海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20170521

明星によせて 5(東方神起・パラレル長編)
呼び出しのコール音が響いた。
「あ、シムさんとこだよ」
「あれ」
「行ってきなよチョンさん」
 言われるがままに部屋に向かうと、そこにはもう若い方のシムの姿はなかった。
年長のシムが立ったままスタッフを待っていた。目だけですべてを語れそうに、豊かにうろうろと瞳は動き、ユンホはそれを見つめながら彼に近付いた。
「あ、ありがとう」
「どうしました?」
「こいつ忘れたんだよ、あいつ」
 そう言って、節くれだった長い指で掴んだ銀縁の眼鏡を、ユンホに渡した。
「多分まだそこらにいるから、できたら渡してきてほしいんだ」
「あ、分かりました」
「手間かけてすまないんだが、頼みます」
 返事と共にこくりと頷き、ならばと、早速軽く走ってユンホは部屋を後にした。
 入り口に向かい、受付にいた事務の同僚に、シムさんは?と尋ねる。
「さっき帰られましたよ」
「ありがと」
 そう言うとさっさとまた走り出した。
施設の周りはあらゆる緑に囲まれている。
一般道までも距離があり、曲がりくねった柔らかな道を通り抜けないと、門からは出られない。日は落ち、すっくと立った棒の先で丸い灯りが光っていた。
植物のにおいがユンホの鼻に入り込む。自動車が時折走り抜ける音だけがあたりに響く。
車道横の歩道を歩いているシムの細長い後姿を見つけた瞬間、大声を上げた。



つづく


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 明星によせて(チャンミン × ユノ)
愚かしさと恐ろしさ | 忘れてました

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター