海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160819

ことの共犯 5
車中で注文済みだった出前は、マンションに到着するや否やすぐ届けられ、あっという間にメンバーたちとマネージャーの胃の中に消えた。
風呂にこれから入るか、朝入るか、それぞれが迷う中、イーシンがいの一番に浴室へ向かった。
駐車場に着くとともに、ジョンデに優しく揺り起こされ、手を引かれて部屋に入ると、ほとんど寝ながらそれでもサムゲタンスープを啜っていた。
練習すると人一倍根気強くやるイーシンは、汗をかいた体が耐えられないようだった。
おそらく彼が上がると、すぐミンソクが向かうだろう。
ジョンデはそう、予測をつけながら、セフンの方をちらりと見た。
テーブルについたまま、頬杖をつき、バスルームへ続くドアの方を見つめている。
それからジョンデは、ジュンミョンを向いた。
野菜ジュースを飲みながら、また、ニュースを眺めていた。
へとへとだな、と、ジョンデは、自分自身を省み、思った。
料理の匂いと混じって、かすかに、雨の匂いがする気がした。
移動のときに、少し体にかかったのかもしれなかった。
その湿った匂いが、ジョンデの心をなぜかほのかに和ませた。
カーテンの向こうはまだ、模様を描くように、窓が濡らされているだろう。
窓を開け、その匂いと冷たさを、体に浴びたいように思った。気が済むまで。
部屋にこもる秘密の濃度に、息が詰まりそうだった。
「お茶淹れるけど、飲む奴いる?」
最近はまっているノンカフェインのお茶を、ギョンスは準備し始めていた。
チチチチチ、と、ヤカンを乗せたコンロの火を灯す音が、小さくジョンデの耳にも届いた。
ソファの背に腰を引っ掛けていたジョンデは、その音のする方を向き、喉を広げて、「飲みたい」と、声を上げた。
「んー」
と返事が返ってくる。
ミンソクとセフンも、俺も、と口にした。
ジョンデは後ろに座るジュンミョンを振り向き、肩に手を置き、はっきり、言った。
「兄さんも、飲みな」
野菜ジュースをあらかた飲んだジュンミョンは、そのグラスを持った姿で、ジョンデをほうけた顔で見上げた。
開いた口から、
「あ?うん」
と、言葉というよりただの声のような音を出す。
「リラックスできるんだよ」
な、ギョンス?と続けると、うん、そういう効能がある、と、学者みたいな、まじめくさった返事が聞こえた。
肩を掴んだ手に、分かるか分からないかくらいの力を込めて、ジョンデはじっと、ジュンミョンを見た。
口の両端を少しだけ、上げて。



つづく




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | ことの共犯(チェン × スホ)
歴史を変える | 来訪者は真夜中に 5

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター