海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160903

来訪者は真夜中に 番外編「前夜」
頬杖をやめて液晶画面近くにあった顔を離すと、ミンソクは鼻から大きく息を抜いた。
そして伸びをしながら、目を掛け時計に向けた。
2:50。
少し眠り、目が覚めたら、早朝から空港に向かわなければならなかった。
もう、寝ないとな、と、ミンソクは目をこすり、あくびを噛み殺した。
薄暗い部屋の中、起きているのはミンソクひとりだった。
背後のベッドの上に、ほとんど詰め終わったスーツケースを広げたままにしてあった。
ドアの向こうの遠くから、足音が近づいて来るのがミンソクの耳を捉えた。
この時間帯に起きているメンバーは、と考えた瞬間、コンコン、と小さく控えめなノックの音が聞こえてきた。
はい、と極力声を抑えて答えると、中を覗き込むようにして、イーシンが顔を出した。
力の抜けた、幸福そうな笑みを顔に浮かべ、えくぼをこしらえ、口を開いた。
「兄さん、ケーキ、ありがと」
一拍間を置き、ミンソクはああ、と答えた。
「今、食べたのか?」
多少驚きと心配を込めて、ミンソクは問うた。
どこか後ろめたそうな表情で、それでも喜びを溢れさせ、イーシンは首肯した。
「だって、セフンが食べればって言うからさ。帰って来たら駄目になってるからって」
そんな言い訳めいたことを言うイーシンが愛おしく、ミンソクは優しく微笑み、諭した。
「いいんだよ、別に。食べてくれた方がありがたいし」
「すっごい、美味しかった、あれ」
珍しく目を見開いてイーシンは言った。
「どれ食べたんだ?」
「なんか、黄色っぽい果物いっぱい入ってるやつ。生クリームの」
「ああ。お前にと思ってたんだよ」
「そうなの?嬉しいけど、なんで?」
不思議そうな顔で、ドアに手を付いたイーシンは何の気なしに尋ねた。
ミンソクは口を開けたまま一瞬詰まり、それでもすぐ、何もなかったかのように、言葉を続けた。
「なんとなく、好きそうだな、と思って」
「そうなの?すごいね、さすが兄さん。俺あれ大好き」
顔いっぱいに笑みを広げるイーシンから、ミンソクはさりげなく視線を逸らした。
ふと、ミンソクは斜め下を見たまま、ひとりごとのような声音で言葉を発した。
「なあ」
「ん?」
「サッカーボールって、こん中入るかな?」
そう言って、人差し指でベッドを指した。
開いたスーツケースを一瞥し、イーシンは浮かんでいた笑みをゆっくりと消し、目だけを柔らかく溶かすようにして、再びミンソクを見た。
「………入るんじゃ、ないかな?」
まだ、ミンソクは顔を上げていなかった。
そっか、と呟くと、うん、とイーシンは囁くように答えた。
「…………朝から、遠征だね」
イーシンの声は、まるで夢の中のように、真夜中にこだました。
そうだな、と応じたミンソクの声は、ほとんどが音でなく、息でできていた。
すべては夜に消えていった。




おわり





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (4) | 番外編
かけらを集めて | ふたりのゆくえ(シウミン × D.O.) 前編

comment

管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/04 Sun 01:18:20
Re: うふふふ^m^ : ミス・レモン @-
鍵コメY様


こんにちは!

素敵なコメントありがとうございます!

返信遅れてしまい申し訳ありません。

出掛け、飲み、二日酔いで死んでいました_| ̄|○


読んでくださり嬉しいです♪

この番外編の感じは、私自身も気に入っている部分があります。

レイを出せた(カップル絡みで)こともそうですし、このケーキの話を入れたいなという気持ちが連載時からもありましたし、シウミンの佇まいを少しお見せしたかったというのもありました。

レイを出したのは、やはりこのケーキの話をしたかったからというのがまずあります。
シウミンみたいだなと思ってルハンが食べていて、でもこちらでは桃好きなレイが(ルハンもそれを知ってて、それを指摘して)、セフンがうきうきしながらやったあ、これレイに、と思って取っておいたのと一緒に、セフンがチョコのを取っておいてふたりで食べて、シウミンは別にふたりのそんなことは知らないのだけど、ルハンが俺みたいだと言って食べてたんだなあ、今は何も知らない幸せそうなレイに食われてる、という複雑な気持ちになって、というのを書けてよかったです。
幸せなふたりもいれば、不幸ではないけれど、そうそう簡単に何もかも片付かないふたりもいて、ということを表現できたらなと思いました。

シウミンが書いたメールは相当シンプルなんじゃないでしょうか。たぶん。

レイはシウミンが言ったことを理解しているでしょうね。
レイはルハンとやり取りがあるでしょうし、たとえルハンがシウミンにメールを送っているなどと言わなくても、サッカーボールを中国に持って行くなんてことが意味するのはそれくらいしかないでしょうから。
そういう意味でも、レイを出したところがあります。
やはりレイはルハンに対し批判的な精神が他メンバーに比べたら少ない(もしくはない)かなという考えから。

ふたりがどこでどう会い、何を話すのか、私も気になるところです。
知りたいなとは思いますが、このお話関連をまた書くか否かはかなり微妙だなと思っております。
自分がいつかほんとに知りたくなったとき、書くかもしれないかな、とぼんやり想像するくらいです。


砂糖壺のレイは、おそらく印象に強く残りやすいキャラクターだったのではないかな、と私自身も思います。
私もY様のように、レイをもっと親近感を持って見るようになりましたし、他の読者様からも桃を買ったとお聞きして、なんだか深い幸福感を覚えました。
Y様のこのお言葉も、本当に嬉しいものでした。
レイを出してよかったなあ、と心から思いました。


よい夜をお過ごしになったんですね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
何をご覧になったんでしょう?
気になるなあ。
素敵な週末に私の小説を紛れ込ませていただき、いつもながら、感謝感謝でございます。

ランキングや他もろもろに関して、お思いになることを是非お聞きしたいです^ ^
本日の短編後編もお楽しみいただけているといいなあと思います。


また、お待ちしております。
ありがとうございました!!



フェリシティ檸檬


2016/09/04 Sun 16:25:53 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/05 Mon 17:40:21
Re: ケーキ! : ミス・レモン @-
鍵コメY様


こんばんは!

コメントありがとうございます〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


ケーキ、私の話の中ではしょっちゅういろんな食べ物が出て来ますので、混乱されても当然だと思います!
これはルハンがメールで書いていたフランスのケーキ屋のアジア店のものですね〜
夏の庭園を、ルハンとレイが食べ、シウミンは多分ルハンが言っていた苺のものを食べたのではないでしょうか。
この中では、なんとなくシウミンは苺好きっぽいことになっているので。
もしくは食べていないかもしれない、とも思います。
そこは明らかにいたしませんでした。

私もルハンに限らず、脱退したメンバーについてはいくら想像してもその理由を明確に書くことはできませんので、そこが非常に枷となります。
なのでこのお話も、その点を強調したものにはいたしませんでした。
グレーゾーンもそうですが。
会うか会わないか、ということがいつも問題となります。


先程、このふたりのパラレル短編を更新いたしました。
Y様や他の読者様とお話ししたり、友人とも話したりして、自分の中でもある程度このお話には納得できてきたのですが、なんとなくやはりまだ書きたい気持ちがあるのか、思い立って書いてみました。
もしよろしければ、ご覧になってみてくださいませ。
少し長めなのですが。


ああ、あの映画をご覧になったのですね!
私はなんとなく、きちんとではありませんが、見たことがあります。
最後どうなったのかとか未だに分からない状態ですが^^;
私自身は泣いてしまうかと言うとちょっと分からない映画で(嫌いとかそういうことではないのです)、ただ、とても韓国らしい映画だな、という強い印象がございました。
お国柄が出ているように思います^ ^
私はあの番組での彼らの反応がとても好きです。
今いない中国メンバーが皆ぽろぽろ泣いているのが、何かを示唆している感じがするなあといつも思います。
私は男性が泣くことを恥ずかしく思って泣かないよ!と言っているのを聞いたり見たりすることがそんなに好きでないというか(笑)、この前段階で嘘嘘泣かない、みたいなことを言うメンバーが泣いているのを見ると、なんだか溜飲が下がる思いがします。
あとセフンはやはり冷静なところがあるなと思ったり、カイとタオの反応がすごくいいなと思ったりします。
チェンとレイ、疲れてるんだろうなあとも思って切なくなりますし。
チャニョルがなんども帽子を被りなおすのもすごく好きですね。

息子様とふたりでそんなふうになっているなんて胸キュンしてしまいます>_<
いいですねえ!!


「she‘s dreaming」お聞きになったんですね^ ^
私はこの曲ものすごく好きです。
EXOのよさが出ているなあと思います。
他のグループだとあまりできないんじゃないでしょうか。
それは確かにどの曲にもある意味言えるのですが。
つれづれや何かにたびたび書いているのですが、彼らは楽曲そのものがものすごく優れているものが多いので、それで何より私は惹かれます。
そしてそれはこういう、甘くなりすぎになりがちな曲をそうしない、というところなどに如実に出ると思っています。
歌詞を含め、本当に練られていて、感心します。
スホは声質でEXOにすごく貢献していると思います。
彼が途中で声を被せるところ、大好きです。
スホとレイはそうですね、アクセントとして優れているので、皆の中で聴くのが一番魅力的に響きます。

LOTTOを一位に!!
そうなんですね^ ^
私もそうしてもいいくらいです。
あの曲、曲としてまず好きなのです。

そんなふうに私を思い出してくださると聞くと感無量な心地がいたします。
嬉しいなあ。
私は聴いていると好きかどうかをものすごく感じてしまうたちで、例えば店などであまりに好みでない曲ばかり流れていると若干気持ちが乱れます(笑)
逆にいいセンスしているなと思うとノリノリになります(笑)


昨晩は飲み会だったのですね^ ^
楽しいお時間を過ごされたのでしょうか?
私は二日酔いは治ったのですが、まだ引きずっている部分が今日はありました^^;
しようがありませんねえ私はほんとに。
反省しきりです。

いろいろお話ししてくれることこそ、私の喜びです^ ^
また、よろしくお願いいたします!!



フェリシティ檸檬




2016/09/05 Mon 21:26:18 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター