海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20170517

明星によせて 1(東方神起・パラレル長編)
灰が落ちた。
青い絵の具をひと垂らし落とした水のような空の中を、燕が切るようによぎる。
筒状の灰皿に消えた煙草の先から、その気配にユンホは視線を上げた。
晴天が、彼は大変に好きだった。雲はほとんどなく、その薄い青を仰ぎながら唇に淡い笑みを知らず乗せる。
クリーム色の制服から伸びた、既に日焼けしたような肌の色の濃い腕の、手との付け根にあるごついスポーツウォッチをユンホは肘を曲げて目に映した。
休憩はおわり。
短くなった煙草を、名残惜しげに強く吸い込む。火がじじ、と朱に光り、肺の中にまんべんなく煙が渡る。もういちど何かしら横切らないかと、ユンホはまた、口のすきまからエクトプラズムのようにあやしげな色の付いた煙をたなびかせながら、頭上を見た。

軽快なメロディが室内を流れていた。
「はーい、今日はシュークリームでーす」
 ユンホのすぐ上の先輩に当たる女性スタッフが、笑顔で大きな声を響かせる。
 盆に載せられたふんわりした洋菓子が、ユンホを含めた数人のスタッフによって、席に着いた年を重ねた入居者たちに配られていった。
節の張った、懐かしいカットとデザインの、タルトに乗った果実のような色の石の乗った指輪をいくつかはめた両の指を合わせ、体のすべてが白に近くなった女性が、顔に皺を寄せてふっくら微笑む。
「なんでか分からないけれど」ユンホはいつも、その手の美しさと、発声の豊かさにはっとする。「この、安っぽい味がたまらなく好きなの」
 目を合わせると、いたずらをたくらむような含みを持った、色のあせた瞳は、しかし非常に光っていた。唇にはやはり、これ以上ないほどの甘い笑み。
かがめていた腰を上げながら、春はもう過ぎ、夏が来るなとユンホは思った。



つづく



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 明星によせて(チャンミン × ユノ)
sparkling radiance(「慈雨、降りそそぐ」番外編・人気投票御礼企画1) | 投票結果発表!

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター