海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160721

冬の夜 (? × カイ)
眠っているとき寒いなと感じると、人のベッドに潜り込んで暖をとる癖がカイにはあった。
決して小さいとは言えない図体をしている彼を歓迎する者などいるわけがない。だいたい女ならいざ知らず男に抱きつかれるようにくっつかれるなどごめんこうむりたいと皆が思っていた。
しかし誰しも人肌恋しいときがある。
恋人と別れたとき。
仕事でミスをしたとき。
家族からあまり良くない報告が入ったとき。
そういうときとカイの癖が発動されるタイミングが合致したとき、お互いの願望が叶えられ、ぴったりと寄り添って眠っているふたりを他のメンバーが目撃することがある。
基本的に冬場しか発生しない季節行事のようなこの一種の奇跡は、当の本人たち以外は苦笑するしかないイベントで、exoの顔としていの一番に表に出ざるを得ないカイを少し甘やかしたいという気持ちが皆の中にあったということも間違いではなかった。
そんなイベントが今まさにまた始まらんとしていた。
カイは足の冷たさから深夜をだいぶ回った頃、人知れず目を覚ました。
ほとんど夢遊病患者のようにベッドから起き出し、本能の嗅覚に導かれ、ある者のベッドにさっと滑り込んだ。
自分より小さな兄貴分の後ろから腕を回し、その体温を全身で感じようとする。冷え切ったつまさきを相手の体の上下に納める。生き物のぬくみにより安心感と満足感に包まれ、再び眠りの世界に落ちなんとしたそのとき、カイの方に相手の顔がぐるりと向けられた。
濃い眉毛の下のすべてのパーツに丸みを持つ、官能的と言っていい顔立ちが、カイの顔のすぐ前にあった。
寝ぼけたカイも、寝息が顔にかかり薄目を開けようとした。
「んー……んで……」
言葉なのかなんなのかも判別不能な音を相手が唇から漏らしたとカイが認識した瞬間、その体に腕が回された。
頭を引き寄せられ、そのままくちづけられる。
さすがに驚き、回らない頭ながらもカイが体を離そうとすると、すぐそのぷっくりとした唇は外され、ぎゅっと体を抱きしめられ、首のところに頭を擦りつけてきた。そしてカイが腕枕をした格好のまま、深い眠りへと落ちていった。
ぽかんと呆けたカイは、抱きついてくる相手をそのままにするしかなかった。
黒い髪の毛がカイの顎をつつき、慣れ親しんだはずの香水の香りがカイの鼻腔をくすぐった。
その日カイが再び眠ることができたのかどうかは、誰も知らない。



おわり



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 短編〈リアル〉
次の魔法まで(シウミン) | しつけのしかた(スホ × セフン)

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター