海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160719

束の間から 21
その言葉通り、チャニョルはやって来た。
鍵を閉めて俺を見ると、ちょっと後ろめたそうな、不思議な笑みをこしらえた。
夜這いに来る男って、相手からすると間が抜けて見えるもんだな。
俺は俺に性的な目を向けているチャニョルを見ると、男全般、ひいては自分のさまざまなその方面に関することついて、いろいろと思い知らされた。
邪な輝きで目を満たしている顔は、向けられた方はどんなふうな心地がするか。
自分のベッドに胡座をかいて座り込み、俺は楽譜を見つつ歌い、開いていた口を閉じ、チャニョルがこちらに来るのを眺めていた。
「練習してんのか?」
「おー」
楽譜を、端を揃えるようにして重ねる俺の横に、チャニョルが腰掛ける。
俺は手に楽譜を持ったまま、チャニョルの顔に顔を向ける。
ベッドに体すべてを乗せず、足を床につけた状態で座ったチャニョルは、こちらを振り向く格好で、俺の顔を見ている。
「………化粧落としたんだな」
ぽつり、と低い声が言う。
「…とっくだろ」
視線を合わせたまま、俺は答える。
「…………まあでも、な………」
意味の分からない言葉を続けると、俺の顔全体に目をくるくると走らせていたチャニョルは、脚をベッドに乗せた。
俺の手から楽譜を取り、横に置く。
ずるずると俺を引き寄せながら自分も俺に近付き、俺は両方の二の腕を掴まれて、チャニョルからのキスを受けた。
どんなにキスを重ねても、チャニョルからされるそれは、なにかしら俺を驚かすものがあった。
しっかりした肉感的な唇のかたち、敏捷な舌、そして溢れんばかりの情熱が、そのくちづけを普通のそれとは一線を画させているようだった。
俺は頭の中が、焼いたトーストの上のバターみたいだった。
なぜ、こんなキスをされながら、彼女たちはこいつと別れられるんだろう?
ごくごく単純に、俺は不思議に思う。
それが交際のすべてでないと分かりながらも、そう思ってしまうほど、チャニョルの口は蜜壺のようだった。
俺はあの黄色いぬいぐるみの熊のように、うっとりしながらそれを味わう。
チャニョルの手に力が込められ、俺の腕はどんどんと熱くなった。
心臓の鼓動が常より速いリズムを刻む。
風邪でも引いたんだろうか。
そんな考えがよぎるほど、俺はぽうっと体が火照った。
控え室で、半裸だったしな。
とろけたバターの脳みそは、思考を始めてもそれの行き着く先をなくした。
おもむろに、キスは止まった。
閉じていた瞼を上げると、チャニョルが上の服を脱いでいる。
明るく照らす蛍光灯のもと、その体は俺と同様熱を持っているのを示し、赤い。
もうすでに、妖精の耳も、色が付いていた。
息苦しいというように、チャニョルは口を大きく開け気味にして呼吸をしながら、俺を急いた。
しかたなく、俺も急いで服を脱ぐ。
「全部」
雑にそう言われると、むっとしながらも従って、下着のパンツまで取り去った。
そこに付いたシミは、見なかったことにして。
チャニョルもすっかり真っ裸だった。
屹立した部分は、どこかに収まりたくてしかたないというように、俺の方を指している。
「……電気消せよ」
俺はチャニョルから体を隠すようにし、そう告げる。
どすんどすんと足音を立てながら、チャニョルはスイッチに向かう。
ライブのときのような集中と高揚をもって、それを顔に出し、チャニョルは戻ってくる。
眉の間はシワがより、口は開いたまま、目がらんらんと光っている。
俺の肩をぐっと掴み、自分に向かせ、また唇を塞ぐ。
「んぐ」
俺はその性急さを、ただ受け入れるしかすべはない。
チャニョルの手が俺の後頭部を抱える。
そして自分に押し付ける。
息が、できない。
「んんー、んん」
鼻からふごふご息を抜く。
唾を舌と舌で跳ねさせて、チャニョルは呪縛を解く。
見上げると。
目が。
その、大きな大きな目が。
俺はキスの最中でないのに、また脳がバターになる。
チャニョルが、そのトーストを食い尽くそうとしていた。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 束の間から(チャニョル × ベッキョン)
束の間から 22 | 束の間から 20

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター