海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160719

あとがき「束の間から」
こんにちは。
ここまで「束の間から」、お読み頂き、誠にありがとうございました。
今日で完結となりました。

私の書いた話の中でも、結果、非常に趣の異なるものとなったかと思います。

「人さらいの条件」も、ある種独特の雰囲気を持った異色作ではありましたが、この「束の間から」は、他の作品にはない軽みと若さがありました。
それはベッキョンとチャニョル、ふたりによるものとしか言いようがありません。

ベッキョンは、カイと並び私の中で挑戦するような感じのタイプでして、それもあり、初めてこの作品で1人称を用いてみました。
久しぶりの1人称で、最初は書きづらさがかなりありました。
完全にベッキョンのひとり語りをものにしたという感じはありませんが、3人称とは違う面白みが、私を楽しませてくれました。

皆さまにもその感じを少しでも受け止めて頂けていたら、すごく嬉しいなあと思います。

また、ベッキョンとチャニョルが恋愛関係に陥るというのはなかなかに難しく、こうして体の関係を双方いたし方なく持つことから始まるということになりました。
これは「受容について」を思い出される方がいらっしゃると思うのですが、ふたりの気持ちがほとんど同じであるという点が、このふたつの話を決定的に分けています。
一方はすれ違い、一方はともに細い同じ道をはみ出さず、遅れたり先走ったりしながら歩いているというような感じです。

この終わり方を、読まれた方はもう少し突っ込んで欲しかった、と思われるのか、それともこれくらいでいい、と思われるのか、どうなのかなあと考えています。
私は書き始めからだいたいこういう結末を想定していたので、それを変えることなく最後まで終われ、満足なのですが、物足りなく感じる方もいらっしゃるのかなあなんて想像したりします。

私の作品は、よく読まれている方はお分かりでしょうが、D.Oとチャニョルの登場頻度が高いです。
それはいろいろな理由がありますが、ひとつには彼らの精神性が私にとって魅力的だったり、書くのに抵抗がなかったりするためというのがあります。
この作品にもふたりとも出てきました(笑)
しかし例えば「シング シング シング」、「憂鬱のすきま」の彼らとは受ける印象がかなり違うと思います。特にチャニョルは。
元は同じ人物ですが、接する人、また、私がなにを拡大して物語るかということで、そのキャラクターが違う人間のように感じられるというのは、興味深いことですね。

チャニョルがベッキョンに好き勝手するさまは、私にとってもひどく楽しい創作でした。

果たして、このあとベッキョンはどうするんでしょう?
チャニョルも。
どこまで、なにを、どうするのか。しないのか。

それは皆さまにも想像してみて頂ければなと思います。


感想やご意見があれば、なにとぞ、お寄せください。
励みにし、より、頑張れます。

ご愛読頂き、ありがとうございました。
重ねて感謝申し上げます。



フェリシティ檸檬




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (3) | 束の間から(チャニョル × ベッキョン)
慈雨、降りそそぐ 1 | 束の間から 26 《終》

comment

拍手コメントT様へ : ミス・レモン @-
鍵コメT様


おはようございます!

コメントありがとうございます^ ^

「束の間から」、お読みいただき、とっても嬉しいです!!


このふたりは私の作品の中でいちばん若者らしさと軽さを持ったお話で、かつ性行為をこれでもかと描いたものにもなりました。
順番逆だった系とでも申しましょうか。
確か「人さらいの条件」を書いたあとでして、反動でこういうものを求めたのだろうと思います。
チャンベクものというのはほんとにポピュラーで、私自身も読むのは好きなんですが(やはりそのポップさが魅力だと思います、楽しく読めるといいますか)、自分が書くとなると、このふたり、恋…する…?みたいな感じになってしまうふたりでして(たぶん全然お互いを好みでないんじゃないかと思えます)、でもなぜか書いてみたい感はあり、こんな設定にした次第でした。

自分でも読み直しますと、こんなこと書いてたかあ、と思うくらい、なんと言いますか、いろいろむき出しなところのある話でして、でも自分でも読んでいると楽しめるという、不思議な作品でございます。
今回T様に読んでいただけたと知り、ばーっと読み直しましたが、ふたりのセリフや行動で、好きなものが結構あるなあ、と思いました。

個人的に、ふたりが控え室でいたしてしまうとき、辛抱たまらんチャニョルがベッキョンごと後ろの化粧品をなぎ倒すところが好きです。

最終回の夕日の中のふたりは、なんだか切なくなりますね。
このふたりが一緒にいると、そういう、高校生のようなたたずまいが勝手に出て、ああいうシーンになりました。
一応ちょっとした番外編も書いてありますが、それでも、このふたりどうするんだろ感は変わらずありますね。

そんな七夕みたいなロマンチックな関係に、もっと年を取ったらなれるかもしれませんね。
チャニョルが頑張れば(笑)
宝石みたいに素晴らしいセックス。
素敵だなあ。

確かに、チャニョルはひどいですよねー。
私は自分の書いた作品の中でこいつひでーなと思うのは、「受容について」のセフンと、この話のチャニョルと、全体的なカイと、今日終わりを迎えた「来訪者は真夜中に」のルハンです(笑)

それぞれ、そういう相手を選んで、甘えてるんだなあと思います。

読破いただき本当に幸せでした^ ^

また、どうぞお越しくださいませ!!



フェリシティ檸檬

2016/09/02 Fri 10:27:34 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/02 Fri 22:22:18
Re: 私のカメラも回ります : ミス・レモン @-
鍵コメT様


こんばんは!!

毎回素敵なコメントを下さって本当にありがとうございます^ ^

そんな風に返信を思って下さっていること、胸が熱くなります。
拙い内容、文章で申し訳ありません>_<

貴重なT様の時間を使ってこうしてコメントくださること、わたくしいつも心より感謝しております。


そのシーンをどきどきしてくださったと聞いて、すごく嬉しいです。
やはりどきどきして欲しいと思って書いておりますので。
ガラスの鋭い音がしてくるように書きたい、と念じながらパチパチ打っているのです…。
カメラは是非フィルムがいいですね!!
私はデジタルより断然フィルム派です。
このシーンは細かく割って、若き日の森田芳光風にいきたいななんて思います。

ベッキョンの常識人な感じ、分かります(笑)
あの子ほんとに同時にいろんなことを考えているのが分かりますよね。

エジプトの民族音楽、どんなものでしょう!!
なんとなくしかイメージが今現在できておりませんが、今度調べて聞いてみたいと思います^ ^
万華鏡……そんな素敵なことにT様の中ではなっているのですね〜!!
いいなあ。
あのシーンは話全体でも気持ちよさを感じるもののマックスでございましたね。
私もそう思います。

文言、確かそれで合っておりますよ!(←うろ覚え2(゚o゚;;)


好きなキャラクターを先に読んでしまいますよね〜!
分かります>_<
私もまったく同じことをします。
私、T様がまだ確かこうしてコメントをくださる前、拍手をしてくださっているときに、「心中〜」に確かすべて押していただいて、それがとっても嬉しかったんです。
他の読者様にもお伝えしたことがありますが、私自身この作品がとても好きなので。
すごく私らしい作品だとも思っています。
それを気に入ってくださったんだなあと、感動しておりました。


私は、特に「受容〜」のセフンの当初は、ほんとにこのセフンはひどいのでクレームがくるんじゃないかとすら思っておりました(^^;;
ですが逆にいちばん人気がある作品で、作者の想像と違うところに読者様のお気持ちはあったりするんだなあと思った次第です。
いえ、その後の展開などから、ドラマチックさを感じられ、最後カタルシスを得るのはよく分かっておりますし、この流れは私自身とても好きなのですが。
シウミンが女だったらセフン……お前……的な。
BLですし、本当に無理やりだったわけではないのですけれど。
シウミンは怪力なわけですし。
でも、幼さからくる傲慢さがよく出ているなあと自分でも思います。

カイはやっぱり天然というか、天才肌の変人ぽいところがあって、書くのにいつも非常に苦労します(^^;;
モラン(笑)
確かにです!!
このディオもかわいそうなのですが、チャニョルもかわいそうだなと思います。
カイの相手は基本かわいそうです。
だけど憎めない、という。
素晴らしいなんて!!お恥ずかしい>_<まだまだでございます。

ルハンのひどさは、お読みいただいてからご判断いただきたいと思いますが、書いていながら、こいつ……と私実は思っておりました(笑)
シウミン!!みたいな。
いつか是非ご感想をお聞きしたいものでございます。

確かに、あのあばらが浮いたような胸の感じとか!!
戦場のメリークリスマスを今思い出しました。
私は大島渚監督のファンでもあります^ ^

ああ、いつも脱線しまくってしまい申し訳ありません。
よろしければまた、お気軽にコメントなど下さいませ♪

お待ちしております!!


フェリシティ檸檬


2016/09/02 Fri 23:32:58 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター