海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160811

体は正直(チェン × ベッキョン)
「いい加減ちょっと黙れよ」
えへへへへへと笑いながら話していたベッキョンは、ベッドに並んで座っているジョンデの真顔にたじろいだ。
ジョンデはいつものように、眉で八を描いてはいなかった。
「聞こえたろ?」
そう言って唇を結んだジョンデの顔は、何かを我慢しているみたいな、少し苦しそうな感じで、ベッキョンは息が詰まり、口を開けて呼吸した。
意を決したように、自分の右手をベッキョンの左手の上に置き、そのままくっと力を込めると、ジョンデはベッキョンの目を捉えながら、胸を大きく上下させていた。唇を少し噛んで。
もちろん、聞こえた。
ベッキョンは胸から首、首から顔へと、血が上ってくるのを耳の奥の鼓動の音とともに、時間が止まったかのごとく、すべてをくっきりと感じていた。
なにからなにまで輪郭が彩られたように、目に飛び込んできた。
ジョンデの切れ長の目のかたちとか。
しっかりした顎のラインとか。
首の男らしい太さとか。
かちっとした肩の四角は、何もせずとも筋肉質な体質のなせる技で、ベッキョンはこっそりうらやましく思っていた。
今着ている服の濃い青が、ベッキョンの目の奥で深海のように映った。
自分の音しか聞こえない。
目に映るものに、真剣にしか向き合えない。
お前が俺を好きだって、ずっと、知ってた。
だからなんだか今更だ、とベッキョンはどこかで思った。
時折見せる眼差しや、いつからか触れるとき一瞬ためらうようすとか、何か言いたそうに開きかける口の端の上がった唇は、饒舌にベッキョンに語り続けてきた。
そんなのやめろよ。
ベッキョンは見ないふりをした。
変わらずべたべた触ったし、顔を近付けて馬鹿な話やまじな話を持ち掛けた。
ジョンデみたいなやつはなかなかいない、と、ベッキョンはその勘のいい頭で思っていた。
この友人を失くすなんて、ありえなかった。
だけれど、ジョンデがこちらを見ているかどうか、ベッキョンはいつの間にか、こそこそ確かめるようになった。
切なげに眉を下ろした表情などを横目で伺い、何故だか少し動悸がした。
ぷくりと突き出た喉仏や、広い背中を見るにつけ、女だったら、いいなと思うだろうな、などと考え、また何故か脈は上がった。
いやいやいやいや。
俺は女じゃないし。
あいつも女じゃない。
そう打ち消しては、一緒にいた。
一生懸命エロ動画を見た。
しかし夢に見るのは、ジョンデがこちらを向いて、途中まで何か言いかけるさまだった。
いつもジョンデは何も言わぬまま、夢は終わった。
彼が何を言いたいかは、ベッキョンには分かりきっていたけれど。
そして、現実は夢を追い抜いた。
さっきジョンデはとうとうベッキョンに、呼び出した自分の部屋で、隣にベッキョンを座らせ、「お前が好きだ」と言い放った。
ジョンデは少し震えていた。
今もまだ、震えている。
ベッキョンはなんとか穏便に済まそうと、冗談めかして話し掛けた。
もちろんそんなの、通用しない。
どうする。
胸の中は先刻と同様、うるさい。
恥ずかしいくらい、顔は色を持っている。
まるで俺が告白したみたいじゃんか。
ベッキョンは混乱しながら、そんなことを思う。
「ベッキョン」
重ねられたままの手に、より、力が込められる。
気のせいなのか、ジョンデの顔が、大きくなる。
気のせいではない。
ベッキョンの顔の間近に、ジョンデの顔が、やって来る。
「……キス、したい」
ほのかに角度のついた眉で、ジョンデはベッキョンの10センチ先で、鈴の鳴るような声で、そう、言った。
いやだよ。
唇がわなわな動く。
掌いっぱいに汗をかいて。
体を後ろに傾けたい。
なのに金縛りにあったみたいに、動けない。
「………しちゃうよ?」
息が届く。
鼻と唇を風がかすめる。
「ぁ」
やっと、声が出た。
その瞬間、唇は音を出せなくなった。
ジョンデは目をつむり、ベッキョンは見開いた。
唇の厚さを確かめるためだけみたいな、キスだった。
すぐ、口は離された。
顔は至近距離のまま。
ジョンデの目には、水分が揺らめいていた。
「……もっかい、するよ?」
ためらいがちに、ジョンデは言った。
震えている。
今度はベッキョンが。
開いた口から、浅い呼吸は繰り返される。
体が全部心臓みたいだ。ベッキョンは自身を疑う。
「………いいの?」
もう、最後は囁きだった。
鼻と鼻が出会った。
よくねーよ、ベッキョンは思う。
唇が、渇いていく。
いいよ、と呟くベッキョンを、ジョンデは言葉ごと、ぱくりと食べた。




おわり




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 短編〈リアル〉
心中の道連れ+慈雨、降りそそぐ 番外編「くちびるの友達」 | 空想の行く末

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター