海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160716

シング シング シング 3
車はとても暖かい。暖房と、チャニョルとギョンスの体温に挟まれて、チェンは眠気が自分を侵食していくのを味わっていた。外は真っ暗で、時折灯りが過ぎ去る中、雨粒が風と踊って窓に模様を描いている。
「ねみい…」
チャニョルがあくびをして低音のつぶやきを響かせる。彼の耳にはイヤホンが収まり、かすかな音がチェンにも届く。今日は何を聴いているのだろう、というぼんやりした考えとともに眠りに入ろうとしたそのとき、脇腹を突つかれた。首を左に向けると、それとなく チャニョルに寄りかかり気味になっていたチェンを黒い眉と丸い目が迎えた。チェンは顔がびりびりする感覚を覚えながら平静を装い、「何だよ」とつっけんどんに言った。
「まずい」
「は?」
「まずいんだよ」
「何が」
訳がわからずどんどんチャニョルを窓に押し付けるようにのけぞるチェンに、ギョンスは舌を出した。
ぷっくり膨らんだ唇から突き出た桜色の舌の先に、白色透明の丸い玉が乗っていた。大きさからしてついさっき舐め始めたばかりの、薄荷味だろう飴だ。
「薄荷苦手だろ。何で舐めたんだよ」
心臓が縮こまるような思いをしながら、チェンはギョンスの立体的な口元から目が離せない。
「行けるかと思ったんだよ。ちょっと喉痛かったから、どうしても舐めたくて」
からからからから歯と飴を鳴らせて肩頬を膨らませたギョンスの顔を凝視して、チェンは自分の声が遠くから聞こえる。
「だ、せば。しかたないから」
「なんかもったいないだろ。嫌なんだよ、出して捨てるの」
「どうしろっていうんだよ」
「あげるから舐めて」
「は!?」
「好きだろ、薄荷」
「好きだけどさ」
「じゃあいいじゃん」
「おまえ嫌じゃないのかよ、舐めた飴舐められるの」
「嫌じゃない」
飴玉を口に含んだ飴玉のような目をした青年に10センチの距離で飴の匂いを嗅がせられて、チェンは先程からどうしようもなく勃起していた。それは痛いほどで、皆がいる車中でこんな状態になっている羞恥心とともにチェンを圧倒した。
瞬きを繰り返すチェンを尻目に、前に向き直ったギョンスは不貞腐れている。
「じゃあ…じゃあ」
「そんなに嫌かよ」
「いや…」
「じゃあもういいよ」
「そうじゃない…」
窓の方に顔を寄せてギョンスが飴と格闘している様子から顔を背け、腕を組んだチェンは、高鳴った心臓と熱くなった下半身を鎮めようと深く息を吐いた。眠気など二度と戻って来そうになかった。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (-) | comment (0) | シング シング シング(D.O. × チェン)
シング シング シング 4 | シング シング シング 2

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター