海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20170619

明星によせて 33(東方神起・パラレル長編)
施設を突っ切って外に出ると、蛇行する茶色く柔らかな道の半ばに、チャンミンの姿はあった。
「チャンミン!!」
 思うよりも先に名が口から飛び出し、ユンホは耳にした自分の声に驚いた。そして立ち止まった。
 体の進行をぴたりと止め、呼びかけられた青年はユンホの方に首を向けた。
 その表情は何を語っているのだろう。
何もこうだと確信の持てぬまま、ユンホは足を前に出した。
ふわっと、チャンミンは笑った。
「…また、なんか忘れましたか」
 近付くユンホは、そうしながら手を前に掲げた。
「うん。…名刺入れ」
 ふたりの腕は長い。それぞれのその長さ分、間を空けて、互いは立った。
「ああ。…ほんとだ。…そうだ会計で財布と一緒に出しちゃって、帰るとき袋に突っ込んだままだったんだ。ありがとうございます。…ほんとにすみません」
 手から手へとケースは渡る。
「…シムさんのおかげだよ」
「はい。…おじいちゃんは目ざといとこあって」
 助かります、と手元に視線を置いてチャンミンは言う。
「…久しぶり、だな」
 実際は、今までを考えればそんなことはない。だがユンホは真実そう感じていた。だからそう、その通り告げた。
「お元気でしたか?」
 顔をユンホに見せると、唇にほのかに微笑みを乗せてチャンミンは尋ねた。
「うん。…チャンミンは」
「普通です」
「そっか」
 ユンホは両手を腰に当てて地面を見ていた。体を前後に微妙に揺らしながら。
「…チャンミン」
「はい」
「…今日、暇?」
「はい?」
 落とした首に手を持っていき、そこに置いたまま続けた。
「明日、休みだよな?」
「はい」
「…こないだ、迷惑かけちゃったし、家でも世話になっちゃったから、…なんか、奢りたいんだけど」
 触れる肌が熱いとユンホは思った。耳の下の血管が血を送るテンポを、絶えず掌は知る。喉が干からびたようになる。
「もし、よかったら…だけど」
 無理矢理に唾を飲んだ。
ようやく日が落ち始める気配を覗かせていた。背後の施設から笑う声と、誰かを楽しげに呼ぶ声がする。
「これ」
 瞬きを繰り返しつつユンホは目線を徐々に上げた。そこには手の中を見つめる、まつげの濃さを教えるチャンミンがいた。
「ないと困ったんで」
 く、と指の力を込めたように、ユンホの目にそのさまは映った。
「そういうわけで、また割り勘で行きましょう」
 目と目が双方を捉えた。
 鴉の鳴く声がした。



つづく



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 明星によせて(チャンミン × ユノ)
最高のプレゼント(まるで夢のよう!) | 明星によせて 32(東方神起・パラレル長編)

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター