海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20170608

明星によせて 22(東方神起・パラレル長編)
いっとき動きを止め、そんなことを考えたが、すぐに食事を開始した。出されたものはどれも美味しく、それは確かに特別な味や何かではなかったが、ユンホは大変な満足を得た。
「水、飲みたかったら好きなだけどうぞ」
 言われるままにごくごくと干した。蘇るような心地がした。
チャンミンの予想通りふたり共がご飯をお代わりし、それも含めてすっかり平らげると、折りたたむように頭を下げてユンホはありがとうございました、おいしかったです、と告げた。
「そんなふうにしなくていいですよ。チョンさん、だいたい年上じゃないですか?多分」
 上げた顔を彼と突き合わせたユンホは、その言葉に、はあ、と呟く。
「祖父に僕の歳のこととか聞いてません?まあ、多分聞いてないのかなと思いますけど」
「聞いてないです」
「僕二十九ですよ。チョンさんは?」
「…三十一です」
「ほら。僕、もしほんとうにチョンさんが年上なら、敬語使ってもらうの悪いなってずっと思ってたんです。これから敬語じゃなくていいですから」
「…そうですか」
「はい。その方が楽でしょ?呼び方も、シム以外でいいですよ、好きなようにで」
 祖父と被るし、とチャンミンは付け足すと、
「あ、僕の名前知ってます?」
目をくりっとさせて素早く尋ねた。
「…チャンミンさん」
「そうです。姓でも名前でもいいですけど、しっくりくる方で」
 そう言うと大きな建設器具のようにかきかきとチャンミンは脚を伸ばして立ち上がった。
盆に食器を乗せ、片付けるところをぼんやり見つめていたユンホは、はっとして声を出した。
「手伝います」
「いいですよ、狭いんで、僕たちふたりで動くと逆に面倒ですよ」
 それに敬語いいですよ、ほんとになんだか申し訳ないんで、と背中越しにチャンミンは告げた。
急に言われても、とチャンミンの上に伸びた体を見上げながらユンホは思った。彼は年下で、砕けた言葉使いをしても、チャンミン、と呼んでもよい。なんだか途方もないことのような気がした。いつもはすぐ、了解を取らずともユンホはすぐそうなってしまうというのに。むしろたまに先輩に対し敬語が抜けて、叱られたりもしているのに。
シンクから食器を洗う音が届く。チャンミンの立てるその音は決してうるさくない。先程からそれと共に、絶えず部屋をかすかに流れているのはラジオだった。チャンミンはテレビも見るがラジオも聴くと言った。今日は来客があるわけだから、聴覚だけの方がいいと思ってとユンホに説明を食べながらした。ラジオはあまり聴いたことがなかった。ボリウムはかなり絞られて、何を言っているかはそこまで明瞭でなかったが、休日の朝にはすごく合っているとユンホは感じた。軽い笑い声や、時折挟まれる懐メロが、まるで古い喫茶店にいるような気分にさせた。チャンミンといると新鮮さと懐かしさが交互にユンホを訪れ、子供に還ったかのようだ。



つづく



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 明星によせて(チャンミン × ユノ)
FUNK!!!!! | 追われる身

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター