海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160220

ありのーままのー
今日は雨です。
暗いです。
でもこれくらいが最近は好きです。
今テレビでは水曜どうでしょうが放映されています。大泉洋の柳生博の真似がうまくて驚きます。
大泉洋は何度見ても本当にスタイルがよくてそこにも毎度驚きます。
日本人にあまり見ないスタイルのよさです。彼の強みだなとしみじみ思います。

小説を書き始めてずいぶん時間が経過したような気がします。本当はそんなに経ってないんですが。
友人に誘われて始めたんですが、久しぶりの物語創作で、それもこういう実在のアイドルの二次創作って初めてで、かなり不思議な感覚です。
そもそもわたくしアイドルへの興味があまりないんです。
アイドルと言いますか男性芸能人への憧憬が。
小さい頃からそうで、今も全然変わりません。
そもそも男性芸能人をかっこいいな、素敵だなとすらほぼ思うことがない人生でした。
これは単純に私の性格や性質によるもので、昔は治そうと必死になったりしたものでした。
思春期は皆ジャニーズやヴィジュアル系が好きで、本当に寂しかったんです。その頃の私は石田ゆり子めっちゃまぶい、とか思ってる少女でした。
友達と趣味を共有できないことが悲しくて、友達が録画した嵐になる前の櫻井翔のビデオなどを、好きになるよう自分に暗示をかけながら真剣に見つめたりしました。無理でしたが。
そんな私にもアイドルというものはありまして、その面々はと言うと、手塚治虫、マイケル・ジャクソン、レスリー・チャン、浅田真央です。
うち三人は故人です。
私はレスリー、そしてマイケルの死を血を吐く思いで乗り越えてきたわけなんですが(手塚氏の死は本当に幼い頃のことでしたので)、マイケルを失ったあと、彼の代わりを私は必要としました。
ジャスティン・ティンバーレイク、ビヨンセ、perfume、色々な方に助けられました。
そんな中、東方神起に出会いました。五人の頃の。もうその頃には活動停止の噂が出ていて、私は遡るような格好でさまざまな映像を見ました。皆さん思われることでしょうが、やはり呪文とpurple lineがすごくよかったんですね。
もうお気付きでしょう。わたくしは音感のいい人が全身で音楽を表しているようすをみるのが好きなんです。あと天才が。そして性別の匂いの強くない人が。
素晴らしいパフォーマンスの一瞬のときめきが本当に好きです。舞う人が時間と空間を操っているさまを見せてくれるのが。命を削るようにして音を指一本で引き伸ばしているその奇跡。
東方神起の呪文はまさに奇跡でした。
それまでの東方神起のイメージを私は勝手に(というか日本での戦略として)バラードをハモって歌う人たちというものに限定していました。
私はそもそも甘いバラードを基本的に好まないので、彼らにまったく興味がありませんでした。でもそう言えば思い出すと車のcmでpurple lineが流れたとき、ん?と心が立ち止まった記憶はありました。そのとき掘り下げなかったんですね。もし掘り下げていたらその後ただ辛い思いをしただけな気もするのでそうしなかったことをありがたいと思わなくもないのですが。
東方神起の五人は素晴らしかったですね。
全員が一定のレベル以上の音楽スキルと賢さと肉体を持っていて、隙がなかったです。
いまだに私は五人でないのがとても悲しいです。
もちろんユノとチャンミンがすごく好きなんですが。B.U.Tとか大好きなんですが。
あのかかととつま先で皆がリズムを刻める感じ、腰と肩でグルーヴを表すことを五人全員ができる感じが稀有でした。
Choosey loverとか最高でした。
今もライブ映像をばっと見ると、このメンバーを集められたということに感動して震えたりします。
そして、時が経ちこのブログに誘ってくれたのと同じ友人が、exoを教えてくれました。
Growlの頃でした。
素晴らしかったですね。
さっぱりメンバーの区別がつかない時期が長く続きましたが、exoの楽曲とパフォーマンスのセンスのよさはいつも忘れることなく心の中にありました。
SMの頭脳陣がたいそう考えに考え抜いて方針を決めていっているのが痛いほど伝わってきます。
Overdoseのあとに、CALL ME BABY、LOVE ME RIGHTという2曲を並べられたのはすごく大きかったと思います。Growlの存在が大きすぎて、あれをどう超えるかがSMの課題だったはずです。非常にクレバーな回答をCALL ME BABYで出したな、と感心しました。その流れからのLOVE ME RIGHT。これらはexoの幅を大変広げる結果になったのではないでしょうか。
他にもアルバムの中によい曲がたくさんありまして、SMの、ダサい曲は入れねーぞ、というやる気がびんびんに感じられます。
あとジョンヒョンはいい仕事しますね。

ここまで読んでくださった方がいたとするならば、それこそお分かりかもしれませんが、わたくしはこの子のこれが萌え!このカップリングが萌え!という感覚も、希薄です。
こんなことがあるかもしれない…みたいな、可能性を感じる部分を広げて、私の物語の好みと合わせて作り上げている感じです。
私が見たメンバーたちの性格から起こり得そうな感じのするお話と言いますか。
もちろん本当は起こりませんが。
こういった風に書いてる方って少ないんだろうな、と中学生の頃のようなしんみりした心細いような気持ちで日々アップしています。
果たして読んで頂けているのかな、とまったくもってどういう状況なのか読めていないと言いますか、なんだかふわふわした手触りです。ブログ自体の経験がほぼないのもありまして。楽しんで頂けているのか、実は不快に思われているのか…。いろんな方がいらっしゃるので、感じ方はもちろんさまざまでしょう。
感想が聞けたら嬉しいなあ、と気付くと願ってしまっている毎日です。
読んで頂けているだけでもありがたいので、読んでいます!ってお伝え頂けたら小躍りするのにな、とか。
私はこんなのが好きなんですよ、とかも是非とも聞いてみたいです。

長々と書いてしまいました。
大泉さんたちはコウモリの穴に入っていて大変そうです。
またつらつらとこういうことを書けたらなと思います。
もしも読んで頂けたならありがとうございました。そしてなんだかスミマセン。


それでは。


フェリシティ檸檬




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (4) | つれづれ
キュートを求めて |

comment

管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/30 Tue 12:17:40
Re: はりきってます : ミス・レモン @-
鍵コメT様


こんにちは!

素晴らしいコメントをどうもありがとうございます!!

すっごく嬉しいです*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*


私もブログをやっていながらあまり熱心にネットをやる方ではないため、仕組みについて本当に疎いところがございます。
ですのでやって来てくださる読者の方に煩わしい思いをさせてしまってはいないかしらとよく不安に駆られております^^;
T様の温かく、そして素敵なお言葉に心から感動いたしました。
私のブログタイトルをそんなふうにおっしゃっていただけるなんてなんだか夢のようでございます…>_<…


張り切ってくださって嬉しいです!
そして数々のご趣味やご嗜好、大変楽しく拝読させていただきました^ ^

まずデイヴィッド・ボウイとプリンスの死は本当に悲しいものでございますね。
私はファンと言えるような存在ではまったくありませんので恐縮ですが、こういう方々が亡くなるのは人類の損失以外の何物でもございませんです。
T様のお気持ちを思うと胸が詰まるようです。

大島先生と萩尾先生の影響もあり、そういう流れができたのですね^ ^
私は不勉強なものでヘッセやケストナーなどはほとんど読んでおりませんです。お恥ずかしい。
コクトーにしろ、読みたいなとは思ったりするのですが。
少しずつ今後も教養を深めていかなければならないなあと痛感した次第です。

モーリス・ベジャールは、耳にした名前であるなあ、と思い、先程お調べいたしましたら、あの、春の祭典や火の鳥の振付師の方ですね!!
私はバレエにも造詣は深くないのですが、ストラヴィンスキーには興味がございまして、特に春の祭典は浅田真央さんにフリースケーティングで滑ってほしいという長年の夢がございます…。
素晴らしいご趣味をお持ちなんですね^ ^
私はもしも今後子供を育てることがあれば、バレエは男女問わず習わせたいなあと昔から思っております。
バレエとピアノはその子のためになると思うので。
私はバレエはまったくですが、幼少時から高校までピアノを長いことなんとなく(本当になんとなくです^^;)やっており、自分の人生においてかなり意味のある習い事だったなあという実感もございまして。
こういうものは習わないことには伸びもしませんので、たまにぼんやり考える事柄でございます。
考えるだけで終わる可能性も大でございますが。

マイケルのrock with youは素晴らしい楽曲でございますよね。
BADも大好きです。
私が彼の曲で好きなのは年代が多岐にわたって、これと決められないところがあります。
T様もお好きと聞いて嬉しいです^ ^
最近ファンクよりの楽曲がまた増えてきてとても楽しい音楽シーンでございますね。
やはりファレル・ウィリアムズの影響でしょうけれど、彼は素晴らしいものを持っているなとよく思います。


私もウルロンで彼らを初めて知りました。
どういうかたちにしろ友人の影響というのは大きいものですね(笑)
そうやって口コミというのは広まっていくんだなあと思いました。
東方神起のファンということは、なかなか辛い思いもされたかもしれないご友人でらっしゃるのですね。
今はふたりのファンもものすごい数になりましたが、当初5人からあのふたりになると聞いて、大丈夫なのかと本気で思ったりもしたものでした。

ディオの歌声は、私も大好きで、彼がラジオ出演した際のものを集めた動画をよくYouTubeでかけっぱなしにしています。
特に、「guilty」がものすごく好きです。
もとよりいいなと思います。
あれカヴァーして音源作ってくれよというくらい。
チャニョルとクリスの声も合っていますし。


私はどうも、マチズモ的な匂いのするものが生来苦手なようでして(祖母と母が気の強く頭の回転の早いタイプなためか)、そういう感じのものがまるで駄目なところがあります。
かと言って、女性がいやがりがちなもろもろがすべて好きでないかというとそうでもなかったりするので、自分でもなにがなんだかではあるのですが^^;
その上男性の容姿にすごく魅力を感じたりすることも少ないので、こうして言葉にすると特に、私は自分でも自分がゲイでないことが不思議になったりいたします。
そこからユニセックス的な存在が好きというのがどんどんかたち作られていきました。
でもユニセックスな方が好きなのは男性だけでして、女性は女っぽい人大好きです。
ボン・キュ・ボンな、色気たっぷりのつややかな女性を見るのが3歳くらいから好きでたまりませんでした。
だから他でも書いたことがあるかと思いますが、私がこうして男性のことばかりブログに書いているのは摩訶不思議でございます(笑)

天才肌な方が好きなのは、どうしても努力する天才には誰も敵わないと私が思っているからでして、そういう意味で手塚治虫、マイケル、浅田真央を尊敬し、愛しております。
ストイックな天才というのにどうにも弱いんです。
私がまったくそうでないので^^;


あ、どこに何を書かれてもまったく構いませんので!!
事実わたくし今話を脱線させまくってお話ししてしまっております。


本当ですよね!!
リパケ、もとからこの予定がすべて決まっていたんだろうか、と考えたりいたしました。
全然あり得ることでございますが、一度出してから様子を見てみるということもあったりするかもとも思いますので、結論付けてはいないのですが。
T様もあの2曲がお好きと聞いてすっごく嬉しいです!!
いいですよね。
ああいう曲を歌うのがEXOだなと思うんです。
タイトルがまずいいんですよね。
「みんな知らない」「彼女は夢の中」(←勝手に(笑))、この英語タイトルも、もし訳したとしても、どちらも刺さるものになるもので、うまいなあと唸ります。
「she‘s dreaming」など中国語では「夢」ひとことで、にくいなあと思いました。
歌詞の内容もすごく練ってあって。
「このラインを超えられる?」や「朝になったら全部消えちゃう」(←また、勝手に)、ニュアンスのある言葉選びにぞくぞくします。
以前も書きましたが、チェンがぐーっと声を伸ばして頑張るところが素晴らしいと思います、夢の方は。
お風呂で聞いてらっしゃるなんて、素敵です!
私の絵はあれちょっともう少し!あれだな!と見るたび思います(笑)


スホへの言及、笑ってしまいました(^○^)
もしそうだったらどうしましょう。
いや、スホの人生ですからどうもこうもないのですが。
彼のことを考えると、そういうことで浄化させてあげたいというような、そんな気持ちになって物語を書いているときがあります。
今の「ことの共犯」もそうですが。
いっぱいいっぱいいやらしい目にあってしまえばいい、みたいなことを思います(笑)
そうすればすっきりするんじゃないかなあ、と。


うんざりなどしないどころかわたくしの方こそ好き勝手に書いて大量の返信となってしまい申し訳ございません^^;
本当に嬉しく楽しいお言葉でございました。

もしよろしければまたこうしてコメントをいただければなと思います。

お優しいお気遣いも痛み入ります!
T様もご自愛くださいませ。

ありがとうございました!!



フェリシティ檸檬



2016/08/30 Tue 14:09:09 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/02 Fri 23:45:38
Re: 今夜はつれづれ : ミス・レモン @-
鍵コメT様


こんばんは!!

本日二度目のこんばんはでございます^ ^

すごく嬉しいです!!

ありがとうございます*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*


わざわざ返信に対してお言葉をくださるなんて!
ありがたいです>_<
わくわくしながら読みました♫


ピアノは一時期週2で通って習っておりました。
集中してやるとかなり気持ちのいいものでして、完全に感覚で弾いておりました。
なので詳しい音楽用語などをもう今あまりきちんと覚えておりません。
習い使っていたのですが(笑)
先生が体を揺らして旋律を歌う横でのって弾くピアノは恍惚となるものでした。
さんざん学校で伴奏ごとをやり、大きな会館でやる合唱コンクールなどでもやる羽目になり、非常に緊張したのを覚えております。
一生でいちばん緊張したかもしれません。
受験やそういうこと以上に、自分が失敗するとクラスメイト全員に迷惑が掛かるという、それをクラスメイトの家族にも見られるというのはものすごいプレッシャーでありました。
あのときがもっともピアノを弾いた時期でした。

バレエはカイを見ていても思いますが、もうまったく、やっているのといないのとでは体つきから違いますので、本当に憧れます。
世の中のあらゆる職業の中でもきついもののひとつだとも同時に思いますが。
あのストイックさも、私の琴線に触れるものがございます。

おお、そうなのですね!!
おひとり、いらっしゃるのですね^ ^
なかなか周りが思うようには、それぞれの資質がありますので難しいですよね。
私はきっと上手に勧めるなどという感じではないと思います、もし子供がいたら(^^;;
やってみ?というくらいじゃないでしょうか。
そしてその意味、意義を普通に教える気がします。
あとさんざんいろんなものを見せ、その素晴らしさを語るのだろうなあ、と思います。
それをうんざりかあっけにとられてか見ている子供のようすが目に浮かぶようです。
私の今一緒に住んでいる人の子供なら、彼は私と得意分野が真逆なので、まったく違うタイプの子供になってしまい、私の好きなものに興味を示さない可能性も大でございます。
そしたら少し寂しいな、と、妄想の中だけで既に思っております。
絵も文章も映像も音楽もダンスも得手でなかったら、どうしよう……とひとり勝手に沈んだりするのです(笑)
馬鹿です。


いえいえ!!
素敵ではないですか、そのバスタイム。
わたくしそういう生活のディテールが大好物でございます。
そういうふうな空間の中に、私のブログがちょっぴり入っているかと思うと、ときめきまくります。
EXOも感無量なんではないでしょうか。
絶対、そうですよ。

ボナペティをお楽しみいただけているのは幸いです^ ^
私もあれを書くのはなんだか楽しいんです。またリアルと違って。


ヘッセは写真を見直したらば、すごくかっこうのいい老紳士でありました。
私本当に、かっけーじいさんじゃん、と、呟きました(笑)
記憶の中では若い写真だったので、その年を重ねた姿の魅力を痛いほど感じました。
なので今T様がおじいさんになりたかったと聞いて、妙に納得いたしました。
私もあんな風になれたらなりたいものです。


私のかなりしょうもない姿を見ていただいてほっとしていただけるなんて、なんと言うかごめんなさいというかありがとうございますという感じでございます(笑)
私はT様の生活を色気ないなあ、なんて、先程も申しましたがまったく思いませんです。
色気というのは日常の中にあって、その日常はきちんとしたお母様の作っているものだとしたら最高なのです。
私の想像がいろんなふうに駆け巡ります。

なのでもしお伝えしたいと思ってくださるなら、コーヒーやお茶を片手に、お気軽に打ち込んでくださいませ。


そうですよね、私も好きなものは何度も何度も見てしまいます。
私浅田選手の、タラソワプログラムが大好きで、「ラベンダーの咲く庭で(ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア)」や、「仮面舞踏会」「鐘」「ラフマニノフのピアノコンチェルト2番」、何回見たかわからないほど見ました。
特にラベンダーは、これで完全に彼女に落ちたという感じで、その大きな白い鳥のような姿は今でも目に焼き付いています。
彼女は人間でないものに非常に親和性が強く、なので春の祭典も、人間としてというより、巫女的な、むしろ神的な何かとして待って欲しいのです。
あと私弦楽器の音がものすごく好きでして、彼女の動きはヴァイオリンともすごく合うので、それを見たいというのもあります。
彼女はトリプルアクセルももちろんですが、それよりなによりその高い身体性と飛び抜けたスタイルの良さと音楽性が魅力です。ものすごいリズム感の良さなんです。

ディオのパフォーマンスはいつも感心しきりで見てしまいます。
よくもまあこんなことができるな、とすら思います。
びっくりします。
腕全部が違う拍を……というような。
ギルティいい曲ですがやはり生まれ持った声とリズム感が本家よりディオが勝るんだなと思います。


スホ、今私は「ことの共犯」にて好きな目に合わせています(笑)
いつか結婚したらものすごい気の強い女にメロメロになっていたら面白いななんて思います。
それでびっくりするような積極的な行為を奥さんにされてあわあわすればいいと思います(笑)


あー、楽しかった^ ^

また、お越しくださいませ!!



フェリシティ檸檬


2016/09/03 Sat 00:28:41 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター