海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160804

慈雨、降りそそぐ 17
さて、ジョンインはそれっきり、ほとんどパニックに陥った。
まず、なぜ、ベッキョンがチャニョルのことを持ち出してきたのかが気になった。
ばれてた?
俺かチャニョル兄さんの態度から、勘付かれてる?
ベッキョン兄さんだけでなく、他のメンバーも、もしかして?
その可能性は低そうだ、と、頭のどこかでは分かっていた。
ふたりはお互いを避けてはいなかったし、ふるまいも特別以前と変わった様相を呈してはいないと、客観的に見てみても、思えた。
しかし理性はそう告げても、人間は簡単に心が追いつかない。
もし、ばれたらどうしよう。
そんな妄想への恐れが、ジョンインに棲みついた。
何より、俺以上に、チャニョル兄さんが傷付く。
苦悶しているチャニョルが浮かび、ジョンインは実際怪我をしているかのように、考えれば考えるほど、胸がひっきりなしにずきずき痛んだ。
それに。
あんまり人を好きにならないのに。
そんなに落ち込んではなさそう。
器用なのに立ち回りがださい。
誰かに振られたみたい。
次の子がすぐできる。
ベッキョンの話の内容が順不同に脳に浮かび、ミキサーにかけられた細切れの野菜のように、混ざり合って混ざり合って、ついにはどろどろの得体の知れないものに変貌していった。
けして、口をつけたくない何かだった。
その何かからは目を逸らし、必死に、ジョンインは最善策を思案した。
兄さんが俺を好きだってことを完全にやめる。
ジョンインはそういう結論に達し、ようやく少しだけ、落ち着いた。
それでも少しだけであり、ジョンインは心中乱れたまま、日々を過ごした。
しかもそのためにはどうしたらよいのかなど、ジョンインにはさっぱり判断のつかないままだった。
そんな状態で、チャニョルと会って、話しかけられたり、笑いかけられたり、何かに誘われたりすると、明らかに避けるような態度を取ってしまうようになった。
朝や晩の挨拶すら、顔を見てできなくなった。
チャニョルといると動悸がした。
不安と焦燥と恐怖と困惑と、そこに何かが混じった上での、動悸だった。
体温が上がり、喉が渇いた。
背の高いチャニョルの顔が自分を見下ろしているのを感じながら、つむじを見せて、ジョンインは片方の手で、逆の腕の関節を掴んだ。
どく、どく、どく、どく。
何かにひどく緊張しているときのおかしな心拍に自身で直に触れながら、早くこの場を去りたい、と願った。
それと同時に、なんてことをしてるんだろう、と、自己嫌悪にも陥った。
顔を上げたら、きっと兄さんは驚いた、ひどく辛そうな、そんな表情をしているだろう、と思った。
そうさせているのは、自分だ。
兄さんとちゃんと接したい。俺だって。
こんなのは、いやだ。
そう思いながらも背を向けてチャニョルのそばから立ち去るジョンインは、いったい何をどうしたらよいのか分からず、途方に暮れた。
このままじゃいられない。
それだけは分かるのに、ジョンインは完全に、八方塞がりだった。



つづく



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 慈雨、降りそそぐ(チャニョル × カイ)
砂糖壺に落ちる 10 | 見目麗しいものたち

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター