海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160813

あとがき「砂糖壺に落ちる」
こんばんは。
お盆休み期間中になる方が多いでしょうか。
フェリシティ檸檬です。


さて、「砂糖壺に落ちる」、終わってしまいました。

いかがでしたでしょうか。

いつまでも続けようと思えば続けられるようなお話ではございますが、もともと考えていた終わりだいたいそのままに、こうして幕引きができました。


このお話は、「慈雨、降りそそぐ」を書いているとき、あまりのやりにくさに逃げ道を求め(笑)、書き始めたようなものでございました。

最初から最後まで、逃げ出したいような気持ちになることのない、幸せな連載作品でございました。


この作品を書くことで、あらためてレイの色っぽさというものに開眼したところがございます。

レイ視点の回になると、どうその気持ちよさを伝えようかと自然と意欲満々になっているような感じがございました。


また、お読みなっている方はお分かりかと思いますが、このお話は、進み方が独特でございまして、1話ずつ話が視点を変えながら進むのですが、セフン現在(前回の回想含む※1)+セフン現在から少し経った後→レイ現在(前回の回想含む※1)+レイ、セフン現在から少し経った後から少し後→セフン過去(告白までの回想※2)+セフン現在→レイ過去(告白までの回想※2)+レイ現在、の繰り返しとなっておりました。

※1、※2がそれぞれ同一時間です。

ちょっと自分でもこんがらがりそうになりましたが、告白までを描き切ったあと、彼らが初めて結ばれたときが、このお話の最後でございました。
そこでようやく、現在において、過去を振り返るだけになると言いますか。
最終話、通常の物語のように、ただ振り返り、今にいるふたり、となりました(このふたりも同一時間のふたりです)。

読みづらかった方もいらっしゃるとは思うのですが、この進め方、どのようにお感じになりましたでしょうか。

是非ご感想を伺いたいところでございます。

内容がシンプル至極だった分、こうしてストーリーテリングに凝ってみたわけなのですが、じっくりと時間を超えていろいろ描くことができ、私は満足しております。


あと、やはりその、シンプルになったというその原因、それはふたりがすでにくっついていて、ラブラブである、ということですが、その甘ーい甘い世界観を表現するタイトルを決めるとき、頭をひねりました。

そして「砂糖壺に落ちる」になったわけですが、これは、以前コメントでお好きであるとのお言葉をいただき幸せに感じましたものですが、紆余曲折を経て(大げさ)決定いたしたものでした。

フンレイ、特にセフンが、私の思い描く、その、ハネムーン的な世界観……それを表す文言にことごとく合わず、付き合いたてほやほやのふたり……蜜月……いやいや……などと、枝分かれしていく思考のさなか、蟻さん2匹が砂糖壺に落ちちゃったーああ、甘い地獄、食べても食べてもまだあるよ…でも出られない、的な、そういう、この件は落着のしかたをいたしました。

しかし自分でもひどく気に入っております。

皆様の中にもお気に召した方が、もっといらっしゃるといいなあと思います。

「受容について」は、シウミンのその真面目さみたいなものがタイトルの硬さとマッチしていたのですが、セフン始まりのこのお話は、セフンのその軽やかな若者らしさが、タイトルとしてもポップな風味を求めてきたわけでございました。


皆様が満場一致して思われるのが、レイの首回りの美しさ、そして彼がそこが弱点であるという、なんて言うんですか、マッチポンプ、違うか、ノリツッコミ、いや、とにかくその事実、それは恐ろしい魅力だということ、と私は考えるわけでして、その私の印象がまんま出たお話でした。

しかも年下の、セフンにそこを攻められるという、ほんとに見せていただきたいものだという光景を想像するのは、楽しいものでございました。

だって弱いわけですから絶対に声とか出てしまうわけですから。

すごいですよね。


最初と最後、ふたりが物理的に別れ別れになってしまうもの寂しさがございますが、それがこのお話のある種の推進力となっていて、読む方に多少の焦燥感を与えてくれたのではないかなと思っております。

ちょっとした遠恋感覚というか、まあ、まだこのふたりに関してはすぐ別れたりなどという心配はしなくてもいいんではないかな、なんて私は気楽に捉えております。

軽いスパイスでございますね。


長々とあとがきもどきを書き連ねてまいりました。

何かご感想やお考えのある方のお言葉、いつでもお待ちしております。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

連載途中に人気投票に投票をいただいた、幸せな作品でございました。


心から皆様に、感謝申し上げます。



とうとう連載ものがふたつとも終了した
フェリシティ檸檬


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (2) | 砂糖壺に落ちる(セフン × レイ)
私も甘味のお相伴 | 砂糖壺に落ちる 17《終》

comment

管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/22 Mon 17:53:13
Re: ようやく(笑) : ミス・レモン @-
鍵コメY様


こんばんは!!

コメントありがとうございます(*^^*)

こちらのお話にお言葉をくださって、本当にとっても嬉しいです♫


台風ですが、かなりすごかったですね!!
おっしゃる通り昼前から昼過ぎにかけてがいちばんひどかったようでした。

祖父からの電話のあと父からもメールが入っていました。
ありがたいことです。

私は父方の祖父母が健在です。
両親も。

家族は基本的に一筋縄ではいかないものでございますよね。

私は大変愛していますし、大変愛されていますけれど、その思いは本当に幼い頃からずっと変わらずございます。

Y様はそうでらっしゃるんですね。

いろいろな経験をされてらっしゃるだろうなあ、と、人生の先輩であり、優しいお姉さまであるY様に思いを馳せた次第です。


お帰りになったんですね(^ ^)
無事に帰宅されて何よりです!

そうなんですか、ユナが(^ ^)

正統派美女が好きというのはお母様としてもちょっぴり複雑なのではないかな、と、勝手ながら推測いたしました( ^ω^ )
私に息子がいてユナが好きと言われたら……(゚o゚
誰が好きでも一向構わないのですが^^;
すみません、余計なことでございますねm(_ _)m
私もユナを昔見て、ほんとにかわいいなあ、と思った記憶があります。
なので、美的感覚はちゃんとしてるなあ、と、我が息子なら感心するような気がします。

少女時代では誰が好きかと言うと難しいですね。

ただ、私はサニーのパフォーマンスのときの態度は好きだなあと思っています。
曲を表現しようという気持ちがすごく出ていて。
あの体型も好みです(ボン・キュ・ボンに弱いんです)。

あ!あの、末っ子の子が好きですね。ソヒョンですか。
あとティファニーも結構好きです。
テティソはだから結構うっとり見ちゃいますね。

性格がいいのはユリとスヨンかなと思います。

テヨンは結構気が強いんじゃないかなと、かなり感情で動くことの多い子なんじゃないかなと、昔から思ってました。
ベッキョンとのことが出たとき、おおーベッキョン……!!と思いましたねえ。
なかなか大変だなと。

すみません、なんだか話が少女時代ばかりになって^^;

私そこまで詳しくないのに。

ご子息様にお疲れ様とお伝えしたいです(^ ^)

私なんかほんとちゃらんぽらんな高校生でした…。

えらいなあ!!


Y様も、十分に台風など、お気をつけてくださいませ。


そうなんです、結構入り組んだ作りを思いつき、そのまま採用いたしまして、読む方には分かりにくいかもな、と思っておりました(笑)

内容自体は、一人称ですし、状況が決定しているので、そういう意味での複雑さがなく、だからこそあえてできたというところがあります。

視点を変えて進むのは心中でもやりましたが、そのときは一人称ではなかったので、今まででいちばん、読んでいる方に2人が何を考え何がどうなっているかが分かりやすい話になったのではないかなと思います。

よく二次創作を書かれている方は用いられてるようですよね。
結構面倒なものだなあと書いていて思いました。
でも、これを読みたいと思う人の気持ちも分かるので、そういう意味で書きがいがあるなとも思いました。
これがあったとき彼はどう思っていたの?というのがどちら側からも知れるわけですもんね。

読みづらくなかったとおっしゃっていただき嬉しいです^ ^

そして何より嬉しかったのは、このレイが羨ましかったというお言葉です!!
そんな風に思っていただけるとは思いませんでした。
確かに、受容などのときの、今までのセフンより、ずっと理想的な彼氏・セフンでありまして、なるほどなあ、そうかあ、と思いました。
しかもなんていうかもじもじそわそわしてて、非常に萌える感じでありますし。
なのにもっともっとと情熱的にレイを求めるようになって。
となると、そう感じていただくこと、確かに、ありえるのかあ、と、振り返ったりしてしまいました。

セフンがあのラジオで言ったひとことは、チェン、内心、お前!!と思ったろうなと思います(笑)
世の彼のファンの方たちに、たとえそういう気持ちを彼に持っていなくとも、なんとなく切ない思いをさせたんじゃないかなと考えると、私は胸の痛みを禁じえない発言でした。
いや、全然怒っているとかではなく、若いなあ、うかつだなあ、でもさすがセフンだなあ、しかし思っても堪えて!と言いますか。
こんなことを言うとあれなんですが、私はセフンにそういう興味がいっさいないんです(笑)
好みからすごく遠くて^^;
見た目も性格も、恋人にしたいと思うような人ではないんですよね。
友達だったらまあいいかな、という感じです(いや、それもどうだろう……、というか私はいったいなんなんでしょう(笑))。
だからこういう発言をしてしまうセフンを見ると、興味深いというか、観察対象が口を滑らした、みたいな感覚になります。
あと今のそれくらいの女性たちはすごく綺麗で色っぽい人が多いので、そんなこと迂闊に言えないぞ、とも思います。
チェ・ジウに言えるのか?と(笑)

セフンはEXO内でも罪作り感の強い(もしかしたらいちばんくらいかな?)メンバーだなあ実感いたしております。

「現実の恋愛もそう言うところが多いんじゃないかなと思うように、〜その先を我慢するのは難しいという感じが、なんとも言えなかったです。」
というお言葉もとても嬉しかったです(>_<)
その焦燥感を感じていただけたんだなあと思いまして。


「ことの共犯」は、まだ詳しいことは伏せたいと思いますが、Yさまがおっしゃったあたりも合わせてお楽しみいただきたいなと思っております^ ^

このお話も、書くのが結構楽しいです。
「シング シング シング」、「人さらいの条件」でもそうだったんですが、チェンを書くのは何故か楽だし楽しいんですよね。
その人柄のせいだと思うんですが。

かなり観念的なところの多いお話にこれからもなる気がしますので、どうぞのんびりお読みいただければなと思っております。


「来訪者は真夜中に」はかなりつっきったお話にしてみました(笑)
ルーミンは書かれている方も多く、人気のカップルでございますが、私はどうも、今いないメンバーをいるように書くことに多少抵抗がありまして、それもあって、こういうお話になりました。
このお話のいきさつも、終わった暁におしゃべりできたらなあなんて思います。
ぽん、と手を打ってもらえたこと、すっごく幸せでございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


パラレルに手を出してしまいました(笑)
いろいろ考えた上で、しかし基本は勢いで始めてしまったのですが、これからどうなるんでしょう^^;
ただ自分でもあまり心配してるとかそういうことはなく、まあなんとかなるだろうと思っております。
多くの人に愛される作品になっていくことを願います。


そうなんですね!!
オリジナルキャラを。
私はこのブログでは明確にはあまり出したことがないのですが(東方神起の未完の話にちらりと出しましたけれど)、確かに自分で創作したキャラには思い入れがございますよね。
今度のパラレルにそういうキャラを出すのかどうか、まだまったく未定ではございますが、想像してみて、お気持ちは分かる気がいたしました。


日々お読みになっていただき、こうしてコメントもしてくださって、Y様には本当にお世話になっております。
励みになり、支えにもなってございます。

拍手のことなんか、全然気にしないでくださいまし!!
むしろ今も感謝しております^ ^
言われなかったらそのまま過ごしておりました(笑)

私におっしゃったことをそんなに気にされたりなどされなくとも大丈夫でございます^ ^

私こそ、Y様に何かぶしつけなことを言ってしまうのではないかと心配しております。

今後も変わらず、仲良くしていただけると心底嬉しく思います(*^^*)


今日もありがとうございました!!

またいつでも、お待ちしております☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



フェリシティ檸檬


2016/08/22 Mon 20:09:19 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター