海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20160716

シング シング シング 1
ハミングが聴こえる。
フランク・シナトラだ、とつぶやきながら、眠りから引きずり出されるようにチェンは目を開けた。
カーテン全体が発光するようなまばゆい朝の光の中、綺麗に刈りあがったうなじ、真っ黒いシャツ、ボタンをつけているらしい華奢な背中が見える。柔らかい歌声が覚醒とともによりくっきりと耳に届く。
カチャ、コッ、コト、と、キッチンの方から音がする。香りでわかる、ミンソク兄さんがコーヒーを淹れている。チェンの口はもうあの香ばしさで溢れる。
「それ、なんて曲だっけ」
羽毛布団をずり下げながら、後ろ姿に話しかける。
ギョンスがくるりと、独特な繊細さとぞんざいさで振り返り、またそっぽを向いて、
「おはよう。うるさかった?」
と着替えを続ける。チェンのベッドに腰掛け、黒い靴下を履いている。見なくても、黒だ。絶対。チェンはおもわず微笑んでしまう。
「うるさくないよ。続けて」
「やだ」
立ち上がってギョンスはすたすた出て行った。
ベッドに起き上がったチェンは、ギョンスの座ったベッドの凹みをぼんやり眺め、二の腕をひっかいている。

朝のキッチンはいつもシウミンの香りでいっぱいだ。
コーヒーはとてもミンソク兄さんに相応しい、とチェンは毎朝繰り返し目覚めとともに考える。あの深い焦げ茶色も、味の苦味も、脳を占領するような匂いも。力強さと誠実さがある、とチェンはまだ夢見心地でシウミンの顔を見、コーヒーを口に運ぶ。毎朝。
「おはよう。コーヒー飲むか?」
シウミンがテーブルについたギョンスにコーヒーの入ったマグカップを出しながら、入り口に立った チェンに気付き問うた。
「おはよう。うん、欲しい。ありがと」
ギョンスは向こうを向いており、再び白く細い首しか肌は見えない。しかし、コーヒーを飲もうとうつむいたほほが、柔らかな丸みを帯びているのが歩きながら目に入った。チェンはギョンスの斜め向かいに腰を下ろした。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (-) | comment (0) | シング シング シング(D.O. × チェン)
シング シング シング 2 | 心中の道連れ 4

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター