海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20170310

spring has come
こんばんは。
今いちばん週の中で楽しい時間をお過ごしの方が多いのではないでしょうか。
フェリシティ檸檬です。

先程、wowowのCMを見ておりましたら、突然カイが向田邦子のドラマに出るって書いてある映像が出まして(ただの文字だけだったわけですが)大変びっくりいたしました。
本日夜ふかし様からのメッセージで、そういったことを書かれていたのを目にしていたのですが、なんだかぼんやり、韓国で撮ったものを放映する(今放映しているベッキョンの出ているあのドラマのように)のかと思い込んでおりました。
向田邦子って。
韓国の青年が出てくるような話が彼女の書いたものにあったのだろうか?と、ひどく不思議な気持ちになりました。
まあ、異国から来た青年、というものなのかもしれませんが。
私は向田邦子作品のドラマは、世代が違うことと再放送をあまりしていなかったことで、見ているものがかなり少ないのですが、「あ・うん」の、田中裕子の出ている(おそらくドラマ)もの、「阿修羅のごとく」の森田芳光監督のもの、などは観賞しております。
「あ・うん」は役者や演出がよく、ほんとうにすばらしかった記憶がありますね。
あの、「愛し合っているのに物理的、肉体的に結ばれていはいない、だけど満ち足りている」という人間たちの深淵を垣間見ることができ、いろいろな関係性が世の中にはあるものだとしみじみ感じ入ったものでした。
あと、向田邦子というとエッセイでございますね。
2冊ほど読んだかと思います。
写真をちらりと見ただけで、その聡明さと魅力が遺憾なく伝わってくる女性でありますが、簡単に憧れの対象と、ほんとうはするべきではない覚悟の深さも同時に持っている方であります。女性誌などしょっちゅう軽々しく彼女をロールモデルとして取り上げておりますが。
まだ、まったく、「春が来た」の内容を確認していないのですが(もしかしたら知っている物語かもしれませんが、忘れているだけで)、カイが彼女の話に出る―――考えれば考えるほど、なかなかに挑戦的でございますね。
ディオが出たらなと、思わないでもありません。
ただ、私は個人的に、演技がうまそうランキングをつけておりまして、

1.ディオ
2.スホ
3.カイ
4.チャニョル
5.シウミン
6.ベッキョン
7.レイ
8.チェン
9.セフン

という感じです。
4~6は流動的です。

これは、きちんと演技しているのを見たというよりも、MVや、いろいろな瞬間を見たときの、私の印象で出来上がっている順位付けです。
まあ、ダントツでディオがうまいわけですが、これはEXOの中どうこうというより、もともとそういう人間として生まれてきているような青年なので、何をかいわんやでございます。
スホは意外とできる気がしますね。
ドラマや映画、まったく見てはいないのですが。
そして、カイ。
もとは、うーん、ちょっと、と思っておったのですが、LOTTOのときに、あ、この子は化けるかもしれない、と少しその考えを変えたのです。
その本能的なところを無理なく、ダンスのように発揮できる、慣れや姿勢を身に付けられると、きっとよくなると思います。変な癖をつけないで欲しい。
そんなわけで、カイが日本のドラマに主演する、ということに、結構わくわくした気持ちを抱けている今です。
wowowのドラマや映画は、大変力が入っているのですが、その割に出来が私としてはいまいちなものが多く、それが常々不満であまり目にしてはいないのですが、これは見てみないといけませんですね。
そう、先に言及したベッキョンのドラマ、「麗」ですか?は、なんとなくもともと知ってはおりまして、そして録画しているのですが、まったく見る気が起きなく参ったものでございます。
始まった際、つけていたのですが、つけながら萩尾望都の小説「音楽の在りて」を読んでいまして、その落差に電気が発生しそうなくらい、ドラマはクオリティの低いものでありました。
まあ、そうだろうとは思っていたのですが。
そんなわけで、萩尾氏の小説に身を入れるべく、テレビは消しまして、そのまま録画だけし続け、何も見ていないままになっております。
そう、小説が、ほんとうにすばらしくてですね…わたくしこれを買い求めたのは数年前で、そのときページを繰っただけでも、頭がくらりとするほどよく、あまりにいいので放っておいたのです。←
それを久しぶりに開き…。
ちょっとご紹介させてください。

萩尾望都 「音楽の在りて」、「ヘルマロッド殺し」より


 経過はこうだ。金曜の夜、ヘルマロッド・ヴァンサはイルミネーション・デザインを定時に退社、その婚約者と一緒に地下街で食事、0時半にひとりで家へ帰った。

 ヘルマロッド・ヴァンサは、確かに相手の顔を見たに違いない。ドアのスコープは訪問者を記録している。彼女は相手を確かめて招き入れている。イザン・ツップは旧式の原子銃を取り出してヘルマロッドを撃った。出力(パワー)は最大、部屋に十六人いてもその全員を殺せる。彼は四発撃っている。


これが出だしです。
すばらしいですね、ほんとうに。ため息が出ます。
SFはあまり好きとかいったことはないのですが、手塚治虫のものと、萩尾望都のものは大変感銘を受けます。
ギミックが目立ちがちになる分野ですが、彼らのそれは、テーマ自体が遠大で深いものが基本であるので、そこにとても惹かれるのです。
短編集でして、まだ全部を読みきってはいないのですが、私の中で非常に重要な一冊となる気がびんびんにしております。

一方ベッキョンのドラマは知らなかったのですがファンタジーの一面がありまして、その出だしは「テルマエ・ロマエ」のパクリと言われても仕方のないようなもので、そこから既に私は萎えたのでした。
また、私は韓国ドラマにありがちの、あの登場人物の独白が大変苦手で、カメラも、ほとんど真正面から人物をどアップで捉えますし、もう何か、彼らがこちらに語りかけていると言うほかないつくりなのですね。それを狙っているのでしょうが。
もう、言い出すとすごい量の愚痴となってしまいますので、割愛いたしますが、こういった、ラブコメと言いますか―――イケメンパラダイスのフォロアーとでも言いましょうか、こういうものは、確かに、ある種の魅力はあるでしょうが、作り手側はどんな気持ちでいるのだろうか、ということしか見ていると考えられなくなるところがあって、なんとも言えないもやもやした気持ちになります。
アイドル映画やアイドルドラマというものも、いいものはいいのです。
ですがこういうものはそういったふうな論議の場に出すのもはばかられるような水準のものでして、目にすると物悲しさが胸を襲います。
ベッキョンはつやつやした顔をして、そつなく演じておりましたね。
彼はものすごく演技がうまいとは言えないタイプだと思いますので、こういうドラマくらいがちょうどいいかもと思います。
何か、いい監督や、いい映画なんかにうまく巡りあえたら違うかも、という気もしますが。
暗い役がよさそうですね。

いろいろなことを述べてまいりましたが、わたくしの独断と偏見でございますので、どうかお気になさらぬよう。
今までなんとなくぼやかして書いてきたことが多かったのですが、これくらいのこと、はっきり書かないでどうするんだという気持ちがここ最近募り、あけすけに語ってみたしだいです。


動物たちは、ご飯を食べると、ご飯を食べたことを教えに来てくれるのですが、そのときの感じがほんとうに好きです
フェリシティ檸檬



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ
春の色 | 1日遅れ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター