにとって大きな課題となるでしょう。
そしてそれとはまた別に、どう売り出していくかということに関し、私は彼らを掴みきれていない感じが事務所側にどうしてもいたしますので、それを早く何とかしてあげてほしいなと思います。
何か新しいスタイルを模索した方がいいのではないかと思うのですよね…。
それこそむしろ、衣装としては中毒の頃のEXOのようなものがいちばん似合う顔立ちとスタイルかもしれません。あ、スーツの方です。
よくそうした格好のグループを見かけますが、ああしたものとも違う…何かその端正さというものを全面に押し出したスタイルをしながら、ごりごりのラップを歌い、美声を響かせるといった方が効果的な気がします。
いわゆるラッパーっぽい格好や、アイドル然とした格好が、ほんとうに似合わないのですね、顔や体に。それらを彼らしてますけれど。

そして先日から「かっこいい」についてや、80~90年代について書くといった話をしているのですが、それについてまた、ぼんやりとした話になるかと思います。ご容赦ください。
友人とベッキョンの髪型についても話し、私は彼のあれは、すごく似合っているとかかっこいいとかそういうことはないけれどもコンセプトに合っているというのと変化があるということはまあ悪くないと思う、ということを言っておりました。
あとあの目周りにつけている金属のような小さな玉のメイクとも相性は悪くないなとも思っております。衣装の感じとのそれも。
どうしても襟足があることもあいまって、彼が常以上にちょっと女性的に見えますが、私はそうしたことが好きであるので、そういう意味でもまあいいんでないかと。
こちらにいらっしゃる方々はさまざまな年代の方でらっしゃると思いますので、彼の体現している時代のファッションというものに対する姿勢と言いますか視線と言いますかもだいぶそれによって違いがあると思うのですが、30歳以上の日本人にとって、80~90年代のカジュアルさや、ボディコン的方向性や、肩パッドなどの大仰さというものは、はっきり言ってダサいと感じてしまう側面があるのは否めません。私はそう感じるぎりぎりの世代ではないかと思いますが、もっとあの真っ只中にいた方は、若い子がそうした格好をしているのを見られたら赤面してしまうこともあるのではないでしょうか。
私などでも、例えばSHINeeが「View」にて完全にその時代を意識したTシャツをデニムにインし、ベルトを巻いて靴下を見せた格好で出てきたとき、「ここまで来たか…」という思いに浸ったものでした。
断言いたしますが、私の子供の頃、あれはもっともダサい格好のお手本のようなものでありました。
しかしそれでも、髪色であるとか、目の色であるとかでアップデートは試みられており、なかなか面白いなとも思いまして、それになんと言ってもやろうとしていることは分かるので、なるほどなあという感想でしたのですが、とうとう完全にその波がEXOをも取り込んだのでありますね。
そこで友人と話しておりましたのが、「韓国にあの時代にそうしたもの、というのがあったのか」ということでございまして、おそらくなかったのだろうという結論に至りました。
つまりああした格好が時代を席巻するまでに至っておらず、あれは実際ありなのだ、ということでございます。
今でも、おそらく日本の方ですと、んん?と思われる髪形や服装を、こうしたものでなくとも韓国の方は女性であれ男性であれされることがありますね。
そうしたことからもよく感じられますが、韓国はそういった、ファッションの分野がまだ覚醒し始めたばかりということなのだろうと思います。東方神起もずっとそうした垢抜け方はしませんでしたし。どうしてこの髪型?どうしてこのアクセサリー?という感じが、変わらずありました。それでも曲とパフォーマンスで、まあいいかと思っておりましたけれども。
別に日本のものがもっともおしゃれであるなどと言っているわけではなく、それはアメリカやあらゆる国に言えますが、しかし、何がアウトであるか、ということについて言いますと、それがまだ確立していないというのが韓国であるのだろうなと思います。
あのヘルメットのような髪型を、サブカル系でなく、完全に格好つけた態でするというのは、やはりそういうことでございますね。皆様こんなこと、申し上げずともよく分かっていると思いますが。
「かっこいい」話でございますが、これは書きますとなかなかまた量を必要としますので、これまた次回にということにさせていただこうかと思います。

あと、カイの主演ドラマ「チョコバンク」を数分見ましたところ(あまりにどうしようもない内容で見るのをやめたのですが)、飲んでいた茶を噴くほどカイが演技ができておらず、思わず友人にメールをした私でございました。
カイは、きっとダンス以外で動けと言われるのがとても困るタイプであろうとは思っておりまして、しかし何かしらの殻を破ったら、あの中でも演技において光るものを持っているかもしれないというメンバーでもありまして、「大器晩成か…」ということを彼女に申しておりました。
カイ、ディオ、スホという、EXOの天然系についてのお話もしてみたいものでございます。まったくそのタイプは違う彼らではありますけれども、共通しているのは演技に期待が持てる、という点でございまして、それが何を意味しているかと申しますと、何か本能的な、素直な点がある、ということでございますかね。頭でも考えてらっしゃいますけれども、それより先に体が動くと言いますか。
これだけ、ぽわぽわ系やお馬鹿さん系でない天然が揃っているのも、EXOならではだなと思います。

本日の四曲←

EXO 「Diamond」


マイケル・ジャクソン「You Rock My World」


ジョンヒョン「She is」


NCT127 「0Mile」


そのパフォーマンス


NCTのものは、歌だけ、特に歌の後半を聴いていると、もっとかっこいい、そしてチャーミングなパフォーマンスになるよね…!?そのはずだよね…!?という気持ちになるのでございます。
しかしこうして並べてみますと、なかなか面白いものでございますね。私の趣味が全開でございます。
ほんとうはBoAや、安室奈美恵や、ジェイムス・ブレイクや、m-floや、山下達郎などについても書きたいなと思っております。毎度のことではありますがたいしたことは書かないのですが、それでも何か少し触れたいなとずっと思ってはいるのです。
でも今は、EXOのカムバック、それにSHINee、NCT、ということで。

マイケルのこの曲はほんとうに死ぬほど好きです。このMVのマイケルのお顔はメンテナンスが済んだばかりという感じで大変に残念ですし、「This Is It」のときより動きはむしろよくないですが、それでもやはり音の取り方、体の見せ方にぞくぞくします。
マイケルが死んだとき、友人とクラブで泣きながら踊っていたことを思い出します。


突然思い出したぐっと来る台詞「踊っているところを見たら、頭で考えているのは分かるんだ。カウントを取ってるんだよ。それじゃ駄目なんだ。音楽は感じるもので、考えるものじゃない」
フェリシティ檸檬

※言わずともお分かりでしょうが、マイケルの言葉です。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | お知らせ
【お知らせ】『海に沈む森の夢』企画記事タイトル表記についてと、好むものとそうでないもの | どきっとさせられる

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター