海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20170629

明星によせて 43(東方神起・パラレル長編)
それからシフトがいっしょになると、彼女からの無言のメッセージが伝わってくるようになった。まだ?まだですか?
そちらを見ないようにしながらユンホは弱った。これは早く聞いてしまわなければならない。だがこんなことで電話をしたいとはとても思えなかった。
だが服を返すという口実は変わらずある。その用件と共に切り出せばいい。
それでも彼女を紹介しなければならないということに尻込みした。理由は分からないが、言うところを想像すると喉が詰まったようになり、声が出せない気さえした。
チャンミンと二度目に過ごした日から十日あまり経った頃、その当人が現れた。
前よりも間が空かなかったことで、早いなとユンホは思った。だがペースとしては、そんなに狂ったわけではなかった。
嬉しさと、そして気詰まりを感じた。ちょうど後輩もその日仕事に出ていたのだ。
出迎えながら、頼まないわけにはいかないと、背中に視線を痛いほど浴びてユンホは思った。
「どうも」
 ずっとチャンミンの態度や声音に親密さが増したことをユンホは実感した。そのことで体がおかしなふうになった。ふわふわと浮くような、じりじりと疼くような、持て余す心地に侵食され、今は仕事中だと自身を叱った。
「これ、皆さんで」
 袋を渡される。また、大きい。通常通りだ。
「ありがとう」
「いーえ」
 連れ立って歩き出すと、視界の端を後輩がよぎった。訴えるような熱い目でユンホを見ていると、一瞬で分かる。
部屋に案内すると、シムは開口一番言った。
「もう忘れ物するなよ」
 ごめんごめん、とチャンミンは答える。
「チョンさんにえらい迷惑を掛けているよ」
「うん、ほんとうに」
「お礼言ったのか?」
「当たり前だよ」
「困ったやつだな」
 そんなやり取りの合間に、僕は全然、とか、気にしないでください、とかユンホは挟んだが、シムは手を振ってそれをかわした。
「気を付けなさい」
「はい」
 眉を少しひしゃげ、そして笑みも口に添え、ユンホはしずしずと後ずさった。
部屋を出ると、そこには後輩が立っていて、ユンホは驚きで体が跳ねた。
「先輩」
 お願いします、と口には出さなかったがすべてが伝わった。
億劫な気持ちは今となってはすさまじいものがあった。断ればよかったと後悔した。
いらいらしながらチャンミンの帰る時刻を耳の後ろを掻きつつ待った。こんな気分で彼に接するなんてと、ユンホは苛立ちと共に悲しみすら湧いた。



つづく



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 明星によせて(チャンミン × ユノ)
夏の虫 2(SHINee・リアル短編) | 皆、音楽と結婚しなくちゃ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター