海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20170424

暗黙の 1(東方神起・リアル長編)
打ち上げの帰りほど幸せな帰路があるだろうか。
タクシーの座席に深く埋まりながら、チャンミンは酒臭い息を吐き出した。
隣では口を開け、たまにいびきを漏らしながら寝入ってしまっている酒に弱い酔っ払いが、チャンミンと逆の方を向いて座っている。
ネオンが光る場所はとうに過ぎ、今はもう、すぐチャンミンのマンションが見えて来るはずだった。
チャンミンは見知った泥酔客から目を離し、暗い窓の外に視線を持って行く。
自分でもおかしかった。
充実感に満たされ、このままずっとこの夜が続き、タクシーでいつまでもどこかへ運ばれてみたいという気持ちと、早く家に着いて、ぐっすりと眠り、−この飲酒量ではきっとそんなことは不可能だったが−さっぱりと気持ちよく起き出して、休日をぐだぐだ過ごしたいという気持ち。それらがふわふわとチャンミンの頭を色違いの風船のように浮かんでいた。
だが現実は。
そのどちらでもない。チャンミンはよく分かっている。そしてそのどちらでもないことを、そんなに悪くない、とも思っている。
マンションが見えた。
「兄さん」
ユノの肩を掴んで強めに揺らす。んあ、という声を上げ、よだれを垂らし熟睡しているその顔を、チャンミンは躊躇いなくぱんぱん叩く。
「や、めろ」
節の張った細長い指を出して、ユノは暴力にささやかな抵抗を示す。
「ほら、起きて。着くよ」
その言葉の通り、タクシーは停車する。
チャンミンは支払いを済ませ、サングラスを掛けた自分と張るほどの大男を、ドアからリュックサックのように引っ張り出す。


「ほら、水」
ソファに横になったユノに、チャンミンは500mlのペットボトルを手渡した。
薄目を開けたユノは、チャンミンから受け取った冷たい水の口を開ける。パキッ。そのまま勢いよくごくりごくりと喉の奥へと中身を流し落とした。ひと息で半分ほど減らし、ぷは、と呼吸を再開するユノを、チャンミンは目の前に立ってずっと、見下ろしている。
「…ごちそうさま」
ユノは唇を手の甲で拭う。
着ている上着を脱ぎ、床に放るさまを見て、チャンミンは尋ねる。
「服、着替える?」
自らもすでに上着は脱ぎ、トップスの上も取り払おうとしていた。暖房は充分だった。あと、アルコールも。ふたりとも赤い顔をし、特にチャンミンは汗もかいていた。
虚ろな目で半分座り、半分横になったユノは、チャンミンが汗を吸った服を脱ぎ捨てるようすを見つめながら、言う。
「…暑い」
「そうですね。だから、着替えるかって聞いたんだけど」
「…めんどくさい」
「じゃあそのままで」
「…アイス食べたい」
「ないですよ」
「…うそだ」
「そうですよ」
けろりとしてチャンミンは言い、「何味?」と問いながらキッチンへ向かう。
「…チョコレートー」
冷凍庫を開けて、チャンミンは動きを止める。
「…チョコレートはないですよ」
そう言って、ユノを振り向く。
「分かってるよ。苺しかないんだろー」
してやったりという顔でユノはチャンミンににやりと笑い掛ける。
「…あげないよ、もう」
チャンミンは冷ややかな目でユノを見返す。
「怒んなよー。お願いしますーアイスー」
バン、冷凍庫を閉め、手にカップのストロベリーアイスクリームとスプーンを持ち、仏頂面のチャンミンはユノの元へ向かう。
ユノの前に仁王立ちして、チャンミンは警告する。
「そんな態度ばかり取るなら今度から金を取る」
見下ろすチャンミンにへらへらと笑いを浮かべ、わーい、と言いながらユノは腕を伸ばす。チャンミンは馬鹿馬鹿しくなりその手に素直に氷菓と匙を差し出す。
ユノは半ば寝転んだまま、いそいそと蓋を開けその薄ピンク色の冷たい中身をスプーンで掬い、唇の間の奥へと押し込んだ。口を閉じるたび、上下の密着した部分に桜色の線が出来た。チャンミンはユノの隣のソファの上に腰を下ろし、ユノが食べ続けるさまを眺めている。
「うまい?」
「うまい」
「甘い?」
「甘い」
「いっつもひとりで食べますよね」
「いっしょに食べないのはお前だろ」
「太るから」
「少しくらいへーきだって」
「兄さんのは全然少しじゃない」
「お前はちょっとくらい食べてもいーって」
ほら、と言ってユノはチャンミンの腕を引っ張った。
ユノは胸の上にアイスとそこに刺したスプーンを置き、チャンミンの顔を片手で押さえ、その口に自分の口を出会わせた。
チャンミンはユノが目を閉じて自分にくちづけるのをこっそりと見た。ユノはキスのとき、いつも目を閉じる。そういうものだと思っている。
「…な、甘くてうまいだろ」
口を離し、目を開け、ユノはチャンミンに何故か得意そうに言う。自分の手柄であるかのように。
「…そうだね」
ユノがチャンミンの後頭部に回した手でまた彼を自分に引き寄せようとすると、チャンミンは相手の胸を押し返した。
「……汗臭いから。シャワー浴びてくる」
その細い目を剥いてユノは言う。
「なに女の子みたいなこと言ってんだよ」
「そういうこと言うのやめろって。聞かなかったことにします」
立ち上がろうとするチャンミンの腕を引っ張り、ユノは微笑む。
「ごめんって。な、いいから」
「自分が嫌なんです」
「俺お前の匂い好きだよ」
「自分が嫌って言っただろ」
「俺は好きなんだもん」
「…うるさい」
そう言ってチャンミンはユノにのしかかった。
ユノの上のアイスが落ちぬよう、その口を封じながら、テーブルに乗せた。


つづく


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 暗黙の(チャンミン × ユノ)

20170424

暗黙の 2(東方神起・リアル長編)
ユノは後ろから入れられるのが好きだった。
チャンミンはそう知っていたため、あえて顔を見下ろしながらユノを突いた。
若い頃から繰り返し抱いたこの体は、しかし同じ体とは思えないほど、変わった。
ずっと柔らかさは増し、硬さと張りは抜けていくばかりだった。触ると、特に上半身は、えも言われぬ感触だった。
片足の膝の裏を抱え、もう片方の手でユノの胸を掴む。
揺らされるユノは、目を閉じてただ、息を激しくするだけだ。
胸筋が張り、脂肪も乗ったこの胸は、触れると弾力のある何かに似ているとチャンミンはいつも思った。でもいつも、それが何かは分からなかった。尖った乳首を指で挟む。「あっ」と声を上げ、ユノは眉間を寄せる。立ち上がったユノのペニスは、動きとともにその身を揺らす。一番大きくなったときと同じくらいだな、とチャンミンは見下ろして判断する。ここのところご無沙汰だったから。
ソファの上で交わるふたりは、大きな体とその能力の割に、動きは穏やかだった。もう、どちらも、若いとは言えなかった。一般的にはもちろん若いが、働き始めた年齢と、付き合いの長さと深さが、彼らの関係の間から若さというものを徐々に剥ぎ取っていった。
チャンミンはゆったりとユノを侵す。
「ユノ」
チャンミンはセックスのときだけユノを呼び捨てた。ユノは何故かそうされると、パブロフの犬のようにすぐに体が反応しそうになった。その声の色と、目の邪。ユノ、という響きが、こんなにも扇情的だったのかと情欲に駆られながらユノはチャンミンを迎える。
「ユノ、口、開けて」
呼び掛けられ、ユノは火照った顔の中の、釣り上がった目を開け、チャンミンを見た。
すぐそばに、可愛らしいと言っていい、その顔があった。
ユノは初めて会ったときから、今この瞬間まで、チャンミンの顔は可愛い以外に本当は思わなかった。自分とはまったく違う、その眉やくりくりとした瞳、上下同じほど厚みのある唇は、愛でられるべきものだと思った。
もちろんチャンミンにそんなことを言えば怒られるに決まっていた。下手したら鉄拳が飛んできかねなかった。だからいつも心の中だけで呟いた。可愛いな、と。
キスされる、と思ってユノは目を閉じ、心持ち、口を開いた。
確かにキスはされた。
舌が押し入る。

…ああ。
いちごのあじ。
ユノは口の端からピンク色のよだれを垂らし、チャンミンから与えられた蜜を吸う。生暖かくなったそれは、しかし先程よりも美味しく感じるのが不思議だった。
蜜を吸い尽くしても、残った舌を今度は懸命に舐める。くちゃくちゃ、と音がする。
大きくユノの足を上げ、チャンミンは腰を振る速度を速める。自分の腹の上で性器がチャンミンの腹と擦れ、信じられぬほどの快感がユノを襲う。チャンミンの腹を汚すほど、自分のものが濡れている。
唇を離し、チャンミンはユノの乳首を含む。もう片方は指で摘む。
「ああっ」
思いの外大きい声が出、ユノは恥ずかしさに顔をそらす。
チャンミンは当然、そんなユノの振る舞いを、すべて分かっている。
「ユノ、後ろから」
何も言わず、だが言われた通りに、ユノはようやく求めていた体位へと体を動かす。四つん這いになり、尻を高く突き出す。
舌なめずりをしたチャンミンは、意地悪く穴に入れず、ユノのペニスに自分のものを重ね、ふたつを擦り合せる。
「あんっ」
女の喘ぎ声のようなものが自分の口から漏れ、ユノはまた、羞恥でソファに顔を擦り付ける。ペニスに熱が溜まって頭がくらくらした。
前触れもなく、中に入って来る。
チャンミンはもう、吐き出すのを耐えられなくなっていた。ユノと同様、性行為を人と分かち合うのは久しぶりだった。
激しく、ユノの奥までを突く。尻を両手でしっかりと掴んで。
ユノは声を出すのを我慢できず、断続的に音を口から漏らしていた。チャンミンはその音を聞くのが大好きだった。ユノが出したくないと思っているのを知っているのだ。
ピストン運動を繰り返す中、ユノも達しそうだと察したチャンミンはユノの性器をぎゅっと握った。
「あ!?」
ユノが驚きの声を上げるのも構わず、チャンミンは最も速いスピードで腰を振った。ぶるぶると全身を震わせユノの中に射精する。出し尽くすと、ユノをひっくり返し、その高ぶったいちもつを見下ろし、息を上げて、馬鹿にしたように微笑んだ。
「…なんだよ。自分だけ…」
ユノは切れ切れに、顔を腕で隠してぼそぼそと言う。
チャンミンは、再びテーブルの上のアイスの残りを手に取った。少しだけ残った完全に溶けた薄桃色の液体を、掌に垂らす。屹立したペニスをその手で掴み、荒くしごき始めた。
びくんと体を揺らし、ユノはチャンミンの手元を見た。
「何すっ……」
ぬちゃぬちゃと滑るチャンミンの手は、淡いピンクのまだらに包まれたユノのペニスを、ひっきりなしにさする。
ユノは気持ち良さに目を閉じた。
空いた手の指を先程射精した穴に突っ込む。
「あっ」
ユノの反応に満足の笑みを浮かべ、指と掌を動かし、口でペニスの先を包んだ。
「あああっ」
歯を食いしばって両腕を交差させ顔を隠すユノを上目で見、チャンミンは動きに激しさを増す。
腰を浮かせたユノは、体をばたつかせながら、果てた。果ててもチャンミンは口を離さなかった。両の手のある場所からも。
「…はなせっ…」
体を無理やりひねってチャンミンをひっぺがす。
起き上がったチャンミンはごくりと喉を鳴らした。
「…あーまっずい」
はーはーと喘ぐユノは脱力して言い返す。
「…自分でやったんだろー」
「うがいしてこよ」
チャンミンは立ってキッチンへ向かう。
汗だくのユノは、ソファに横たわってチャンミンの形のいい小さな尻を仰ぎ見ている。


つづく


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 暗黙の(チャンミン × ユノ)

20170424

暗黙の 3(東方神起・リアル長編)
体中べたべたになったチャンミンは、うがいに立ったついでにそのままバスルームに向かった。
蛇口をひねり、湯が出るのを待つ。
掌で温かくなったことを確かめると、立った状態で頭からシャワーを浴びた。
眉尻を下げ、目を閉じ、顔に水のつぶてを当てて、先程一度うがいはしたが、口を開けてまた湯を含み、ゆすぐ。
湯を吐き出すと、上半身から下半身にかけ、手で体を軽く擦った。 鍛えた体は筋肉が張り、あちこちでこぼこし、また、硬かった。
体に湯を当てることで、チャンミンはゆっくりと疲れが出て来るのを感じた。
ついさっき、ユノの中に入れていた性器は、まだ膨らんだ余韻を残し、常より大きさを増したままだ。ここでもう一回抜いて、風呂を出たら寝ようかとチャンミンは考えた。ユノももうソファで眠ってしまっているかもしれない。朝起きて、気が向いたらまた、すればいい。
明日は休みだ。
チャンミンは湯と休日前の多幸感に包まれながら、自分自身を握った。目を閉じ、手を動かそうとしたそのとき、後ろのドアが勢いよく開いた。
振り向くと、ユノが立っていた。
真っ裸で、チャンミンを睨みつけている。
チャンミンはドアが開く瞬間に手を離していた。だがきっと、やろうとしていたことは、ユノにも分かったはずだった。
シャワーを出し続け、チャンミンはユノと見合う。
「…なに、なんも言わずにひとりでシャワー浴びてんだよ」
言いながらユノは浴室に入る。
チャンミンは笑みを含んだ口で、体に湯を打たせながら、答える。
「だって気持ち悪くて」
「しかもお前、今オナニーしようとしてたろ」
腕を伸ばしてユノはシャワーを取り外し、自分の体に当てた。
「…もっかい出しとこうかなって」
額に掛かった髪を、チャンミンはオールバックにし、顔を両手で拭う。
そのようすを見ながら、ユノは自分の胸にシャワーを掛ける。
「…なんで俺とじゃないんだよ」
ぽつりと、視線を落としてユノは呟く。
そんなユノを見て、チャンミンはユノの手からシャワーをもぎ取り、ユノの顔に浴びせ掛ける。
「ぶっ、やめっ」
口や目を攻撃され、切れ切れに抗う声を出すユノの、垂れたペニスをチャンミンは掴む。
「わっ」
「…したいんだ」
シャワーのヘッドを下げ、チャンミンの手に包まれたものに向け、湯を放つ。
チャンミンは意地の悪い笑みを浮かべ、首を下げ、上目遣いでユノを見た。
局部に当たる刺激に腰を引こうとしつつ、捕まえられているためそれも叶わず、体をびくびくさせながら、ユノはチャンミンの目を受け止める。その顔は恥ずかしさと照れ臭さで、おかしな風に歪んでいる。
「…自分でするより、いいだろ」
「俺は自分でするんでもいいですよ。ユノがしたくないならしない」
そしてぱ、とユノから手を離す。シャワーの先も自分に変えた。
呆気に取られ、ユノはチャンミンのにやにやする顔を見つめる。
「…したいんなら、したいって言いなさい」
ユノは瞬きをし、視線をそらす。
「…そういうの、俺やなんだけど…」
「知ってる」
「じゃあ、やらせんなよ」
「いやがるのを見んのが好きなんだよ」
「…お前はほんとに、趣味が悪いな」
「ユノとやってるしね」
「…お前ー」
「言わなきゃ、やんない」
笑顔を絶やさず、チャンミンはユノの顔から目を離さない。
ユノは斜め下を向いたまま、口を尖らせ、囁く。
「………………したい……」
チャンミンは気付いている。何も触れていないのに、焦らされ、いびられ、期待し、ユノのペニスは立ち上がり始めている。本人も、その目の端に自分のそれが映っているはずだった。
手を上げ、チャンミンはその指でユノの尖った顎を上に向かせる。
ユノの光る小さな瞳に、自分の大きな瞳を合わせ、顔を近づけながら、言う。
「…しかたないなあ」
舌を蠢かせ、指を尻に這わせて、チャンミンはユノの体の穴に侵入していく。
やっぱり今夜は眠れない。夢を見るのは、日が昇ってから。
ユノの吐息を耳に受け、チャンミンは、ユノの長い首を吸血鬼の如く、噛んだ。


つづく


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 暗黙の(チャンミン × ユノ)

20170424

暗黙の 4(東方神起・リアル長編)
ぱちぱち、と、チャンミンは瞬きした。
朝だ。
正確に言えば、昼過ぎだった。
引いたカーテンは厚く、ほんのわずかな隙間から、色を通すように光が漏れている。
チャンミンは仰向けに寝ていた。長い腕を左右に大きく広げている。
その腕の下、うずくまるように、うつ伏せに、ユノが寝ていた。
大きな肩がチャンミンの脇の下あたりにある。その肌のつやにチャンミンは思わず手を伸ばし、指先で触れた。つう、と滑らせると、ユノがくすぐったそうにもぞもぞと動いた。ユノの顔は向こうを向いていた。動くと同時に顔はチャンミンを向いた。口が少し開いたその寝顔は、それでもとても綺麗だった。何故だろう、チャンミンは考えた。起きているとそんなに綺麗とは思わない。ただ、こうして寝ているユノは、こんなに近くで見ても、たとえ肌荒れしていても、チャンミンは綺麗だなといつも、思った。そしてなんだかいらついた。眠っている自分を眺めて、ユノが綺麗だなと思ったりするだろうかと想像した。そんなことはなさそうだった。まず、ユノが自分より起きていること自体がほとんどなかった。それに、どうしてだか自分の寝顔はそんなに綺麗じゃないんじゃないかという気がした。撮影で寝顔を撮るときは、本当は眠っているわけではない。面白がって昔メンバーに撮られた、本当の寝顔の写真を思い出すと、いつもあんまりよく映ってはいなかった。それは写真写りの問題ではないのでは、とチャンミンは思っていた。起きているときの方が、俺はきっとかっこいい。眠っていると、なんだかちょっと、—間抜けだ。チャンミンはそう決め込んで、目の前の健やかな寝息を立てる人間の鼻を、ぎゅっと、つまんだ。
「んんー」
眉をしかめて、ユノは顔を振る。
チャンミンは手を離した。
「兄さん」
顔を顔の前に置き、チャンミンは囁く。
ユノが顔を歪めて片目だけ開ける。
「朝だよ」
「…………何時?」
チャンミンは枕元の置き時計を確かめる。
「一時半」
「いちじはん…」
「そうだよ」
「そっか…」
「俺、腹減ったわ」
「うん…」
「起きるね」
そう言って体を起こそうとすると、腕をぐっと掴まれる。
「…まだ、いいじゃん」
唇を微笑に似たものに変形させ、ユノは目を閉じている。
「やだよ。なんか食べたい」
「……俺を食べればいーじゃん」
滑舌悪くユノは言った。
「なんて?」
ユノは顔をシーツの上に突っ伏し、隠す。
「なんだって?」
チャンミンはユノの体に手を差し込み、ひっくり返そうとする。
笑いながら、チャンミンは声を大きくしていく。
「もっかい言いなよ。なんて言った?」
「なんも言ってねー」
くぐもった声が返ってくる。
手をユノの脇の下に突っ込み、くすぐりを開始し、チャンミンは更に食い下がる。
「やめっ…やめろっ」
体を捻りながらじたばた暴れるユノに、チャンミンは執拗に指を這わせる。
「なんて言ったんだー?」
素っ裸のふたりは、掛け布団も剥がれ、その肉体をさらしてもみ合う。
「いっ…いわねーっ…」
「強情だなあ」
はーはー言いながら、とうとうユノは起き上がり、チャンミンの両腕を押さえつけ、自分への攻撃を止めた。
不敵な笑みを浮かべたチャンミンと、荒い息を繰り返すユノがお互いを見合う。
腕は繋がったまま。
「…じゃあ、俺、起きますね」
そう言うと、ユノは手の力を抜いた。
斜め下を向いて、分かったよ、と呟く。
ぼすん、とベッドに倒れ込むユノを見て、チャンミンはその顔を見下ろす。
「…やりますか?」
ユノは黙って反応しない。
「ユノ」
一回、ユノは瞬きをする。腕をごそっと動かす。
「ユノを食べればいいんでしょ?」
再び、ベッドに顔を擦り付け、チャンミンから顔を隠す。
「お腹いっぱいになるかなあ」
言いながら、チャンミンはユノの肩から背中、尻へと人差し指で触れていく。
その動きにユノは肩をそびやかす。
指先が尻の割れ目に到達し、そこから深いところへ降りようとする。
熱を持ち、湿ったそこを指が通り、ユノは体をぴくぴくさせた。
穴に至ると、チャンミンはさわさわと周りをくすぐる。
もう一方の手で、ベッド脇に置いてあるローションをリーチを生かし取り上げる。
蓋を開け、ユノの丸い尻の頬に中身を垂らす。
「わっ」
顔をうつ伏せたままのユノがその冷たさに声を出す。
とろとろしたそれを指でなぞり、穴に持っていくと、チャンミンは中指をゆっくりと入れた。
「んうう」
手でシーツを握り締め、皺の波ができる。
その向こうではユノが口を曲げて耐えている。
後ろを穿たれ、前はそれに突き上げられたように大きさを増していた。
「ほんと好きだね」
チャンミンは心底おかしそうに笑った。
そう言いつつ、チャンミンのそれも膨らみ始めていた。
腹の虫も鳴っているが、久しぶりのこちらの食事も、次がいつになるか分からない。
「口にキスはしないよ」
顔を見せないユノに、チャンミンは彼の性器を掴み、伝える。
「まだ歯、磨いてないから」
ユノが片目をチャンミンに向ける。
その目に向かって優しく微笑むと、チャンミンは中の指を一気に3本にし、手で捕らえたペニスを口の奥深くに入れ込んだ。


つづく


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 暗黙の(チャンミン × ユノ)
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター