海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160716

シング シング シング 2
食卓にはベーコン、目玉焼き、茹でたブロッコリー、トマトの櫛切りが食べた人数分減って並んでいた。バター、苺とマーマレードのジャム、ピーナッツバター、牛乳のパックも。パン屑が朝日を受けてちらちらしている。
「玉ねぎのスープがある。あとは食パン。焼くか?」
シウミンがコーヒーをチェンの前に置いて、尋ねる。
「いいよ、自分でやるよ。大丈夫」
シウミンに向かってチェンのもともと上がった口角がまた少しだけ上がる。シウミンは「オッケ、スープだけ火、入れとく」と笑顔で返し、チチチ、とコンロのつまみをひねり、自らのコーヒーを飲み干してシンクで食器を片付け始めた。
ジャー、カショ、カシャ、ココッ。シウミンの手つきは穏やかで、立てる音は眠りに誘うようなところがある。
子守唄を聴きながら、チェンは両手でマグカップを包み込む。彼のそれは底に向かってカーブを描いて細くなるフォルムで、ミッドナイトブルーに染められている。濃い青から漂う湯気が視界を遮り、はす向かいに座るギョンスを一瞥したチェンの目は、ギョンスを白い靄とともに捉えた。チェンの口から女性のような歌声が漏れる。
「ふん、ふん、ふ、ふふ、ふふふふーんふーん…」
「なんだよ突然。genieって」
「いや、好きなんだよ、この歌」
チェンらしい笑顔で、ギョンスを見ずにカップに牛乳をどぷりと注ぐ。すると怪訝な顔のギョンスはたちまち湯気が消えたカップの向こうに輪郭を見せる。ああ、もう願いごとはできない。一瞬だけのランプの精。悔悟の反面、安堵もわきあがる。
「パン、焼こうか?」
カップを持ったままチェンはキッチンに向かい、ギョンスに問い掛けた。シウミンは既にバスルームに消えている。
「あ、うん。ありがと」
「何枚?」
「2枚」
「了解」
ゴールデンレトリーバーの毛色のようになったコーヒーをごくごく飲みながら、ギョンスがベーコンや卵を口に運ぶのをそれとなく眺める。
ベーコンの油、卵の黄身の黄色がその唇を通り過ぎる。舌が唇の上を動いて綺麗にするさまがミルクの混じったコーヒーの味と渾然一体となりチェンの体を下っていく。体のうちから支配されるのをつま先まで感じる。
チン!
我に返り、薄く焦げ目のついたパンを皿に乗せ、トースターに自分の分を入れ替える。パンの皿とスープをもったカップをギョンスの前に置くと、チェンを見上げ、まん丸な黒目とどこまでも白い白目のコントラストで相手の目を捉え、「ん、ありがと」と心持ち光る唇を動かした。すぐにギョンスはパンに目を落とすと、それをむしっとちぎって半分にする。チェンは思わず目を逸らした。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (-) | comment (0) | シング シング シング(D.O. × チェン)
シング シング シング 3 | シング シング シング 1

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター