海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20170623

スマッシュ 2(リアル短編)
「兄さん」
 上向くとそれはイーシンだった。眉を左右で違う傾斜にし、唇を尖らせるようにしてミンソクを覗き込んでいる。
「起きた?」
「あ、俺、寝てたか?」
「うん、そうだと思う」
「わりぃ。もう集合?」
「ううん。まだ。窓から兄さんが見えたから来てみただけ」
「あ……そうか」
 イーシンは軽い身のこなしで隣に座った。ダンサー連中は総じてそういう印象があるが、特にこいつはそうだなとミンソクは思う。地上からちょっと浮いているように動くと見える。
 顎を上げて目を細め、ふわっとまぼろしのようにえくぼをこしらえイーシンは呟いた。
「きもちいーですね」
 横目でそれを見ながらミンソクは答えた。
「うん」
「どっか行きたくなるなあ」
「そうだな」
 足の脛を膝に引っ掛けるようにしてイーシンはミンソクに顔を向ける。
「兄さんどこ行きたい?」
「さっきサッカーしに行きてーと思ったよ」
 言いながら思わず笑った。子供のようだなと自分で思った。
「そっか」
 目を細め、よりくっきり頬にくぼみを覗かせイーシンは言う。
「サッカーかあ。俺卓球したいなあー」
「卓球?」
「うん。卓球したいって言うか温泉に行きたいです」
「温泉?」
「こないだチャニョルから聞いたんですよー。日本行ったとき温泉宿泊まって卓球して天ぷらとかおいしいものたくさん食べてサイコーだったって」
「あー。なんか言ってたなあ」
「いーなあと思って。卓球なら俺だってできるし」
「お前バスケ好きだと思ってたよ」
「そりゃバスケの方が好きだけど、たまにはそういうのもいーでしょ。温泉入ってお酒飲んで卓球したいでしょー」



つづく


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 短編〈リアル〉
そう感じるか否かはその方次第 | ふたりの会話3(東方神起・リアルショートショート)

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター