海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20190809

お返事、やっとできます!!!(涙)
こんばんは。
ご心配をおかけしまして。檸檬です。

結構よくなりましたので、ちょっと頑張りました。

さて、それでは、みむ子様へのお返事をば…。

20180131021312_convert_20190807182631.jpg

毎年お祝いできていることが私にとっても大きな喜びです。そしてそれを喜んでくださることはもっと大きな喜びです。ありがとうございます!!

読み返していただけているなんて光栄の至りです。私自身、あまりしないのですが読み返したりしています(笑)パラレルならではと言えるところもあるかもしれません…。

今回どういった経緯でこのお話が生まれたのかはだいたいをあとがきにて延べましたけれども、みむ子様がおっしゃるようにすべての回を一人称で行くというのが、この前のリクエスト企画もそうではあったのですが、私としては珍しく感じられるかもしれず、実際そう感じられたことをお聞きできて、やはりかあ、と思いました。
いろいろなことを考えた上での決定なのですが、結果それがとても楽しかったと言え、こうしてよかったなと思っています。

みむ子様のベッキョン分析、大変興味深く読ませていただきました。
なんと言いましても私よりずっとベッキョンを、と言うかexoを見てらっしゃるので、みむ子様から知らないことをいつもたくさんお聞きします。そうなんですね、やはり他のグループがいるとかなりおとなしめなんですね~。
確かにきっとそうだろうな、と思いました。
ヘチャンにも思うのですが、みむ子様の言う通り、とても気を遣うタイプの人たちなので、社交的なのだけれども人見知りはするというようなところがあるように感じられ、ベッキョンがバラエティーなどでひとりや少数で出ていると、少し気後れしているなと感じることがちょいちょいあります。
その場でどうふるまえばよいかということをすごく考えてしまうたちだからかなあと思いますが、見ているとなんだか胸がぎゅっとなる瞬間ですね。

blog_import_5149ac49e088a_convert_20190807182704.jpg

しかしいつもみむ子様の感想には思うのですが、なるほどな!というものが入っていますね。
ベッキョンの睨みつけを受けたい!とは…!
私の話の中で明らかな敵意を表現することというのは多くないと思うのですが、今回はベッキョンとヘチャンが互いにそういう視線を送っており、これはどういうふうに受け取られるかなあと少し気になっておりました。
それをこんなふうに表現してくださるとは!感無量です。

そして琥珀や瑪瑙やモスコミュールがお好きとは…!
さすがにそれは想定しておりませんでしたのでびっくりいたしました!!
でもこういうシンクロが醍醐味ですよね…ものすごく嬉しかったです。
私は淡いオレンジがかった照明が好きでして、話の中に描写したような店は行きたいものだなと思いながら書きました。喫煙ok過ぎてちょっと今はきつい部分もあるかもしれませんが。
ああいう場所というのは恋愛を進める効果があると思いますね。まさしくギョンスとベッキョンのふたりは進んだわけですが。
ヘチャンにとっては苦々しく苦しい思いをする場となりましたが、色的にもっとも合っているのはむしろ彼のような気もします。
みむ子様はそれぞれの色や石を考えてくださいましたけれども、こういうのってなかなか難しいですね、どれも合うような気がして。でもおっしゃるのはほんとうにすごくいいと思います。
最近のヘチャンは七色に見えると言うか、ものすごく多様な色彩を帯びて見えるので、オパールはぴったりな気がします。

同居人の人も睡魔さんも、とてもヘチャンに共感と言うか同情をしてくれたのですが、みむ子様もそうであったということで、私は少なからず驚いています。
このヘチャンのことをそういうふうに見てもらえるだろうか?というふうに危惧までは行かないですが思っていたくらいだったので。
ストーカーじみていましたしね。
しかしもちろん私もヘチャンにすごく思うところがあって、ギョンスと出会ったことをかわいそうに思うところすらあります。出会わなければ知らない感情があったかもしれない、と思うからです。けれどそれを知っているからこその人生であるとも言えるのかもしれません。

ヘチャンとベッキョンのコンプレックスに関するみむ子様のお心には、泣けるものがありました。
私もそういう姿を見ると、「そんな気にするな」と画面に向かって語りかけてしまうのですが←、彼らは人気商売なので気にするなって方が難しいですよね。でもやっぱり、彼らの容姿を肯定的に見てくれる人がなるべくたくさん周りにいてほしいと願わずにいられません。

62041494_2163568700422649_8976497590716092859_n_convert_20190807182614.jpg

ドベクのふたりは私の最愛のカップリングです(笑)
今回実感しましたね、ほんとうにふたりが好きだと。これはどういう気持ちなのかと説明するのが難しいくらいです。
正反対の容姿と性格をしたふたりが恋をしていることを想像すると、まさに素晴らしい夢だなと感じます。

今日またお話をあげますけれども、そうした感触をこのお話から少しでも感じていただけたら嬉しいです。

ああ、それにしてもみむ子様にこのお話を書いてよかった…。
私はみむ子様とお付き合いを始めた当初、「心中の道連れ」にコメントをしてくださったことを忘れておりません。
あのお話は私にとってとても大切で、それを汲み取ってくださったお気持ちにほんとうに感動したものです。
そしてそれからみむ子様はずっと私によくしてくださり、感謝しかありません。

お返事の記事をすぐあげられずに申し訳ありませんでした。ようやくあげられてほっとしています。このお話の話、もっとしたいくらいです(笑)

ディオがいなくて淋しいですね…。この二年間をまたいっしょに過ごしていけたらほんとうに嬉しく思います。
もしよろしければ、どうぞよろしくお願いします。

先日のベッキョンソロ記念のお話も、こっそり読ませていただいておりまして、そのうちそろっとコメントをさせていただくかもしれません。
あのふたりが月を見てキスをして…と考えると恍惚としてしまいますね←




檸檬




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (1) | お返事
今夜リクエスト企画のお話あがります | お返事したいですよ~!!

comment

お返事ありがとうございます<m(__)m> : みむ子 @-
檸檬様、

お加減よくなったようで安心しました。
しかし無理せずにしてくださいね。
とはいえ、まだ万全ではない中、お返事ありがとございました。
私のウザいくらい(笑)の長文コメントにお応えいただき感謝でございます。

そして「このお話の話、もっとしたいくらい」ということで、そのお言葉に甘えて、またやって参りました(笑)

あの長いコメントを投稿したあと読み返しましたら、あれ?このお話の本題であるドベクについてほぼ語ってないじゃない!と自分で驚き、自分で自分にツッコんでおりました(苦笑)

それも仕方ない、かなりドンヒョク寄りになってしまっていました。
ですが、だからといって、ですよ(^_^.)

ということで。

いつもの定食屋で2人で食事をとり、いつもは1人で行くジャズバーにビョン・ベッキョンを連れて行った「俺」。
きっとなんてことない風を装っているけれど、1人で行く時とはまったく違う状況にあるであろう「俺」。

しかしビョン・ベッキョンという男が場を弁えられる男だということを改めて知り、連れて来たことが間違いではなかったと「俺」は安心したのではないかな思ったり。
その本質はもしかしたら、自分の気持ちが間違いではない、と確認できた安心感とも通ずるかもしれないとも思ったり。

けれどそんなほっとした気持ちも束の間「俺」の目の前に覗く緩められた襟元の細い首に、かなり男の部分が刺激されちゃった様子。
だけどそんなことはおくびにも出さず、笑い合いながらの会話を続ける中でビョン・ベッキョンの体は揺れ、さらに開く襟首に溜まらず指先が伸びてしまう「俺」。
しかしそれに体を強張らせたビョン・ベッキョンに瞬時に「俺」は少しだけ傷ついたかもしれない。

だがそれはビョン・ベッキョンも同様で、連れて来てくれた「俺」ことド・ギョンスが、この雰囲気に相応しくないと気分を害したのではないかと心配になったかもしれない。そんな気持ちの現れで気まずそうな表情をビョン・ベッキョンはしたのかも。

これはもうお互いがお互いを意識している証拠ではなかろうか。
そしてこういったお互いの気持ちが拮抗している状況が堪りませんね。

この後編での語り手はド・ギョンスですが、その相手であるビョン・ベッキョンの心中(しんちゅう)も容易に想像できてしまう。
そういった前段があるとはいえ、もう揺るぎなくお互いの気持ちは同じところにあると理解できる。

ああ、「心中の道連れ」の時も思ったけれど、檸檬さんが描くこういった状況になるまでの描写は最高です!

ただトイレの壁にド・ギョンスに押しつけられた時、なんかちょっと安心したんじゃないかなと思ったりします。
「一緒に来たかったから」と言われたけれど、その一緒に来たかった理由は相談を持ちかける為と思ったのに、相談なんかないと言われしまう。
じゃなんで一緒に来たかった?とまた振出しに戻り、もしかしたらという思いが巡るが、それもまた否定して振出しに…。
そんな堂々巡りを繰り返しているうちに知らず知らずのうちにビールを呷り酔ってしまう。(観葉植物の影に隠れている彼もまた、別の意味でモスコミュールをかなり呷ったであろうが(笑))
たぶんそんなにアルコールに強い訳でもなさそうだし。(あくまでイメージですが)
だからちょっとかっこつけて空元気的に「元気出せよ」なんて言ったのに、まさかのそれが引き金になるなんて…(いやもしかしたら言葉なんて関係なく、ベッキョンのあの特徴的な声と潤んだ小さな黒い瞳が引き金か?)

このあとは先日のコメントに書いたようなトイレでの場面になる訳で、そこからはちょっと私の行き過ぎたドンヒョク贔屓になりますので、割愛致します(笑)

しかしそのドンヒョクに見られたことでビョン・ベッキョンさん、たぶん逆に冷静になったんではないでしょうか?
そして同じ気持ちなんだということに自信を持った。
もうこうなったらビョン・ベッキョンは無敵でしょうね。

自信家である部分もあるものの、やはりどこかド・ギョンスに対して気後れしていたけれど、もうこうなったら、ね。

でも「俺」も負けてはいないでしょうが(笑)

ああこの2人、いいですね^m^
すっごく素敵なカップルになること間違いなしです!私が保証します!←

なんだかまたまた長くなってしまいました><
お返事はご無理なさらずで大丈夫ですよ(^^)/
勝手なことをまた書いておりますので(笑)

また近々お伺いします!
では!

みむ子
2019/08/11 Sun 00:53:26 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター