海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20190731

あああ、やらなくちゃよ!
素敵なコメントをいただきまして…。
ありがとうございます!!
同意してくださり嬉しいです。どうにもこうにもいたたまれないなというような気持ちになること、やっぱりありますよね。
ライムスターの宇多丸がラジオで「女性の膝より上はもうすぐ股間という意識が男にはある」という話をしているのを聞いたとき、ああ、そうだろうなあ…とものすごく納得しまして、それを彼女たちを見ると思い出してしまいます。
髪をいじくるのは性的なアピールですしね、どうしても。
オッパは魔法の言葉…と言いますか、私はこの年功序列意識みたいなものをどう自分の中で落とし前をつけるのか、ということについて、まだまったくもって揺らいでいるといった感じです。





ちょっと現実逃避を。

手作りシリーズ。

20190731191721a00.jpeg


友達の結婚に際して作ったリングピロー。

20190731191744734.jpeg


20190731191808f08.jpeg


プレゼントのティッシュカバー。

20190731191827088.jpeg


20190731191844d1e.jpeg


これもプレゼントの鍋つかみ。

201907311914400e8.jpeg


20190731191456977.jpeg


出産する友人に作った大きなポーチ。

20190731191511b5c.jpeg


20190731191526eaf.jpeg


友人の誕生祝い用のこれまた大きなポーチ。

20190731191605757.jpeg


2019073119162106c.jpeg


ポケットティッシュカバー。これもプレゼント。

201907311916408b6.jpeg


20190731191654c2f.jpeg


母の日ギフト。私の部屋着とお揃いです。

睡魔さんに作ったものも以前載せたことがありましたね。
いつも何かしら作りたいのですが、猫らがいるのでなかなか難しいところもあり、いつも欲求不満です。

あれもこれもしなければならないのに、ああ……。



フェリシティ檸檬



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 未分類

20190731

簡単に言うと時代錯誤って感じ
おはようございます。

美味しいパン屋のパンが美味しい。檸檬です。

昨日乾いた洗濯物を畳んでおりましたら、



これは対みたいだなと、ひとり喜んでおりました。
なんと夏らしいワンピース二着だろうと思いますね。
ボタンがずらっと並んでいるのと、襟の形がラウンドしていて首元がすっきりしているのと、色柄が大好きです。

で、戦利品ですが。骨董市のですね。

青い食器類。

LND_131332A9-4494-4DEB-8375-459CED5E67E8_convert_20190731092754.jpg

その日マグカップを買えるとは思ってもみませんでした。

LND_3D6FA24C-25DC-44CF-B5C0-DB320BEE8E67_convert_20190731092709.jpg

足台の付いたマグカップが好きでして、でも『マグ』という点が非常に重要なので大きさは無下にはできず(私は大きいものの方が可愛さも見出すたちです、動物然り)、いつもここらへんで却下されていくのですが、これは素晴らしく求めるものを備えており、その上深い青が使われているということで、おお…!と、購入。
私は基本白いだけの食器(特に磁器)というのにほとんど興味がないので(益子焼の象牙色のようなものは大好きですが)、色と柄がとても大切なのですが、これはそれもなかなか。やちむんのようなドット系なら完璧でした。

小さな鳥たち。

LND_834A2B72-4F17-45DE-9AF2-756153C6D9CF_convert_20190731092629.jpg

箸置きかな?と思ったら、置物でしたね。フラミンゴの前に並べてみました。

LND_9AD8954E-6676-415E-AA3C-E4B66F09EE88_convert_20190731092608.jpg

派手やかなオウム。私はタイハクオウムがかなり飼いたい。
隣の可愛いパイナップルのマグネットは小さな女の子からの手作りの贈り物。
南国感抜群ですね。

LND_F563D424-74D1-45A7-8460-51634F1FAE3B_convert_20190731092651.jpg





この動画が好き。



何度も見てしまう…。

マークはヘチャンに対しほんとうにいろんな感情が湧くのだろうなあとよく思います。





You Tubeの広告と言うか宣伝で「天気の子」ですか?の映像が流れてきますが、私は新海誠監督の作品がほんとうに苦手ですね。ものの数秒でぎえええええとなりますよ。
日本の男性の(殊に創作に携わるタイプの)個人的に好きでないところが凝縮したような作り手だなと思います。
女の子の走るときの手の動き、なんなんですかあれ。
この監督が撮った映画が大ヒットするとかほんとうにすごいことだなとぞわぞわします。
結構真面目に、ああいうものを受容しない方がいい、特に女性のために、というふうに思いますね。よくないジェンダー観が満ち溢れている印象です。

それに関連してと言いますかなんと言いますか、私は以前記事にもしたことがあるかと思うのですが髪の長い女の人がそれをいじるさまがあまり好きではありません。特に掻き上げる系が。
そして先日、kpop女性アイドルが実は得意ではないという話をしましたが、韓国だけに限りませんが、彼の国に多くいる髪を長く伸ばして脚を晒し、ぱっと見不機嫌そうな女の子たちを見ると、なんだかもやもやするのですね。
ロングヘアやショートパンツが嫌いというわけではないのです。むしろ場合によっては大好きですので。
そうでなく、ほとんど常にそういう格好をして、髪をいじって口角を下げて、男の人の前でだけ甘い声で「オッパ~」というようすを見ると、喉のあたりを掻きむしりたくなる感じがあるのですね。
きいぃ~!!モテやがって~!!!とかそういうことでなく、上に書いたように、ジェンダー論と言うか、フェミニズムについてと言うか、そういうものを反射的に考えてしまうのです。
私は周りにこういうタイプの女子が大変少ないため、あまり目にしたことがないこともあって、韓国関連の映像で突然目にするとうっ…とかなってしまったりします。
日本のテレビは最近見ておりませんが、アイドルなど、女性芸能人はもっと、もうバラエティー能力が高くないと生き残れないため、むしろこういうのはずっと少ない印象です。と言いますか不満そうな表情をするなどということが許される環境ではない感じですし。
これは私の性格の問題でもあるのですが、視界に入る人の心理状況などをものすごく感じ取る方なので、立腹しているっぽいな、とか不満そうだな、という情報で感情がかき乱されることが往々にしてありまして、それが苦痛とも言えるわけです。
そんな問題もあって、例えこの中の誰と誰が付き合っていてもまったく気になったりしない(あるいは興味津々)にも関わらず、女性アイドルと男性アイドルが混じってテレビに映ると勝手にどきどきしてきます。
そうなるたび、男が女を好むということ、などを考え込んでしまいそうになり、慌ててその動画を見るのをやめるのです。




フェリシティ檸檬




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (1) | つれづれ

20190730

あとがき「きみが、きみに、きみと、きみは」
おはようございます。

昨日は恒例のセール日で、張り切って戦場に出掛けました。檸檬です。

その戦利品の一部。



蝶のブローチは西ドイツ製らしいです。すっごく可愛くて軽くていろんなふうに使えそうでとても嬉しいです。

持っている折りたたみ傘が壊れまくっているのでずっと欲しかったのですが、

LND_218A2658-10F3-41DC-8DEB-39CA9EE20C38_convert_20190730082250.jpg

ジバンシィのこれを買いました。リボン部分と柄のドットが好みです。

LND_30BF9E9D-2A4C-4FFD-BE92-7C67E73BBECA_convert_20190730082413.jpg

これでは分かりませんがドット柄と赤いものはワンピースです。
フルーツ柄のタンクトップは一も二もなく買いました。超安かったです。

戦利品と言えば。

LND_CCBB78CA-CD91-454E-8D56-E1158BB5B3A4_convert_20190730082352.jpg

骨董市の戦利品の一部。
これで結構サイズが大きいのがほんとうに嬉しい。しかしまあ柄が可愛すぎますね。

LND_A6ACF2EB-2944-41C6-B315-4AFE54D62784_convert_20190730082329.jpg





さて、あとがきですが。

「きみが、きみに、きみと、きみは」、たくさんの拍手をありがとうございます。
このことで、やはりファンの方というのは、グループのファンであるという意識が強くてらっしゃるのが一般的であるのだなということを実感しました。そういうことでなく、単にお話を気に入ってくださった方ももちろんいらっしゃるとは思うのですが。
それがいやだとかではないのです。お気持ち、よく分かるなと思います。
ただ私や、特に睡魔さんはたくさんグループを越えたカップルを書いていますが、そういうのを求められる方というのは少数派でらっしゃるのだという事実を改めて確認したという感じでした。
ほんとうに分かりますです。NCTのシステムなど、やはり首を傾げたくなってしまいますものね。

とにかく多くのご支持をいただくことは大変嬉しく、励みになることです。
心から感謝申し上げます。ほんとうにありがとうございました。

そして、これはリクエスト企画であったということですね。
M様からのご依頼でありました。M様、素敵なコメントを下さってまことにありがとうございました。

「シング シング シング」のディオ×チェンがお読みになりたいとのお気持ちを、歌がお好きなお気持ちと共に熱く語ってくださっていまして、お読みしてこちらまで情熱を燃やしてしまうという心境でありました。
このふたりの話はずいぶんと久しぶりでありまして、もう内容の記憶がおぼろげなところもあり←、ですが自作を読み返すといろいろなところが目について修正したくなってしまうものですので、こんなふたりであったよなあ…ということを書く前にかなり頭の中で思い浮かべておりました。
そして実際書くにあたって、他の方からのご依頼もそのときには来ていまして、そしてイベントなどもありまして、それらと合わせてあれこれ考えてみたところ、ちょっとした思いつきをいたしまして、このお話にはある仕掛けを施すことにいたしました。大したことではないのですけれども。
勘のいい方はもうお気付きになられているかもしれません。まあ繰り返し申しますけれども、お気付きになられていなくともそんなにたいそうなことではありませんので、あまり期待はせずに、今後の展開を見守っていただければと思います。

そんなわけで←、ベッキョンが出てまいりましたね。
このシチュエーション、覚えてらっしゃる方がいらっしゃるかもしれませんが、以前企画で全長編の番外編を一気に上げたことがありましたが、そのうちの「心中の道連れ」のそれにかなり似ています。
そしてまた、これもリクエストだったかなと思うのですが、過去また別に「シング~」の番外編のような短編を、ディオ視点で書いたことがあったと思うのですが、それにおいてディオがいつチェンに恋をしたのかというのを明らかにしたのですけれども、いつと言うか、こういうときに、という感じではありましたが、それと対になるような話にある意味なっています。
そうしますと全部繋がっているようなふうに読めなくもないかもしれない…となりまして、となるとディオが「人さらいの条件」でカイともひと悶着ありましたし、チャニョルにもどうやら懸想されている雰囲気がありますので←、長編だけでもディオはメンバーの大多数から恋されている、という状況になりますね←
いえ、冗談ですが。

しかし仕掛けというのはこれのことではないのです。
それがどういったものになるのか…は、おいおい明示されていくと思いますので、ささやかなものではありますけれども、お楽しみいただければ幸いです。

M様から音楽の話を承りまして、なるほどな…と思いましたのですが、私はこの話の彼らについては、確かつれづれかあとがきかに書いたかなと思うのですが、EXOの「love、love、love」をまあひとつのテーマソングのようなものにしていたりいたしました。
また、ダイアナ・クラールの「the look of love」をこの時期よく聴いていまして、これもそうと言えるかもしれません。



私は恋というものを、それをするともう後戻りができないもの、というふうに捉えているところがありまして、特にこの人と出会ってしまったらもう終わりである、という出会いは運命のように言われることがあると思います。
そしてディオのような人に出会って、彼に恋をしてしまったら終わりなのではないかと思うのですね、個人的に。それが常に話にかなり表れていると自分でも感じます。

M様はこの話をお気に召してくださったかどうか…気になるところです。
シング~と違い、チェンの一人称で書きましたし、雰囲気等、長編とまったく同じものにはなっていないかと思います。
しかし音楽を通じての彼らの交歓というものの根本のところは描いたつもりでおりまして、私もそれはとても真剣に、また楽しんで書きました。
ほんの少しでもお楽しみいただけれているといいなあと願っております。

ご愛読いただきありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。





ふと思い出しましたのですが、昨日の記事にも通じるような話なのですけれども、昔ネットで知り合ったマイケルファン仲間の方が、マイケルが出たドキュメンタリーを撮った男のことを、「マイケルが『ぼくはよく木に登って音楽を作るんだよ』と話したことを馬鹿にしたことを絶対に許さない」という話をブログか何かで書かれていて、私はそれを読んだときとてもその方が好きだなあと思ったのでした。



フェリシティ檸檬





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20190729

汚れないものに惹かれる気持ち
おはようございます。

ジョンウってはっとする瞬間があって、何より話し声も歌声もほんとうにハンサム声と言うかイケメン声なことに何度接しても驚きますね。檸檬です。

スタイルが死ぬほどいいなあ!とか、野心が大きそうだぞ!とか、彼を見ていると結構いろいろ考えます。

また夕飯を食べに出掛けました。

私は形としてタンクトップが好きです。前も後ろも、首周りのラウンド加減がポイントになってきます。
キャミソール全盛の時分、流行りで持ってもいましたけれども、これすっごくスタイル悪く見える代物だわあ、と強烈に思っていました。
でも今はそれはそれでダサくていいじゃん←、という感じでデザインがよいと買ってしまいますけれども。

IMG_20190728_173300_convert_20190728201007.jpg

たまにものすごく気に入るオレンジ色系統があります。
でも持ち駒が少ないので合わせるパターンが多くなく、自然出番は少なくなります。
ぱきっとした色というのはなかなかコーディネイトが難しかったりしますよね。

毎度おなじみ中華です。

LND_588C161F-CCF3-4CD0-B4C8-E7A5F9C066C8_convert_20190728201856.jpg

LND_AB085C69-228A-400F-8322-366C069C920F_convert_20190728201954.jpg

どちらも初めて食べましたが美味しかったです。
店で注文するにあたっていろいろと目映りしている最中、夏というのは海鮮を欲するものなのだな…という話をふたりでしていたのですが、あとから入ってきた非常に上品な年の上の女性とその連れの女性が海鮮あんかけバリそばという同じものを注文していて、その確信を深めたのでした。

IMG_20190728_191656_convert_20190728202127.jpg

空が夢のように美しい日暮れでした。
同居人の人のスマートフォンのレンズのよさに嫉妬。

LND_C45F9531-D76C-45DD-AFEC-6D85E9704092_convert_20190728202145.jpg

二匹が近い距離でこういう顔をしていることってあまりないので、ふたりで萌えながら激写。
目が丸い…。可愛い……。





お話ししたとおり靴擦れで足がこれでもかってくらいやられてしまいましたので、

LND_638DCB34-B73A-4EAD-B839-B44FC3A39B6E_convert_20190729095000.jpg

靴下×サンダルです。
この靴下好きなので、それはそれで嬉しかったりする複雑な乙女心←

LND_1782B2CE-E2D4-44FF-AFB3-9C48080859F9_convert_20190729095105.jpg

LND_3D340A66-C4C9-4B9D-8A1D-F6173B266C4E_convert_20190729095134.jpg

すごく素朴に美しかった、ビビッドな色の花。

朝ごはん。

LND_2BFCB71A-C33A-4429-8ED3-19466CE8D0D9_convert_20190729095044.jpg







この動画、知ってはいたんですが見ておりませんで、ようやく観賞したところ、自分で書いたものを思い出し、感慨深くなりました。
特にマークが真剣に季節に合うNCTの歌を考えるようすがほんとうにマークって感じで、思わず同居人の人に見せ、ふたりでほっこりしていたりしましたけれども(同居人の人はマーク知らないですが、この人のこのいわゆる天然と言うか、無垢な感じ分かるでしょ、と話して見せたのです、納得して興味深そうに見てました)、こういう魅力を絶対に失わないでほしいと強く思いました。
シウミンと昔コラボしていましたが、その曲はそこまで好きとかどうとか言う感じではありませんでしたけれども、その活動中インタビューで自己紹介するときマークがシウミンのあとでおそらく引っ張られて「エク…」と言いかけてシウミンに「お前EXOなの?」と笑って突っ込まれている姿はとても素敵で、シウミンとはまた違ったチャーミングさがあり、このふたりが一緒に何かしている姿は胸ときめくものであるなと思い出しつつ考えました。

ヘチャンがマークのそういうところを分かりやすくからかったりなどしないところはほんとうにヘチャンだなとも思いましたし、彼がテイルのことをとても好きなのが(途中声だけ出るのですが)よく理解できるなと思いました。
マークとテイルにはどこか共通したところがあり(単純に似ている、という話でなく。ものすごく端的に言うと純粋無垢で裏表がなく、体が楽器のようなものであるというような本質的なところ)、私は彼らにすごく惹かれるんですが、きっとヘチャンもそういう部分があるのではないかなあと推察できる動画でした。

突然ポイスパーカッションを始めるマークに合わせるヘチャンがもう最高です。
あと私もtouchだと思いますよ。



フェリシティ檸檬




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20190728

なんっも分かってない
こんにちは。

ほんとうにね、足がズルムケなんですよ、泣けます。檸檬です。

昨日祭前に骨董市に行ったんです。



ほんとうに真夏の格好となりましたね。

ずっと行きたかったのですがなかなか行けずにおり、念願叶ってようやく店を回れました。

IMGP9659_convert_20190728062603.jpg

そしたらなかなかいい。
思っていた以上にいい。
あれこれ見て、結構な数買いました。大変満足です。
戦利品についての記事も上げられたら上げようと思います。
もっと大きめのグラスがほしいな、と思っていたところ、とても可愛いそれが買えましたので、特にそれが嬉しかったです。
あと素敵なプレゼントも手に入れたのですよ…ぐふふ…。

IMGP9672_convert_20190728062620.jpg

ミツバチが蜜吸いまくり。可愛いです。

IMGP9686_convert_20190728062655.jpg

日焼けしましたね、ええ。





しかし、困ったものですよね、見たもの、聞いたものからその奥にあることを何も導き出せないというのは。ほんとうによく思うことですけれども。
自分自身から抜け出てものを考えることができていないということが自覚できないというのがもうどうにも問題なんですね、睡魔さんも書いていましたけれども。客観性というものですよ。
見たものにこうだったらいい、やこうのはずだ、を投影しているだけだということに気づいていない方が多すぎます。
また、男性を「男性ってこういうものだから」というふうに語るのにアイドルを使うのってどうなんでしょうか、ということも前から書いてきましたね。
そしてそれを書いているのが女性という。なりきっているわけですね。しかしそれに肝心の洞察力がまったく伴っていないので、説得力も何もないのです。この観察する力のなさ、というものも、その人をものの芯から遠ざけています。
それにまあこんなことを言うのも何なんですが、自身のことを省みられてはいかがなのかなあ、というのがなんと言ってもありますね。
女性の女性らしさの決めつけは差別的ですし、男性へのそれも同様です。それが今現在の状況に反映されているのではないでしょうか。
別にカップルであれ、や結婚しなければならない、なんてことは思いませんです。人生いろいろで、ひとりがいい方、向いている方はそう生きればいいと思います。
ですが恋を求め、関係を欲しているのにそれが叶っていないことを棚に上げ、人の恋愛関係をあーだこーだいうことの浅はかさ、ナンセンスさをもう少し認識されるべきでしょう。
あとアイドルやスターが賛美されているのは単に伴侶の代替品として、性的欲求の解消としてではありません。
そこが何より、なんっも分かっていない。
人は彼らの芸術を、身体込みで称賛しているのです。
そんなことも分からず、何を知ったように語っているのでしょう。
だから初め書いたように、自分中心にしかものを考えられず(つまり自身はそういうふうにしか彼らを見ていないということです)、見たもの聞いたものから真実をすくい取ることができないと言うのです。お話にならない。





お口直し。



でもこれを見てもなんにも感じないという人もいるのでしょう。
私は彼が完全に音になっていることにただ感動するだけですが。



フェリシティ檸檬




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20190728

だから髭を伸ばされるのが嫌い
おはようございます。
地震で目が覚め、私たちが起きたことで起きた猫に眠ることを許されず、こんな時間に書いています。檸檬です。

浴衣を着たことは前記事で書きました。

20190728044014efa.jpeg


これも初めて着たものです。

201907280440319c8.jpeg


メルヘンな、絵本のような世界観の柄。写真映えしますね。色が乱反射しているかのようです。

2019072804404713e.jpeg


頭にはこんなものを。

帯留めは壊れた指輪をブローチにしたものです。

2019072804410133d.jpeg


提灯の灯りが好きです。
ラファエル前派の絵画であるとかを彷彿とさせます。

201907280441120de.jpeg


近所の人が楽しげに踊る姿はいいものです。
盆踊り要員の女性陣のお揃いの浴衣はとても粋でした。

このあと呑んで帰ったわけですが、久々にカウンターに通され、並んで座りましたけれども、私は彼氏や夫のような関係の人とはそういうふうに食事するのが好きです。距離が近いので。カウンターが好きというのではありませんが。
たまにあるソファかつラウンド型の座席がいちばん好きです。
先日ちょうど映画で見かけ、思わずいいなあと呟いてしまいました。あんまりありませんからね。
あと同居人の人を横から見るのも好きなのです。
横顔、斜め顔好きで、特に彼に対してそうだからです。
酔っ払うと家のように振る舞いキスとかしそうになるので、よくよく気をつけねばなりませんが←




フェリシティ檸檬




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20190727

やりたいことは全部やった
こんばんは。
今日は疲れました。檸檬です。

とにかく浴衣も着られましたし。



飲みに行きまして。

IMG_0422_convert_20190727223518.jpg

IMG_0428_convert_20190727223544.jpg

IMG_0426_convert_20190727223423.jpg

この関サバは毎度絶品。

IMG_0433_convert_20190727223610.jpg

IMG_0436_convert_20190727223321.jpg

ごく近所のお店で、ものすごく美味しいのですが最近行けておらず、久しぶりに食べてやはり美味だなと舌鼓を打ちました。

しかしヒールのあるサンダルを履いて結構歩きましたら靴ずれが半端ないのです。辛い。

台風の影響が今のところ少なくて助かっています。
昨日強風で買ったばかりのワンピースが飛ばされ見つからないままにはなっていますが←





この動画を見たくなりまして。



この曲はものすごくデスティニーズ・チャイルドらしい曲ですよね。

何か書こうと思っていたことがあったはずなんですが、アルコールが入っているために頭が働きませんね。
また明日、書けたら書きたいと思います。

あ、マイケルのデンジャラスパフォーマンスを貼り付けておきましょう。



途中結構画像が乱れますが、画質自体はいいです。
ほんと、手の大きい、腕の長い人って素敵。



フェリシティ檸檬




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20190727

ヘチャンがかっこいいという話、チャンミン頑張れという話
こんにちは。
暑い!!!!!!!ですね。檸檬です。

夏です。

LND_5D9E7481-4C9D-48B7-9B1F-1FE20D47E064_convert_20190727165317.jpg

汗が…汗がだらだらと…。

IMG_0378_convert_20190727165206.jpg

LND_77D08DCB-186E-4B98-92B8-739EA0B9BCAD_convert_20190727165143.jpg

LND_1B336C46-5218-498B-B06B-C1F75678700E_convert_20190727162716.jpg

炭酸水のうまいことよ。

LND_0A00D447-1E02-44AE-B338-939A857AB07D_convert_20190727165338.jpg

IMG_0400_convert_20190727165249.jpg





そんなことよりですよ。



ひとりだけのから貼るって言う。



で、フルサイズの固定カメラですね←



カメラワーク最悪な例のやつです。

もう…もう…もう…ヘチャンが、立っているだけで素晴らしいですよ!!!
曲が始まるときの横顔、その立ち姿、セクシーすぎます。
今回の衣装、マイケルのデンジャラスパフォーマンス時の袖の長い白いシャツを彷彿とさせるもので、ほんとうにヘチャンのスタイルのよさを強調していて、私はマイケルを見ているような心持ちでしたよ。
心拍は上がるし、完全に恋をしています←
彼のダンスの何が素晴らしいって、そのスマートさですよね、シャープなんです。振り付けを一番効果的に見せようという意識がある。
この曲の解釈として、私がよく言うクラーク・ゲーブル顔(レッド・バトラー顔とも言う)をしていて、ああ、そういうふうに表現したいのかあ、というのが興味深かったですね。ニヒルかつキザな感じと言いますか。眉を上げるんですよね。
ポケットに手を突っ込むのもいい。
と言うか…白い袖口から覗く手のさまだけでメシが食える!!(泣)
そして彼の姿を見ていて、宝塚男役の方を連想しましたね。髪型から何からほんとうにそういう雰囲気でした。私は宝塚興味ないのですが、宝塚がこうだったら夢中よ!!という気持ちです。
動画を見ながら「やばい、まじやばい、ヘチャンやばい、かっこいいよヘチャン!!」と呪文のように唱えていた私でした。寿命が伸びた(合掌)。





昨晩の新作はリクエスト企画でいただいたご依頼、「シング シング シング」のディオ×チェンのお話でした。
読んでくださった方がいらっしゃり、拍手等いただき、大変嬉しく思います。
あとがきはまた追ってお届けしたいと思っています。





睡魔さんの記事が上がっていて、

夢の続き

とっても嬉しかったです。

↑クリックすると記事に飛びます。

チャンミンのことについて触れられていましたね。
私は睡魔さんが以前言及していたとおり、またこちらの記事でも書いたことがあるように、彼がかわいそうに思うことがよくあって、そのことについてあまり考えないようにしていたりします。
三人が抜けたことがほんとうに辛かっただろう、ということから始まっているのですが、それはバッシングに遭ったから云々というより、あの三人を兄のように慕い、とても親しかったので、突然ユノとふたりきりで仕事をしていかなければならなくなったということがとにかく大変だったと推察されるからです。
ユノはおそらくかなり頑固で、言い出したことを必ずやろうとし、チャンミンが言わんとすることや思惑なんかを理解できないことが少なくなく、チャンミンが仕事仲間として一緒にいるにはきつい相手だろうと思います。
私生活を共有することもおそらく難しく、とにかく同僚という意識が強いだろうなと想像しているのですが、ユノとやっていくにあたり、どうすればいい音楽というものを作っていけるのだろうか、と私はよく考えます。チャンミンはきっとそこはもう放棄している部分があるのだろうと、発言などから思いますが。
膨大な量の楽曲が入ったiPodが壊れて激怒していたチャンミンに、音楽への情熱を失ってほしくないと強く思っています。
女の人大好きな彼が、仕事仲間の女性とくっついて写真を撮って炎上していましたが、そんなことは死ぬほどどうでもよく、私は「hothothot」という出だしが妙ちきりんな音程の歌を彼が歌っていることに、心底泣けてきます。



フェリシティ檸檬



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20190726

きみが、きみに、きみと、きみは(リクエスト企画・リアル短編)
 ある恋の話をしよう。
 
 ずっと前、もう何年も前のことだ。
 スケジュールが比較的緩い時期が時たま、ごく稀に突然訪れることがあった。そうすると割合早くマンションに帰ることができ、メンバーは各々出掛けはせずとも束の間の休息と自由を全力で満喫した。ひたすら眠る者もいたが(当然、いつもジョンインがそのひとりだ)、多くが起きて何かしていた。若いと時間を無駄にしたくないという思いが殊の外強い。自分の時間というものを得たら、あれもこれもそれもしたかった。女の子と連絡を取っているやつはすぐ分かった。顔も声も腑抜けて一目瞭然になる。マネージャーのしかめっ面をものともせず、欲望を発散するのに皆が大忙しだった。
 そんな幸せな時間に、ギョンスの姿が見えなくなるときがあった。そういうことが何度か起こった。だいたいの面々の居場所をなんとなく把握していたが、ギョンスがどこにいるのかは知らなかった。そして同時にベッキョンの行方も知れないことがあった。ギョンスがいないとベッキョンもいない。俺はなんだか気になった。
 音楽室と呼ばれる小さな部屋がある。
 楽器やら音楽機材やらが置かれているある種の物置で、たまにチャニョルが籠もったりした。が、他のメンバーにとっては、荷物の詰まったただの窮屈な小部屋である。
 ふたりの居所を突き止めようと考えてから、すぐにそれを行動に移した俺はとにかくやかましいリビングから離れ、廊下に出た。すると後ろ手に扉を閉めた背後から漏れ聴こえるチャニョルとセフンがかけたヒップホップではない、かすかな音色が鼓膜を揺らした。最新流行歌とはかけ離れたニュアンスを聴き取った俺は、知らぬうちに忍び足で床を歩いた、その音楽らしきものが聴こえる方へと。そして先刻説明したいわゆる音楽室の前に辿り着いた。
 ノックもせずに開けてみようかと思いついたが、何故かそうはしなかった。それどころかしばらくドアの前で立ち尽くしていた。
 蓄音機から流れるような古い歌が、扉を通して聴こえてくるのだ。
 ここにはドーナツ盤を乗せるようなレコードプレーヤーはないはずだった。とするとこれは録音時の音の質感なのだろう。ざらついた耳障りが、半世紀も前だろうかと思しきレコーディングの産物をより趣深いものにしていた。
 俺が耳を木の扉にくっつきそうなほどに近付けようとしたとき、女性歌手の豊かな歌声に被さるようにして、生の男の声が流れてきた。
 ハーモニーを奏でようというのではなく、女性と同じ音程で歌おうとしていた。ベッキョンだ。
 やはりここにいたのかという思いと、何をしているのだろうという疑問と、やつの歌唱法への興味がないまぜになり、片手をドアの表面に触れさせながら、まるで部屋の中を見通せるかのように俺はただ前方を見つめていた。
 ベッキョンが常より高いキーで歌っている。細い喉の奥を狭め、時折ファルセットにもなって、歌う女性に声を絡ませながら音符の上下を追っていた。
 その声特有のハスキーさが曲と合っていて、俺は右耳上のこめかみあたりをドアにもたせかけると、目をほとんど閉じながら音に集中し始めた。囁きよりも小さな声で、みずからでもいつの間にか歌っていた。
 ベッキョンの声が裏返りかけて笑いが混じると、突如そこに低い音程が侵入してきた。より発音よく英語を操り、ベッキョンにない拍への本能的な発露がある。
 ギョンス。
 まぶたは勝手に上がり、どうしてか木と密着したてのひらが湿った。ベッキョンはまだ少し笑っているが、それでも歌い続けており、その軽薄さを包んで落ち着かせようとするかのようにギョンスの声はなめらかに空気の一部となり、悠々と廊下まで侵入してきた。
 しかしどうしたって聴こえる声が籠もったものになってしまうのは避けられず、俺は我慢が効かなくなった。思案するより先にノブに手がかかっていた。音の出ないよう、速度を遅くそこを回した。
 片目だけしか見えないよう、か細く開けた隙間から俺は室内を覗いた。幸運なことに、壁の前に据え置かれたプレーヤーを見下ろすふたりは並んで向こうを向いており、こちらに気付く気配はなかった。胸を撫で下ろすと共にどこか気分の晴れないものを感じ、俺は自身に苛立って、眉をひそめて息を殺した。
 曲が進むと、これ知ってるな、とベッキョンが言い、また歌い出していた。今度はギョンスも初めから加わった。その歌い出しの発声は見事としか言いようがなく、俺は体すべてが耳になったように全身でそれを味わった。再びベッキョンが音を外し、笑いが始まった。と、その手でギョンスの腕を掴み、揺すぶったりする。笑い声と歌声が溶け合い、斜めに下る狭い肩の背中と、逆三角を描こうとする広い肩の背中が互いを求めるように距離を縮める光景に、俺は瞬きもできずに固まった。
 眼鏡を掛けた奥の目尻に皺が寄っているギョンスを、そうさせている横に立つ男から引き離したい、そう欲している自分がいることに気付くまで時間はかからなかった。ふたりの歌はもう俺の胸を甘く溶かそうとはしなかった。ただ熱く焼き焦がすだけだった。
 目を伏せ、もうこれ以上は無理だと、俺は扉を静かに閉めた。そして来たときと同様、音を消して廊下を歩き、元いたリビングに何事もなかったかのように戻った。
 
 このことを軽く問うことすらずっと俺にはできなかった。
 なんでふたりっきりで歌ってたんだよ。
 笑ってそう尋ねれば済むことなのに、ベッキョンにもギョンスにも、ついぞ聞けぬままだった。殊にギョンスになど、それについて話すために声を出そうとするだけで喉が干上がる気がしていた。
 だが、聞いてみよう。今なら聞ける。
 そう思い、汗の染みたベッドに寝転がりながら、エアコンの設定温度を下げている素肌の背中に問い掛けた。
 振り向いたギョンスは表情ひとつ変えずに言った。
「ただ歌ってただけだけど」
 呆気にとられた俺は、ギョンスの黒々とした目の玉と視線を合わせながら、
「それだけ?」
と聞き返した。
「うん」
 シーツの上に座ったギョンスは真っ裸で、顔の近くに股間が来た俺は妖しく光るそこを視界に入れないよう目を逸らして、「なんであの曲を?ふたりで?」と続けて聞いた。
 テーブルに置いておいたグラスの水を飲んで、ギョンスは答えた。
「なんでも何もないよ。俺が音楽聴くって言ったら、付いてきたんだよ」
「一回だけじゃないだろ」
 上目で記憶を辿るようすを見せ、ギョンスは言った。
「そうかも。まあなんか楽しかったんだろ」
 響きのいい音を立てて元あった場所にグラスが乗せられると、氷の溶けきったその中身に視線を注いで俺は呟いた。
「そうだな。楽しそうだったよ」
 言った途端ギョンスは俺の方を見た。肘をついた腕で頭を支え、横になっていた俺は、上にあるギョンスのふたつの目をおずおずと仰いだ。
「あれいつのことだ?」
 いたずらを企む悪ガキのような顔をしたギョンスが、俺に尋ねた。
「わ、すれた」
「かなり前だよな」
「うん」
「お前」ギョンスの片側の唇の端が上がる。「そんなときから俺のこと好きだったのか」
 合わせていた目を背けると、答えに窮した俺は口を知らず尖らせていた。
 そんな俺の顔を覗き込むようにしてギョンスは逃すまいとした。
「知らなかったなそれは」
 羞恥から目を見開いて俺は言った。
「うるさいな」
「そんならそうと早く言えばいいのに」
「言えるか」
 そっぽを向いて背を見せた俺に言葉が降る。
「お前はそのときからで」
 体の芯を震わせるようなその声が、俺だけに響く。何を言われるのかと目を泳がせていると、
「俺はどうだと思う?」
と糖蜜のような音が耳の中に流れ込んできた。
 その瞬間俺は飛び起き、ギョンスを向くと、
「え、いつ。いつから」
と大声で聞いた。
 だがギョンスはまた片方の口角だけ上向ける笑みを作り、言った。
「教えないに決まってるだろ、ジョンデ」




おわり




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 短編〈リアル〉

20190726

今日夜お話上がります
こんばんは。
台風なんですか?檸檬です。

ふう~。疲れました←

猫。



猫。

IMAG2169_convert_20190726194909.jpg

猫。

LND_6DBDC044-C296-4842-A050-020630E18990_convert_20190726194725.jpg

今夜10時頃、リクエスト企画第三弾をお届けしたいと思います。
この人が出るかも…。

IMG_1533_convert_20190726194946.jpg

IMG_1532_convert_20190726194928.jpg

この写真を撮ったスタッフと固い握手を交わしたい←

こんな人がこんなふうにベッドにいたらどうすんの?
とひとりごちましたよね。

お楽しみいただければ幸いです。
リクエスト企画、どうも祭の様相を呈してきました(私の中で)。





NCTdream「BOOM」、好きです。



また貼りますけれども。

ヘチャンの歌声がいい。とにかくいい。もう全部ヘチャンでいい←
と言うか私ほんとうにこれヘチャンだけしか見たくなくて、むしろ困ると言うか。

そして見ていてヘチャンの髪アップの顔、誰かに似ている…と思っていたのですが、ひとり気付きました。
レスリー・チャンです。
大ファンだってのに…早く気付けよ…。
てゆーか私好きな顔なんじゃん。

あとこの歌はビヨンセ味があります(この言い方が結構好き)。デスティニーズ・チャイルド味と言いますか。

これ思い出しました。



早くパフォーマンスが見たいよ…!!
MVは子供がいっぱい映るから!!←
ファンの方すみません。

それでは夜、お待ちしております。



フェリシティ檸檬




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | お知らせ
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター