海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20170524

ケミストリーこそ醍醐味
こんにちは。
曇っておりますね。
フェリシティ檸檬です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は相当風邪から回復してまいりまして、よかったなあと安堵しているところです。

先程連載と、企画のふたつを上げました。
見ましたら既に「明星」に拍手などいただいておりまして、ほんとうにありがたいなと思った次第です。
もしよろしければ番外編もお読みいただけたら幸いです。

人気投票御礼企画が始まってから、と言いますか人気投票についての記事を上げましてから、読者様のD様が遠い地からこちらにコメントをくださっておりまして、まことに感謝に堪えません。
どうしよう、と言った矢先にすぐこの企画を立ち上げ、私はいつもそんな感じなのですが、そんな私の元にD様は颯爽とあわられて毎度それぞれのお話にお言葉を掛けてくださり、それがまた秀逸で、ほんとうに励みになっております。
だからと言って忙しい中無理をされなくても大丈夫でございますので!
ただお礼をお伝えしたかったのです。
拍手やポチをいただいておりますが、実際どんな感想を持たれたのかなあ、ということは常に気になる事柄でございまして、こちらにコメントをお寄せくださる方はすべて終わってから、丁寧にお言葉をしたためてくださる方が多く、それがまことに楽しみであるのですが、最中の苦しみにD様のような方がいてくださることのありがたみというものもまたひしひしと感じている毎日なのでございます。
ひとことコメントのようなもので十分でございますので、お気が向いた方は是非ご感想などお聞かせくださると大変嬉しいです。
お返事はこんな感じでお返ししたあと、順を追ってまた個別にお返しいたしますので。
不義理を重ねる私ではございますが、もしよろしければ、お願いいたします。

本日の番外編は「来訪者は真夜中に」でございました。
これはおそらくルハンのファンの方や、ルハン×シウミンカップルのファンの方で、時折とても好んでくださっている方がいるようで、以前お伝えしましたとおり、コメントを添えて投票してくださる方が多いのが特徴でございました。
きっといろいろと、複雑な気持ちがおありなのだろうなあと、そのたびに思いました。
私はルハンがいた頃の活動期をリアルタイムでほぼ見ておらず、遡って彼の姿を見まして、ルウミンカップルというのが大変に人気があるということもそのとき知りました。
今も彼らのカップルでお話を書いている方がいらっしゃいます。
(ちなみに同じカテゴリの方のそのカップルのお話、途中まで読んでおりまして、完結してから読もう!と思い、まだじりじりと待っております)
私はシウミンが好きでして、ルハンのことも、いいな、と思っております。
そしてこのふたりがいっしょにいるところは、たしかに乙女の心をくすぐる何かがある気がいたします。
なんと言うんでしょう、夢の実現…妄想の具現化…のような。
ほんとうに、腐女子的面を少しでもお持ちの方ならば、彼らの姿を見ているだけで普通に一日が過ぎるのではないでしょうか。

私自身は、ルハンはシウミンをものすごく好きなのだなあ、といつも思います。
それは、ひどく共感できます。
シウミンがルハンをどう思っているのかというのは、非常にいろいろな考えが浮かぶところであります。
それは脱退に関連したことだけでなく、ルハンという人の性格から、思います。
シウミンはいっしょにいやすいタイプというのがかなり限られている方ではないかなと私は勝手に考えています。
EXOメンバーは、そういう意味ではむしろまだ過ごしやすい面子が揃った方なのではないかと思いますが、それでも、その中でも仲よくできる順番みたいなものが他の子よりも強くある気がいたします。
その私が思うランキングなどはここでは割愛いたしますが、ルハンは12人いたときの全員の中でも、あまり上には来ないメンバーである気がします。
ルウミンファンの方がこれを聞いてお怒りになったり、がっかりされたりしないといいなと思うのですが、私は彼らの相性自体はそれほどいいとは思わないのです。
これは東方神起のチャンミンとユノに似た感じです。
まだルウミンの方が彼らよりもケミストリーがあるとは思いますが。
ですがそこに私は萌えがありまして、きっと特にシウミンは、ルハンが自分をものすごく好きだということに嬉しさと戸惑いを混ぜた気持ちでいるのではないかということ、そしてシウミンは基本的に優しい人なので、好意をないがしろにできないということ、そしてルハンは相当な自信家で、かなり大雑把なところがある男っぽい人で、ぐいぐいきっと行くことがあるだろうということ、その想像の結果として、何か起きても…みたいなことを考えると、なかなかにいいなと思うのです。
これは東方神起のことをお話しした際も述べたのですが、本来好みでない相手にさまざまなことで結果惹かれてしまう、という、恋というもののひとつのかたちを表現できることになるわけです。
この、抗いがたい何かに翻弄される感じというのは、私にとってはとても魅力的なものでして、この人かっこいい、きれい、可愛い、好き!みたいなことよりも、ずっと面白みを感じます。
世界の不思議に触れる気がして、興味深いのです。

そもそも、全員をゲイの設定に基本しておりませんので、男性が男性に性的に惹かれる話を書く場合、大なり小なりそういうところはあるわけです。
それがもっと、特化した話になるな、と思うのが、このカップルだったのでした。

この番外編、好んでくださる方と、そうでない方に別れるのではないかな、とわたくし想像しております。
本編や、連載が終わってすぐ書いた番外編、それこそほんとうにパラレルのような、パラレルの短編をお読みくださった方々は、このふたりの行く末をどのようにお考えになっていたでしょうか。
ルハンの気持ちに対するシウミンの気持ちを、かなりルハンよりで考えてくださっている方が多いのではないかな、と思っておりました。
そういった意味では、ちょっと驚かれたりするかもしれないと思います。
しかし私は本来、かなりこういったシウミンを想定して描いておりまして、むしろもっと、拒絶するシウミンであるくらいなものであったのですが、いろいろ考えまして、このバランスに落ち着きました。
不思議なことに、番外編を書いている中でいちばん、ああ、お話を書いている、今私はお話を書いているぞよ、という強い気持ちが沸きました。
もちろんいつもそう思ってはおりますし(当然でございます、すみません)、このところ菌にやられた体でおりましたのでそういった理由もあったかもしれないのですが、考えてみますと、これは連載中、かなりミステリを意識して書いておりまして、書簡でのみ明かされていくふたりの関係、というものにトライした、個人的な意欲作でございまして、その先を描くとなると、ひとつのある種の答えあわせと言いますか、謎解きをしている感覚がありまして、それが私に、あの世界を違うかたちで提示するんだ、という感慨に浸らせたのではないかと思います。
書きあがったものは、気に入っております。
皆様もそうだといいなと、思うのですが。
(特にシウミンが逃げたところが好きです)

昨日あげたつれづれの中で、私が地方出身であったり金銭の豊かな家の出でなかったりすることはその本人の責任でないので恥ずかしく思うことはない、ということを述べたのですが、これは少し言葉足らずであったかなと思いました。
そもそも、それぞれ自体が恥ではないということを書くべきでございました。
もともと書く前にそのことも考えていたのですが、話ふたつを書きますと、かなり脳がやられまして、忘れていたり抜け落ちたり至らなかったりすることが多々あるのです。申し訳ありません。
こんなことは常識であり、改めて書かずともなのですが、しかしまるでそんな苦境ではあるけれども気にするな、と言っているようでありますので、そんなふうには思っていないということをお伝えしたかったのです。
確かに、特に後者は、大変な思いをされることが多く、ご本人としてはあらゆる意味で苦しいと感じられることかもしれません。
しかし恥ではありません。
私自身、地方の出で、稼ぎの多い暮らしをしているわけではありませんが、それが恥だなどとは思いません。
レオナルド・ダ・ヴィンチはヴィンチ村のレオナルドさんという意味ですが、ヴィンチ村はほんとうに小さな、何もない村です。
しかし彼ほどの天才はおりません。私などが言うことではないですが。
彼は複雑な生まれと育ちをした私生児で、豊かであるとは言えない幼少期を過ごしたようでございますが、繰り返しますが、彼ほどの天才はおりません。
不世出の天才を持ち出して、生まれ、出身、財産ということを馬鹿にできる事柄として持ち出す輩に対抗してみましたが、なんだかこうして書いていると自分でも馬鹿馬鹿しくなってまいります。
もちろん彼のような天才でなくとも、と言いますか何かしらの能力で人より秀でていなかったとしても、同じことが言えます。
重要なのは心のあり方と振る舞いであり、そういう底の浅い、みっともないとしか言いようのない、軽蔑すべき糾弾に傷付くことすらしないでほしいと、私はほんとうに思います。

そういえば、スホの誕生日だったのですね。
おめでとうございます、ジュンミョンさん。
この企画が終わった暁に、何か書けるといいなと思うのですが。
先日書きました、攻めのジュンミョンというものを書きたいなと少しばかり思ったりもいたします。

この歌がとても好きです。



イントロが始まりますと、否応なく体が反応をいたします。

寄り添う女。
170524

彼女の小さなおうちが映り込んでおりますね。
あまりに夜中や朝方、騒ぎ出し、起きろ起きろとあらゆる物を壊しますので、苦肉の策で、ケージを以前購入しました。
食卓がこの中に完備されております。ぽりぽり食べ、ぺちゃぺちゃ飲む音で朝目が覚めたりもいたします。
※Y様、大当たりです~^^


今の時間帯がいちばん暑いですね
フェリシティ檸檬



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (1) | つれづれ
運命の予感(「人さらいの条件」番外編・人気投票御礼企画7) | まじないの使い手(「来訪者は真夜中に」番外編・人気投票御礼企画6)

comment

管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/05/25 Thu 13:33:03

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター