海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160916

ことの共犯 20
トイレからジョンデは出ながらも、まだジュンミョンのことを考えていた。
ジュンミョンのことと、彼にした行為のことを。
これは別物であると言ってよかった。
一方でジュンミョンの解放を望み、一方でみずからの解放を望んでいた。
そのふたつは密接に絡んでおり、未分化の双子のように、どこからどう分かれているのかということを明確に言えなかった。
だがジョンデは、それでいいと思っていた。
行為の夜の次の朝、ジュンミョンの顔色が回復しているのをジョンデは認め、ああ、眠れたんだ、と思い、口元に笑みが広がるのを抑えられなかった。
あれは一種の賭けだった。
だが、きっと勝てる、とジョンデは踏んだ。
そして、勝ったのだった。
なぜそう強く確信が持てたのかは、まだ上手く把握できてはいなかった。
ずっとともに暮らし、働きながら、ジュンミョンと接するうちに、ジョンデの中で溜まっていった、彼に対する印象というのが働きかけたことは間違いなかった。
性的な事柄に関しての反応や、その性格からの推測。
おそらく他のメンバーも、似たような思いを大なり小なり彼に対し抱いているだろうと想像できた。
ジョンデ自身は、セックスがとても好きだった。
そういうことに対するおかしなはにかみや照れなどが、さほどない方だと言えた。
こういう仕事に従事する前は、子供と言える頃から恋愛を普通にしてきた。
高校生のときに童貞を失ってから、性行為は日常の一部となった。
付き合っている彼女にそういう意味で迫ることを、ジョンデはほとんど恥ずかしいと思わなかった。
隙があればキスをしたし、したいなと思ったときに、相手が受け入れれば必ずセックスをした。
ジョンデはそういう男だった。
女っ気がまるっきりなくなってからのち、それはかなりジョンデにとってきつい日々とも言えたが、それ以上に仕事のハードさの方が彼はこたえていたため、あまりそのことに真っ正面から向き合ってこずに済んでいた。
彼に対し、男には抱いたことのなかった感情を持つまでは。
実際、ジョンデはその自分の変化に、かなり動揺した。
どうにもなるものではない、と思えた。
しかも同居している、仕事仲間なのだ。
万が一うまくいったとしても、別れが訪れたら、と想像するだけで気落ちした。
だが生来の、人間関係への希望を持った姿勢から、どこかでもしかして、いつかは、と期待している自分がいることを、ジョンデは気付いてもいた。
そんな中、知ってしまったのだった。
ああ。
こんなことなら。
ジョンデは幾度も幾度もそう、思った。
もちろん、自分とうまくいくとは限らないとは理解していた。
けれどなにも、なんにも表さないうちに。
想いだけが、残ってしまった。
今だ、ジョンデの中には彼への恋慕がじくじくとうずいていた。
簡単に好きになったわけではなかった。
だから簡単に、好きでなくなることができるはずもなかった。
きっとそれは、ジュンミョンも同じだろう、とジョンデには分かっていた。
俺たちは失恋という、人々が皆落ちる、深く暗い海に、小さないかだに寄り添いながら漂っている。
ジョンデは思う。
しばらくはこの漂流を、続けなければいけないだろう。
いつまでかは、分からないが。
練習室のドアを開けると、反射的にその場の何人かがジョンデを向いた。
その中にジュンミョンもいた。
彼は少し寂しそうな顔をして、ふい、とすぐに視線を戻した。
そんなようすを目に映し、ジョンデは扉を音の立たぬよう閉め、自分の鞄のところまで歩いていきながら考えた。
今夜、また。
渦巻く責任と欲望に、焼け付きそうになる喉から胸を、こくこくとスポーツドリンクで、潤した。



つづく



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (2) | ことの共犯(チェン × スホ)
お祭り前夜 | さっぱり!

comment

管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/16 Fri 10:44:35
Re: 第一部完‼ : ミス・レモン @-
鍵コメSS様


こんにちは!!

コメントありがとうございます!!


第一部完、とお感じになってくださいましたか(*^^*)

確かにそういう感じする!と私も思いました。
ちょうど20話でキリがいいですし。

もったいないようなお褒めのお言葉、恐縮してしまいます!
面白い、と感じていただけているのが私の何よりの喜びです。

映像作品化も舞台化も、どんどん行ってくださると嬉しいです^ ^

私の中では、漫画になっているようなところもあります。

ですがそう言いながらも、非常に文章というものと相性のいい話になっているなあという気もしています。
見た目では分からない心情吐露を、ジョンデが繰り返していたりなど、そういう部分がかなりこの話の重要なファクターとなっているからかと思います。
しかし私も画で見たい!(笑)

最近スホがきれいな印象を受ける容姿になっていて、それを見ると、おお、と思ったりします^ ^
首から鎖骨、胸元が、紐状のアクセサリーを巻いていて更に妖艶な感じになっておりました。

まだ、しばらく続いてまいりますので、お付き合いいただければ幸いです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

SS様がこのお話を楽しみにしてらっしゃると思うと、大変励みになります。

よろしくお願いいたします!


フェリシティ檸檬

2016/09/16 Fri 15:41:52 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター