海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160730

受容について 番外編「真夏の夜の夢」
セミが鳴いている。
空を見上げて入道雲を認めると、シウミンは無意識の内に、かすかに笑った。
シウミンは夏が好きだった。
蜃気楼が見えそうな街中を、セフンと連れ立って歩いていた。
ふたりとも、サングラスと眼鏡、マスク、帽子で身を守りながら。
しかし、特に背の高いセフンは、すれ違う女性をたびたび振り返らせていた。
振り返る女性をシウミンは振り返った。
そして胸のうずきを覚え、また前を見る。
「きれいな人だったな」
ぽつりとそう言ってみる。
人を避けつつ歩きながら、セフンは左下を向く。
「え?誰が?」
「今の人」
シウミンは見上げたりしない。今している表情を見られるのはごめんだった。たとえ大部分、顔が隠れているにしても。
「そう?」
「うん」
「へー」
まったく気のないようすでセフンは言う。
その声音を聞き、シウミンは肺の中の息を吐き出す。
そうこうするうち、ふたりは今日の目的地に着く。
ショッピングセンター内の、シネマコンプレックス。
中に入った瞬間、空調の効いた冷たく尖った空間が、ふたりを迎える。
夏休み中の学生で、どこもごった返していた。
女子高生の嬌声、大学生の馬鹿騒ぎが鼓膜を揺らし、シウミンとセフンはいっとき足を止めた。
「…大丈夫かな」
思わず、シウミンは漏らす。
「大丈夫でしょ」
あっけらかんとセフンは答え、すたすた前を歩いて行く。
「ちょ、待て」
慌ててシウミンは後を追う。歩幅の違いから小走って。
こめかみから滴る汗を手の甲で拭いながら、シウミンはセフンの後ろを歩いた。
エスカレーターで映画館へ。
ほとんど汗もかいていない、涼しげなセフンの細長い後ろ姿を常以上に見上げながら、シウミンは感じなくともよい、何度感じたか分からない引け目をまた、感じていた。
映画館の階に到着し、チケットの受付の行列に並ぶ。
時間をスマートフォンで確認しながら、思い出したようにセフンが口を開く。
「あ、そうだそうだ」
「ん」
財布を尻ポケットから抜きつつ、言う。
「合コン来いって言われてるんだよ」
キャップのツバの下の、眼鏡の中の見えにくい目を見上げながら、シウミンは大きなひとえの目をわずかに広げ、黙った。 マスクの奥の喉が、乾燥する。
「……誰に?」
「リーダー」
ああ、とシウミンは思う。ジュンミョン。
「………行くのか?」
ごわごわした声が出た。冷えた空気で汗が冷たい。セフンの顔が見ていられない。
「えー?」
そう言いながらはは、と笑ったとき、受付が空いた。
セフンが先に立ち、担当の女性と話す。
「はい、大人2枚」
金額を言われ支払いをするセフンに、我に返った背後に立ったままのシウミンが「あ、俺が」と声を掛ける。
セフンは振り向きもせず片手を挙げ、制し、札と小銭を渡し、釣りを受け取った。
突っ立ったシウミンに向き直ってチケットをはい、と渡す。
「………さんきゅ……」
列を抜け、目的の映画を上映する場所を探しながら、思い付いたセフンが尋ねる。
「あ、ポップコーンとか食べる?」
「……いや、いい……」
「そ?じゃ、俺買ってくるー」
そう言い残し、明るい光を放つ売り場へとセフンは向かう。
シウミンはチケットを指先で掴んだまま、サングラスを外し、そのようすを端から眺めた。
さまざまなことを身内で処理できず、なんだかひたすら意識が散漫になることに戸惑っていた。
まもなくカップをふたつと、ポップコーンを持ったセフンが、機嫌よさげににこにこと、シウミンに微笑みながら戻って来た。
「はい。コーヒーでいいでしょ」
ひんやりとしたカップを受け取り、シウミンは再び慌てる。
「あ、うん。ありがと、ごめん、また……」
「いーよこれくらい。いこ」
ずんずん前を歩くセフンは、シウミンを見もせず告げる。
「行かないよ」
「え?」
「合コン」
上映館Bに入り、ぼんやりとした照明の劇場の中、チケットの番号を一瞥したセフンは言う。
「こっちだよ」
セフンの後ろをついていきながら、セフンといっしょにいるんじゃないみたいだ、とシウミンは夢見心地になる。
「いちばん後ろにしたよ」
そう言って最後列の真ん中の席ふたつに陣取る。
人気の作品だったが、今日の入りは今のところそこそこで、ちょうどいいくらいの混み方とも言えた。
だんだんと人は増えた。ざわざわとした雰囲気の中、それでもふたりのそばに客は来ない。角の席が取られただけだ。
セフンがシウミンを向く。
「いい感じだね」
そう囁く。目をくにゃっ、と歪めて。
「……行かねーの、合コン」
何も考えずそう、口をついて出た。セフンの笑みを浮かべた目を見ながら。
「行かないよ」またははは、と笑ってセフンは言う。「行くわけないじゃん」
目をぱちくりさせ、シウミンはセフンを見つめる。
「兄さんがジュンミョン兄さんにあんなお願いするから」
意地悪そうにセフンは言う。
そのときのことを思い出し、シウミンはだんだんと熱が顔にこもる。すっかり汗の引いた体も、またぽかぽかと温かくなる。
予告が始まり、一段ライトの落とされた周りを見回し、ふたりは変装道具をこそこそと取る。
顔を晒したシウミンは、セフンの言葉や行動に対し、あれやこれやと考えすぎて、混乱しながら大画面に相対した。
次々とカミングスーンの文字は流れていき、ようやく気持ちの落ち着き始めたシウミンの横で、セフンはむしゃむしゃとポップコーンを食べている。
また、あたりは更に暗くなる。映画館は常に夜だ。
「兄さん」
本編が始まる。
「ん?」
目をスクリーンに最後まで残しつつ、セフンに顔を向け、ちらとシウミンは隣を見た。
その一瞬で唇を、奪われる。
「楽しみだね」
キャラメルとコーラの匂いが鼻を抜ける。
またセフンはもぐもぐと食べ始める。
シウミンは口を開けたまま、顔をゆっくり前へ戻す。
空いた方の手で、きゅっと手を握られると、シウミンはもう、内容が頭に入っては来なかった。




おわり



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (4) | 番外編
見ないで描いてみよう D.O.編 | 土日の投稿予定

comment

管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/07/30 Sat 15:41:06
o(^o^)o : はな @mA5Wklfo
わぁ~🎵
受容についての番外編!!
嬉しいです(^o^)
先日の記事で番外編書くと書いてあり
何のお話を書いてくださるのか楽しみにしていましたが…
受容についてとは嬉しい~🎵😍🎵
二人のデート♥の様子が読めて良かったです。
合コンに誘われたと言われ気にしたり、
綺麗な女の人がセフンを見る視線を気にしたり
付き合いたての二人て感じが出てて微笑ましかったです。
シウミンがどんどんセフンを好きになってるように思えて嬉かったです。
独占欲出てきたのかな?と思ったり…
映画館の暗い中でセフンからkissされて
ドキドキするシウミンが可愛かったです。



2016/07/30 Sat 15:41:34 URL
Re: はじめまして。 : ミス・レモン @-
鍵コメY様

はじめまして!!

コメント、本当にありがとうございます。
それに拍手、投票まで!!
この嬉しさをどうすればお伝えできるのか。
本当に本当に嬉しいです。
ありがとうございますm(_ _)m
私は今顔がにやけっぱなしでございます。まじです。

旧ブログの頃からお読みいただているなんて……一時期すっかりお待たせしまったこと、ここでまたお詫び申し上げたいと思います。
誠にすみませんでした。
今後はなるたけそういったことのないよう、頑張っていきたいと思っております。

今こうしてコメントをいただけるようになったことを思うと、引っ越してきてよかったなと、再度深く頷くばかりです。
まずそのコメントしたかったというお気持ち自体が何よりも嬉しいのですが。

私は全然フンシウでもフンミンでも構わないので、何かお気遣いされているとしたら、お気になさらずお好きな方でお書きください!

Y様にふたりのようすがリアルに感じて頂けているのなら、私の思いが伝わっているということで、それをお教えいただいて光栄です。
また、ご指摘の通り、私はお話を書くとき、なるべく直接的な表現をせずにその情景を描写したいと思っております。
それはなんの媒体であっても同様で、私の指針のひとつでございます。
その点をお感じになってお読みいただけているということは、心底書いていてよかったと思うお言葉でございました。

番外編、お気に召していただけたならよかったです!!
夏は繰り返したけれど、少しずつふたりは変化して行っている、そういうさまを描きたいなと思い、今回このようになりました。
なんだかこのふたりはきちんとくっついてから、ちょっと笑っちゃうようなところがあって、書いていても読み返しても、目元や口元が緩んでしまう私がいます。
セフンの彼氏感という言葉、とても気に入りました*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

他のお話についてのお言葉も是非聞いてみたいです〜!!
わざわざパソコンからこうしてお書き込みくださって……。
言葉もありません。
私はいつでもお待ちしておりますし、こうしていろいろお答えしてお話もしたいので、お時間があってお気が向いたとき、気軽にコメントくださいませ。
(読み返して拍手をしてくださったなんて感無量過ぎます…!。・゜・(ノД`)・゜・。)

お優しく洞察に富んだ素敵なコメント、何度も読み返すと思います。
繰り返しとなりますが、本当にありがとうございました。

また、お待ちしております。

感謝を込めて
フェリシティ檸檬

2016/07/30 Sat 16:50:16 URL
Re: o(^o^)o : ミス・レモン @-
はなさん

こんにちは!

コメントありがとうございます(^○^)

はなさんも以前お好きとおっしゃってくださったかと思いますが、やはりフンミンカップルは人気でございまして、こうして番外編を再び書く運びとなりました。
お楽しみいただけたなら幸いです♪

本当にザ☆デート、という感じの、その一部始終を垣間見るような話にしたいなと思いました。
ふたりの後をこっそりついていってるような印象になるような小編に。

セフンが好きに動いてそれに振り回されるシウミン、という私の中での王道がまた描けて幸せでした。

シウミンだけでなく、EXOメンバーはセフンのルックスに対しすごい憧れを持っている感じがするんですよね(笑)それが少し盛り込まれました。

いつも本当にありがとうございます(^ ^)
明日もお話をあげますので、お時間があればお立ち寄りくださいませ。
それでは、よい土曜の夜を。


フェリシティ檸檬

2016/07/30 Sat 17:01:06 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター