海の底、森の奥

- EXOの二次創作とオリジナルのBL小説を中心としたブログです。R18表現あり。お気軽にどうぞ。

20200718

ごあいさつ
こんにちは!

拙ブログ「海の底、森の奥」にお越しくださいまして、誠にありがとうございます。

私、フェリシティ檸檬と申します。
ここの登録では名前をミス・レモンとしておりますが、お呼びになる際はどちらでも一向に構いません。

今まで別のブログサイトにて活動を行ってきたのですが、先日ブログ引っ越しを決め、こちらのFC2ブログ様にやって来たばかりでございます。

はじめましての方も、これまでお付き合いのあった方も、新しいブログとの付き合いの始まりは、その仕様などでもいろいろと困難や不便が生じることもあるかと存じます。私自身もそうであるように、皆様のお好みがございますので。
しかし、私といたしましては、そういったことを気にせず来てやってもいいよ、というお気持ちになっていただけるよう、一生懸命お話を書いていきたいと決意する所存でございます。

このブログはEXOという韓国男性グループをモチーフにしたBL小説を綴ったものが主体でございます。
性的な表現は大なり小なり出て参ります。
ですがお話自体は至って普通の小説と同じでございまして、読書がお好きな方、BLがお好きな方、EXOがお好きな方、さまざまな方にお読みいただければなと考えております。

お読みになってのご感想はいつでも大歓迎でございまして、是非たくさんの方とお話ししたりしたいものだと思っております。
小説と関係ない、たとえば日記などをお読みになってのお気持ちなども、構えずにコメントやメッセージをいただければ、喜んで読み、お返事させていただきます。
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。



このブログ内で書かれているお話は、2016年9月2日現在、



リアル第1期
・シング シング シング(完結)
・人さらいの条件(完結)
・受容について(完結)
・束の間から(完結)
・憂鬱のすきま(完結)
・俯瞰の角度(完結)
・グレーゾーン(完結)

リアル第2期
・心中の道連れ(完結)
・慈雨、降りそそぐ(完結)
・砂糖壺に落ちる (完結)
・来訪者は真夜中に (完結)
・ことの共犯 (連載中)


パラレル第1期
・ボナペティ(連載中)



その他 短編



となっております。



リアルの第1期と第2期の違いは、それぞれの世界がその中で回っており、ふたつは関係なく、別物であるということでございます。
ですので、カップリングは第1期内、第2期内で完結して存在し、物語ごとに相互関係が発生しております。
大した意味合いはないのですが、私自身がカップリングをたくさん作りすぎることにリアリティ的な拒否反応を感じるタイプであるため、こういった制作のかたちとなっている次第でございます。
また、短編はどの時期にも基本的にはあまり関係のない、独立した小品でございます。
お箸休めにどうぞ。

お話はカテゴリごとに1話から始まるよう設定されております。
過去の物語をお読みになる際はカテゴリから選択されると便利かと存じます。

※旧ブログ内に東方神起などの未完の話がまだ残ってございますが、今のところこちらに移行する予定はございません。
なんらかのご要望がある場合はどんなかたちでも結構ですのでご一報くださればと存じます。
→追記 2017/4/23
東方神起の長編(連載中・未完)を移動させ、こちらで公開いたしました。
ご興味のある方は、途中のもので申し訳ありませんが、よろしければどうぞ。


私はもともといわゆるアイドル好きというわけではなく、私のアイドルを申し上げるならば、手塚治虫、マイケル・ジャクソン、レスリー・チャン、浅田真央であったりいたします。
マイケル亡き後の後継として東方神起5人時代の終わりに彼らを見るようになり、それ以降K-POPで好きな曲を見付けることがひとつの趣味となったのですが、その流れで友人に教えてもらった「growl」で、EXOを知りました。
その楽曲のクオリティの高さと練られたパフォーマンスに感銘を受け、メンバーの人柄にも親しみ、同じ友人からブログに誘われた結果、こうして小説を書き始めた次第でございます。
そういうわけでEXOのファンというと、少しおこがましいくらいあまり知識のない私でございますが、私なりの彼らのお話を、自身も楽しみつつ、皆様にもそれを共有していただけるよう、精一杯続けていきたいと考えております。

どれかひとつでも、ワンシーンでも、お読みになってなにかを感じていただけたら本望でございます。


どうぞよろしくお願い申し上げます。



フェリシティ檸檬



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (8) | あいさつ

20200118

愚か者のたわごと
2020011809412246e.jpeg


同居人の人が撮った美しい色味の薔薇です。
空とのコントラストもあいまって素晴らしい色彩ですね。

20200118094100886.jpeg


20200118094111e96.jpeg


2の写真ですがもう3まで読み終えてしまいました…夢中で…。
私は2が好きでした、その理由を考えてみるとリスベットに尽きると思います。
私はストイックでハードボイルドな正義漢が好きなのです。そしてリスベットはまさしくそういう人物で、虐待されている人や危機に瀕している人を助け、その原因を取り除こうとし文字通り自身の命をかけるさまはほんとうに胸に来ます。あと可愛い。リスベットは愛すべき人物です。





チェンへのファンクラブの動きに怒り心頭に達しここ数日非常に不愉快な思いを抱いたままでいます。
自分の目に映るものがことごとく信じられない思いです、二次BLの記事にもしょっちゅう同じ心境になりますが。

思いやりと思慮分別と理性に欠けた許し難いファンなどもう放って解散してもいいよ、と私などは思ってしまいます。そんなファンの言うことを聞かなければならないくらいならその方がいいです。

しかしもしかするとEXOやスタッフはこうなるだろうと予測はついていたのかもしれないかな、というふうにも思います。デモだのなんだの言い出すとまで予想していたとしたらそのこと自体が恐ろしく悲しいことではありますが。

ベッキョンやチャニョルなどは呆れと怒りで穏やかでなくなっているのではないだろうかと思っていましたが、インスタなどのようすが思いの外どこ吹く風なので、それがいいしるしのような気がしています。今はこうしたことの過渡期で、嵐が去るのを待つのみという状況だと理解して落ち着いているのだと願っています。

私自身はチェンの熱烈なファンだとかそういうことではありません。
しかし彼の人権を脅かさないことにはグループを続けられないなら、それはどちらを選ぶかなど自明です。

ほんとうに、頭を冷やさないといけませんよ。
こうしたことを当然の権利と思い訴えるなど常軌を逸した行為です。
愚かとしか言いようがありません。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (1) | つれづれ

20200114

忠告します(おめでとうチェン!!)(再アップ)
※ブログ村にアップされなかったので再アップしました。
ですが毎度そうなんですが再アップしますと前記事もきちんとアップされまして、同じ内容の記事をふたつ挙げてしまっている状態になっています。
混乱を招いてしまい申し訳ありません。
上記の通り内容は完全に同じです。ご了承ください。

2020011318451120a.jpeg


新しい靴です。
赤い靴はときめきの象徴ですね。

20200113184558386.jpeg


美味しかった中華屋さん。中国!という柄の紙袋。


チェンが結婚したそうですね!!
おめでとうございます、チェン、そして奥様。
チェンは至って普通にずっと恋愛してそうなタイプだったので、意外でもなんでもないですが、とうとう既婚者が出るような年齢の集まりにEXOがなったのだなあと感慨深く思います。
お父さんであるチェンもごく自然に浮かびますね、まあEXO全体的にそうですが。
個人の生活においての幸せを当然の権利として得られていたことを知れたことを、私は何より嬉しく思います。チェンに関してその点を心配したことはあまりありませんでしたけれども。
ほんとうにおめでとう。


私は別にファンでない人がアイドルに関していろいろなことを思い話すことはまったく筋違いなこととは思いません。それが誹謗中傷などではない限り。

事務所へ向けての意見という形でいろいろ述べてらっしゃる方もいて、人権と商売は別の話などという信じられない理屈でもってその需要どこにあるのかなどと書いてらっしゃいましたが、需要云々の問題ではありません。

人が私生活を持ち、その中でどうしようがそれはその人の自由で、当然の権利です。
その人の生業がなんであれそれは皆同様です。
人気商売というのはその通りですが、だからと言って彼らは身を売ったとかそういうことではないんですよ。

何様なのだろうかと思うほどにいつも上からアイドルや事務所に対してものをおっしゃっていますが、書いているものは彼らを題材とした性描写込みの二次BLで、言ってしまえば彼らで性的に盛り上がりたいという思いで作った話を挙げているブログ運営者という立場でありながら、ファンであるから、金銭を支払っているからなどという理由であれこれ文句を付けていいなどと思うのは、キャバクラや風俗に行って説教を垂れているおじさんとまるで同じです。厳しい言い方にはなりますが、そうなのです。
それじゃあやっていけないよ?どうすんのこの先?と自分に酔って絡んでくる彼らと自分たちは違うと思うなら、自分を律してください。

チャンミンにしろヒチョルにしろチェンにしろ人がとやかく言うことではまったくないですし、事務所がアイドルに対しそういう対応をするようになったというのは至極真っ当なことです。むしろこんなに自殺者まで出て何も手を打っていなかったらそれこそが問題です。

この記事を書かれていた方はSHINeeのファンでらしたはずです。ジョンヒョンが亡くなったとき悲しみを表した記事を挙げていたことも覚えていますし、今もよくテミンのことを書かれていますね。
ジョンヒョンが生きていて恋愛の話が持ち上がったら、何を言うおつもりなんですか?おそらく間違いなく彼を追い詰めるだろうことを今もまだ他のアイドルに対し繰り返し行っているということが分かりませんか?

こちらが支払う側であるから要望を持ってもいい、それをネットで晒してもいいとお思いの部分があるかと思います、自分の思ったようにしてくれ、私の満足のため、特に自己顕示欲と性的満足のためにと。
しかし彼らはファンのための生贄ではありません。
彼らの命と引き換えにあなたの幸福が得られるなど言語道断です。

私が再三こうしたことをやめるようにと訴えているのは、そうした記事を読んで同じような思いを抱えている人が悪い意味で勇気づけられるからです。誤った方に人を導いてしまう。このままでいいんだ、これは悪いことではないのだと。

ですが悪いことです。

もちろん人は複雑な感情を抱く生き物で、そんな風に言われてもと思うことはあるでしょう。
ですが人の生活、命、心がかかっていることなのです。
言い過ぎでもなんでもなく、そうなのです。

軽い気持ちでひどい、裏切られた、こんなのおかしい、と訴えることにより、それがその対象にどんなにダメージを与えるか。むしろダメージを受けてほしいと願っているところがあったりすることもあるでしょう。

しかし自分の思い通りにならないからといって人を非難することはどこまでも幼稚な行為であり、成熟からは程遠く、それは東方神起やSHINeeのファンの程度が知られてしまうということです。
アイドルが恋愛、結婚をしたからと言って離れていくと言うなら、彼らをただそういう相手としてしか見ていないということの証明になるのですよ。それでいいのですか?

これは綺麗事でも理想論でもなんでもありません。

アイドルの世界はこうなっていくべきです、そうでないと永続的な商売など、それこそできたものではありません。新しい子を次々と出したからといってそれで成功するわけではありません。

商売商売おっしゃるのならそういう点までお考えになってからお話しされたらいかがでしょう。以前アイドルの生き残りの厳しさについて語ってらしたように記憶しておりますし。サバイブするための次の段階に入ったのだとお分かりになっていいのではないですか?

私は彼らが恋愛や結婚することについてあからさまな非難をすることを容認するつもりはありません。
ジョンヒョンのことがあって以来、それは許されないことだとつくづく痛感しました。
お題目を並べてまるでそれが当然と言わんばかりに批判を事務所や当人やパートナーに宛てて書き、人々を焚き付けるようなことは許されるべきではありません。

いいですか、決して許されないことです。
人の親でらっしゃる方も多くいます。子供になんと言うつもりなのですか。

どう生きるかは自由で、それは人がとやかく言うことではありません。

ファンであるなら彼らを真に応援をするよう努力してください。

お願いします。



フェリシティ檸檬






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | お知らせ

20200113

忠告します(おめでとうチェン!!)
2020011318451120a.jpeg


新しい靴です。
赤い靴はときめきの象徴ですね。

20200113184558386.jpeg


美味しかった中華屋さん。中国!という柄の紙袋。


チェンが結婚したそうですね!!
おめでとうございます、チェン、そして奥様。
チェンは至って普通にずっと恋愛してそうなタイプだったので、意外でもなんでもないですが、とうとう既婚者が出るような年齢の集まりにEXOがなったのだなあと感慨深く思います。
お父さんであるチェンもごく自然に浮かびますね、まあEXO全体的にそうですが。
個人の生活においての幸せを当然の権利として得られていたことを知れたことを、私は何より嬉しく思います。チェンに関してその点を心配したことはあまりありませんでしたけれども。
ほんとうにおめでとう。


私は別にファンでない人がアイドルに関していろいろなことを思い話すことはまったく筋違いなこととは思いません。それが誹謗中傷などではない限り。

事務所へ向けての意見という形でいろいろ述べてらっしゃる方もいて、人権と商売は別の話などという信じられない理屈でもってその需要どこにあるのかなどと書いてらっしゃいましたが、需要云々の問題ではありません。

人が私生活を持ち、その中でどうしようがそれはその人の自由で、当然の権利です。
その人の生業がなんであれそれは皆同様です。
人気商売というのはその通りですが、だからと言って彼らは身を売ったとかそういうことではないんですよ。

何様なのだろうかと思うほどにいつも上からアイドルや事務所に対してものをおっしゃっていますが、書いているものは彼らを題材とした性描写込みの二次BLで、言ってしまえば彼らで性的に盛り上がりたいという思いで作った話を挙げているブログ運営者という立場でありながら、ファンであるから、金銭を支払っているからなどという理由であれこれ文句を付けていいなどと思うのは、キャバクラや風俗に行って説教を垂れているおじさんとまるで同じです。厳しい言い方にはなりますが、そうなのです。
それじゃあやっていけないよ?どうすんのこの先?と自分に酔って絡んでくる彼らと自分たちは違うと思うなら、自分を律してください。

チャンミンにしろヒチョルにしろチェンにしろ人がとやかく言うことではまったくないですし、事務所がアイドルに対しそういう対応をするようになったというのは至極真っ当なことです。むしろこんなに自殺者まで出て何も手を打っていなかったらそれこそが問題です。

この記事を書かれていた方はSHINeeのファンでらしたはずです。ジョンヒョンが亡くなったとき悲しみを表した記事を挙げていたことも覚えていますし、今もよくテミンのことを書かれていますね。
ジョンヒョンが生きていて恋愛の話が持ち上がったら、何を言うおつもりなんですか?おそらく間違いなく彼を追い詰めるだろうことを今もまだ他のアイドルに対し繰り返し行っているということが分かりませんか?

こちらが支払う側であるから要望を持ってもいい、それをネットで晒してもいいとお思いの部分があるかと思います、自分の思ったようにしてくれ、私の満足のため、特に自己顕示欲と性的満足のためにと。
しかし彼らはファンのための生贄ではありません。
彼らの命と引き換えにあなたの幸福が得られるなど言語道断です。

私が再三こうしたことをやめるようにと訴えているのは、そうした記事を読んで同じような思いを抱えている人が悪い意味で勇気づけられるからです。誤った方に人を導いてしまう。このままでいいんだ、これは悪いことではないのだと。

ですが悪いことです。

もちろん人は複雑な感情を抱く生き物で、そんな風に言われてもと思うことはあるでしょう。
ですが人の生活、命、心がかかっていることなのです。
言い過ぎでもなんでもなく、そうなのです。

軽い気持ちでひどい、裏切られた、こんなのおかしい、と訴えることにより、それがその対象にどんなにダメージを与えるか。むしろダメージを受けてほしいと願っているところがあったりすることもあるでしょう。

しかし自分の思い通りにならないからといって人を非難することはどこまでも幼稚な行為であり、成熟からは程遠く、それは東方神起やSHINeeのファンの程度が知られてしまうということです。
アイドルが恋愛、結婚をしたからと言って離れていくと言うなら、彼らをただそういう相手としてしか見ていないということの証明になるのですよ。それでいいのですか?

これは綺麗事でも理想論でもなんでもありません。

アイドルの世界はこうなっていくべきです、そうでないと永続的な商売など、それこそできたものではありません。新しい子を次々と出したからといってそれで成功するわけではありません。

商売商売おっしゃるのならそういう点までお考えになってからお話しされたらいかがでしょう。以前アイドルの生き残りの厳しさについて語ってらしたように記憶しておりますし。サバイブするための次の段階に入ったのだとお分かりになっていいのではないですか?

私は彼らが恋愛や結婚することについてあからさまな非難をすることを容認するつもりはありません。
ジョンヒョンのことがあって以来、それは許されないことだとつくづく痛感しました。
お題目を並べてまるでそれが当然と言わんばかりに批判を事務所や当人やパートナーに宛てて書き、人々を焚き付けるようなことは許されるべきではありません。

いいですか、決して許されないことです。
人の親でらっしゃる方も多くいます。子供になんと言うつもりなのですか。

どう生きるかは自由で、それは人がとやかく言うことではありません。

ファンであるなら彼らを真に応援をするよう努力してください。

お願いします。



フェリシティ檸檬







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | お知らせ

20200113

辛いですよね、と話し出すことの異常さ
202001130152141fa.jpeg


お出掛けしてきました。
よく見えませんがこのブローチは睡魔さんからのプレゼントです。

20200113015500f52.jpeg


この人も眼鏡を新調しました。

20200113015226640.jpeg


新しい靴を履きまして。

まあしかしいろいろとうまく行かず、すさまじい喧嘩を出先で繰り広げましてね…←
ほんとうにうんざりしました。困ったことですね。

死ぬほど疲れながらも

202001130152379ff.jpeg


セール品をゲット。

よく考えることなんですが、私はアールヌーボーとアールデコ、どちらの方がより好みなんだろう…?ということがずっと人生のひとつのテーマで、これまでもここで何度か触れてきたことかと思うのですが、今回買い物中またそうしたことについて考えざるを得ないというような感じでした。
結局それらが絶妙に混じったようなものがいちばん好きではあるのですが。
このイヤリングのような色とフォルムの遊びのようなタイプの造形物を見ると否応なしにワクワクしますね。


人の私生活のこと(しかも喜ばしいこと)で本気で一喜一憂し果ては怒ったりして非難を浴びせている人たちを見るにつけ、どんなに傲慢なことをしているのか分かっているのだろうかと呆れずにはいられない日々でありましたが、まだそれは続くようすであるようで、これにもまた心の底からうんざりです。

理解力と想像力と記憶力、また思いやりが足りないということは空恐ろしいことです。

自分自身がどういう人間であるか(人にどう見られているか)、他人がどんなふうな人間であるかちっとも把握できていないのに知ったふうに自信たっぷり語ることをして、恥ずかしいことこの上ないです。

誰々のファンである、と言いながらその人の幸せを祈れないならもう金輪際黙っておくべきでしょう。
ファンを自称する対象が幸福になることがイコールそのファンにとっての不幸であるという前提で話を始めることの異常さに即刻気付くべきです。
彼らとあなたたちは恋人になろうなどと約束してはいないんですよ。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20200110

チャンミンの「NO?」の出だし好きでしたよ
20200109052156895.jpeg


お友達への贈り物。

20200110010530ba6.jpeg


花嫁人形の土鈴。ふいに見つけて、お好きそうだなと購入。想像以上に喜んでくれて驚くやら嬉しいやら!

20200110010403f53.jpeg


ペンネアラビアータ。

20200110010351f29.jpeg


下巻を買おうとしたところ、会計をしている最中本屋さんの店長さんに「ミレニアム面白いですよね…」とにこにこ話しかけられとてもびっくり。
その後いろいろ話しながら支払いを済ませると、確かに面白さを話し合いたいものだよネ…と妙に感慨深くなりながら帰途に着きました。
読み終えましたが、リスベットが「その唇に口をつけていいのはこの村で私だけだから」的なことを言って登場するところに心底しびれました。

20200110010511bb6.jpeg


抱っこされぽうっとしている男子。



以前少し書きましたけれども、昨年だかに目にした韓国のバラエティでチャンミンとユノがレストランか何かの個室でふたりで話しているようすから、ああ、このふたりはあんまり意思疎通がうまくいってないな…ということが感じられ、そのチャンミンの表情にある種の苦々しさが滲んでいたことで私は辛くなり、まもなく見るのをやめたものでしたが、今チャンミンはそのときよりも充実した日々を送れているのではないかなと思え、私はそれを大変嬉しく感じています。
素敵な恋人がいて、それを隠さずともよく、何やら彼が興味を持てそうなタイプのテレビ番組に出演し、自分がこうしたいと思っているように過ごせているのではないかと想像できます。

今後東方神起もEXOも活動の場面が減るようなことを読みましたが、それはいろいろな理由からしかたないことであるし、よりよい中身の活動にすることの方がどんなにか重要なことなので、日本で出すような質的に問題のある楽曲に時間を割いたり、今更彼らのキャリアでハイタッチ会を開いたりすることがなくなるなら非常にめでたいことだと個人的に強く思います。チャンミンなんてハイタッチ会嫌すぎて心底辛いだろうなと察せられます。

彼が公開恋愛可能になったのは人気の陰りと年齢から自然な流れだったのでしょう。

長いこと大変な思いをして東方神起をやってきてお疲れ様と心から思います。
これからは持ち歌の中から曲を厳選して内容の濃い大人っぽいライブを無理のない範囲でしていって欲しいものです。あと年齢と声質に合った良い楽曲をリリースするのを期待しています。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20200109

アイドルはあなたの道具じゃない
2020010905214500f.jpeg


セール戦利品〜!!
なんつーか赤いハートしばりっつーか、ですね。
可愛くてたまらんもんがありますね。

202001090519584cd.jpeg


祖父へのバースデーカード。
輸入品で、帰省帰りに買ったのですが早速使いました。
私の芸術方面に関する華やかさを好む点は彼由来ではないかと思います。祖母はその点真逆ですが。

20200109052013e81.jpeg


202001090519411b5.jpeg


友人からのプレゼントや、帰省の折手に入れたもの。
ムーミンものは欲しくなって困りますね、これはくれたものですが。

20200109052107131.jpeg


カレンダーデヴュー。
いくつか買ったのですが、もうひとつふたつあってもいいかなと思います。

20200109052030471.jpeg


カルボナーラ。

202001090521196df.jpeg


カレーうどん。

20200109052044fd6.jpeg


20200109052133fe1.jpeg


ミレニアムシリーズは映画をハリウッド版含めすべて見ていまして、とても好きです。
まっとうなすばらしい人と人間のクズみたいな人がきちんと描かれていて、触れているとこの世は地獄だが救いがないではないという気持ちになります、そしてそれは私の世界観と共通する部分があります。


このところずいぶんたくさんの方に来ていただいてありがたいことでありました。
私はほんとうに今回のことでものすさまじく悲しい思いをいたしました。
とにかく心から悲しく、また恐ろしくなった年末年始でした。

何にもっともげっそりしたかと言えばそれは皆さんの「反省を踏まえられないところ」です。

韓国芸能人を追い込むひとつの要因として彼らの完璧主義的な側面が挙げられるかと思いますが、彼らのプライベートに関しても理想と違うとバッシングは行われ、こと恋愛に関してはファンからの支持がそれによって左右される決定的なものというように把握されているはずです。
私はこういった根本の部分を常に言っているのです。

アイドルに造詣の深いライムスター宇多丸氏が昔岡田有希子氏が自殺したとき、アイドルを応援するということはなんと罪深いことなのだろう、そのときもうアイドルの応援をやめようと思ったという話をときどきなさいますが、ジョンヒョンのときも思い出されたこのことが、今回また強く私に迫ってきました。

私は起きたことに対しなんで?から悲しい、悔しい、いやだ、というただただ落ち込みに入っていくという精神構造をあまり評価していません。
起きたことの原因を考え、それを改善するよう努力することが何よりも重要なことです。
分析し、それを自嘲したり皮肉ったりしたらその先へと進まなければなりません。

こういうことをするとこういう結果が伴うんだ、という経験を大切にするのです。

アイドルは公人だから、何を言ってもやってもいいしすべてを受け入れてくれる、などというのはお門違いで、それがたとえ現状、恋愛ネタは人気の低迷に拍手がかる要因となるからそれを避けて欲しいという必死の願望から来ているものだったとしても、それで彼らを責めるということは基本的な間違いなのだと強く意識することです。
彼らに生きていてほしいではないですか。
なんて自分勝手な人間ばかりなんだと絶望させたいんですか?

何度も言うように確かに芸能稼業というのは微妙な点があり、そこには強くセックスの力が影響し、彼、彼女と寝たいという、突き詰めればその欲望によって応援がなされています。それは真実です。
ですがそこで理性というものを働かせてこそ成熟した大人というものです。とにかくこれに尽きます。
もし恋人が欲しいなら、自身の実生活において努力することです。
チャンミンみたいな人はいないから、と思うならもうそれは捧げるだけの愛だと自分を律することです。

コンプレックスや自意識にばかり目を向けていないで、自身が求めるものはなんなのか、そしてそれはほんとうに彼らにどうこうしてもらえることなのかをどうかを冷静に判断してください。

ジョンヒョンのときあんなに辛い、悲しい、かわいそう、あの光はジョンヒョンだ、等々言っていたじゃないですか。
ああしたことを繰り返さないようにするという意識を持たなければなりません。
人への敬意と礼儀を失し、知性を放棄してはいけないのです。











にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20200108

【一欄】人気投票
おひとり様、一回ずつ、コメント欄に日付だけでもご記入の上、ご投票いただけると大変に励みになります!
どうぞよろしくお願いします!
(コメント欄、可能であれば何かひと言でもご感想をいただけるとことさらに喜びます!)





無料アクセス解析






無料アクセス解析






無料アクセス解析






無料アクセス解析






無料アクセス解析






無料アクセス解析









にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (2) | 投票

20200108

【お知らせ】年末年始企画の人気投票について




無料アクセス解析




上記の通り、2016年末、2017年始めに行った企画作品の人気投票を行わせていただきたいと思います!
コメントも併せてくださるとより一層嬉しいです。
もしよろしければご参加くださいませ。
よろしくお願いいたします!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (2) | 投票

20200107

ファンとしての誇りがあるなら
20200107034724b6f.jpeg


可愛いガラスの達磨が仲間入り。
駅のクラフトショップは大変行くのが楽しみです。

202001070347086d6.jpeg


これらもそこで。
おはじきみたいな飴みたいなガラスの箸置きと、琺瑯の小さなスプーン。

20200107034738a81.jpeg


早速使うの図。


毎度同じような書き出しになっていますがずっと思ってきたことですけれども、お伝えしようとしていることが結局きちんとお分かりいただけないようで、非常に残念ですね。
多くの人が「人それぞれ」という言葉を使いますし、それは当然ですけれども、人それぞれで片付けられない事柄というのがこの世にはあります。人それぞれという言葉は一種の逃げなのです。自身の誤りを認めずに済むための。
差別や退行というのはこういう人だから、ということで済まされないことで、それは他人に害悪をもたらすことだからです。東方神起が韓国人だから出て行けと言われることは許したらいけないことです。それはお分かりになるはずです。
もちろん心境はいろいろあるでしょう、しかし決して口に出したり行動に起こしたりしてはいけないことです。それが人間としてのマナーで、基礎で、知性です。
今回のこともこれに該当します。
人が自分のパートナーを選んだことを中傷する、しかもネットを介して、というのはしてはならないことです、きちんとした洞察もできないまま。相手がこういう人だからよくないとかそういうことでもない。ただただ「アイドルが恋人を作るのが嫌」というだけの理由でそれを批判するという行為がです。
「このことでファンが離れこれまでのような人気がなくなるかもしれないことが不安」というふうに、これまでさんざん東方神起のふたりが恋愛中と煽ってきたことの恥ずかしさから逃れたい気持ちも込みで(お認めにはならないでしょうが)話を逸らしている方もいますが、そんなことで地盤が揺らぐようなファン界なんですか?チャンミンはそこを信頼して発表したとは思えないんですか?それならば自分たちが所属しているファンの世界というのはそれだけのものだったということですよ。ずっと日本のファンは素晴らしいと自負するような記事を挙げてらしたように思いますけれども、そうではなかったということです。
そしてお金を落とす存在であるという自覚があるならその身の程を弁えろということです。ATMだなんだというならそう振る舞わなければなりませんよ。ATMは恋人でも妻でもありませんから。
その引き換えとしてひとりきりでいろとほんとうに思うんですか?30過ぎた男性に?
30過ぎまでそうしたことを大っぴらにしてこなかったことを感謝すべきではないですか?
莫大な富をそれで得てるんだからとかなんとか言う人がいますけれども、音楽をやる人がその音楽がよくて売れていたらそれって普通のことですよね?アイドルもミュージシャンですよ。皆さんよくおっしゃっているように彼らは歌もダンスもおできになるんですよ。私は今の彼らの楽曲は駄目駄目だとは思いますがパフォーマンス能力はそれでたくさんのお金を稼いでしかるべきものだと思います。
彼らの今後を憂いている人は結局彼らをアイドルとしてしか見ていないということです。彼らの能力をそこまでのものだと考えていないことの表れです。
お金を払う側だと思うならば楽曲が悪ければ、パフォーマンスが悪ければ、人となりに愛想が尽きれば、また飽きたらばやめればいいと思います。
しかし自分とのや彼ら同士の恋愛を妄想できなくなったからなどというのは、それをネットで声高に話すなんていうのはナンセンスです。
大人なんですから、初めから自身に言い聞かせるんですよ、これは恋愛ではない、この人たちは付き合っていないと。自分とも東方神起内でもそうではないと。
それがおできにならないならファンになる資格はないのではないでしょうか。応援するということは、特に音楽家を応援するということは、こんなことではないはずです。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20200106

子供のわがまま
202001060648404cc.jpeg


実家の玄関に、母が飾ってくれているもの。
中学時代に描いた絵や作ったリース、結婚の際のブーケのドライフラワー。

2020010606482642b.jpeg


昔友達のプレゼント用などに作ったオーナメントの残り。あまり気に入らず手元に。
材料はすべて100均で、100均てすげーなと改めて思った記憶が鮮明です。

20200106064852615.jpeg


フェアトレードの美味しい美味しいチョコレート。
パッケージのイラストもすべて好きで、買うとほんとうに幸せな気持ちになります。

20200106064916760.jpeg


帰る直前、階段でようすを窺う二匹。

202001060649053fb.jpeg


駅のホームで。
バタバタした一日でした。

いつもいつも何かがあると思いますが、あまり何も指摘されず好きなことを言い続けて仲間だけで固まって安心していたと思ったら、それを批判されると突然内輪だけにしか話がいかないようにし、陰でこそこそ言い出しますね。ほんとどうなんだかなと思います。
それにタイトル云々書いている人は完全にご自身もブーメランですし。
人のことをどうこう言う前に自分の行状を振り返るべきだと思いますね。
だいたい書いてあることに反論があるならそれを真正面から言い返せばいいのではないでしょうか。
しかしみんな辛いかもしれないけど、という出だしで話を始めてらっしゃる時点でそんなのは不可能ですけれども。それがそもそもおかしいということに気付いて欲しいと切に願いますよ。お友達も言っていましたが、パートナーやお子さんをお持ちの方も大勢いらっしゃいますよね?自分はプライベートを持ちながら、アイドルには駄目だなんていったい何様なんですか。
何度も言いますが東方神起ってあなたの恋人です、とか俺たち恋人です、って演出そんなになかったですよ。思い込みが激しすぎます。彼らは裏切られたとか全然言われる筋合いないですよ。
幼稚なんですよ、すべてが。自分の思うままであって欲しいという子供じみたわがままです。自己愛と自己中の権化のようなものです。彼らが大好き、愛していると言いながら、彼らの幸せを喜ぶどころが邪魔をする。
何が祝福しているという記事は情報操作ですか。私は祝福しています。他にもそういう方がいらっしゃいました。「齢30〜60にしてアイドルに彼女がいてものすごく動揺し傷つき、ファンを辞めそうになっている」なんていうのを大々的に報じられたいんですか?ほんとうに?聞いた人はどういう思いがするか分かっているんですか?客観性というのはどういうことかお分かりですか?
そもそもこんなことに情報操作なんて言葉を使うなんて呆れ果ててものも言えませんよ。彼らにしようもない泣き言を言っていると記事にされるよりずっとましですし、そんな言葉を使うのは政治や何かほんとうに真っ当でないことが起きたときにしてもらいたいものです。彼はまったく悪いことはしていませんからね。
よくもこんなことを相手にしてきたものだなと彼らに心底同情します。ジョンヒョンを想うと泣きそうになりますよ。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20200105

恥を知るべきですね
202001050430239bd.jpeg


年賀状が三日あたりに届いたとお聞きでき、とにかく無事お届けできてよかったなと思っております。
結婚記念日の写真を使って作りました。

20200105043033a01.jpeg


にこにこな男。
感情がしっかり表れる見ていておもしろい犬です。

20200105042621118.jpeg


祖母宅で出た和菓子。
ごぼうが挟まっています。
色がとても美しく、しかもちょっとエッチで←、また美味でもありました。

このたびの騒動を見ていて思うところはやはり山のようにあるのですが、その中でも強く感じるのは人に対する異常な期待の大きさですね。過度な期待、しかも的外れな。
同じようにチャンミンを見ているはずなのにユノの貞淑な妻みたいに見えている人の多さにも常々愕然としてきましたし、ユノの完璧な彼氏みたいなのももちろん同様ですが、それを本気で思い込み期待している人がとんでもなく多く、幻想だなんだと口では言いつつ実際違うと分かったらバッシングするというこの現状。
バッシングという意識はないかもしれませんがバッシングですからね。パートナーができたことでショックでひどい、裏切られたと訴えることって。
最近立て続けに自殺者が出て、皆いろいろ書いていたのにその舌の根も乾かぬうちにアイドルがアイドルとしてこうあるべきだという押し付けですよ。
彼らがなにを辛く思うかとかほんとにどうでもいいんですね。
なんで私生活を明かさないのがルールなんですか、彼らはあなたの想像の人物じゃないんですよ。
実生活での憂さを彼らで晴らすというのは芸能のそもそもの役割とも言えますが、彼らにそこまで求めるのは過度な期待です。いい年をして恥ずかしいと思うべきです。ほんとうに恥ずかしいですよ。このことは恥ずかしいことで、彼を非難するのは思いやりのない行為だと自覚しなければなりません。
彼の恋愛とパフォーマンスや音楽やライブがどう関係あるんですか。そもそもそこまでのスキンシップを取っているふたりでもありませんし。他のグループならどうなってしまうんですか、これ。
チャンミンは過剰な期待を寄せるファンに対し多分ダイエットを勧めるときと同じ気持ちを寄せるだろうと思いますね。呆れです。





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20200104

辛い夜を過ごす、彼自身が選んだということ
20200104022931f5f.jpeg


初売りを買いに行きましたですよ。

20200104022956821.jpeg


やはりとても安いですね!
ずっと欲しかったものが買えて嬉しかったです。
眼鏡大変お気に入り。

20200104022944bb4.jpeg


ちなみに雑貨屋さんで手に入れたもの。
ねずみのものでなく結局鶏の縁起物を。ちょっとねずみって可愛すぎるんですよね、置物とかが。

20200104023009a77.jpeg


繋がる俺たち。

20200104023019041.jpeg


永遠に遊びに誘われる同居人の人。

帰省って辛いな…と毎回思うことをまた思ったりした数日でしたけれども、買い物は気が紛れるし役に立つものが手に入るし素晴らしいですね。

しかし以前からずーっと書いてきましたけれども二次BL界隈などを見ていてアイドル同士が本気で付き合っている的な妄想はあまり健康的ではないということを指摘してきましたが、それはその幻想が打ち砕かれたときにファンでなくなってしまうことを彼らに対しして、なおかつ本人がめちゃくちゃ辛いという結果を招くからだということでしたけれども、完全に言った通りになっていてなんでこんなことになるんだろう…と東方神起のチャンミン彼女話を目にするたび思います。
ユノとチャンミンてそんなに仲良しではないと思いますよ。常々書いていますけれども。
ある種の運命共同体であることは確かでしょうけれども、そうしたかたちを本人たち、特にチャンミンが望んでいたとは決して思えませんし、それを完全に消化できているかと言えばそんなことはない感じがしています。
世間にこの人がおれのパートナーだ!と自身で声を挙げることができる相手を見つけてほんとうによかったですよ。心からそう思います。
こうしたことで人気が左右されるなら、そのことの方が間違っていると断言できます。綺麗事とかそういうことではありません。人権の問題です。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20200101

やる気勇気元気!!!
20200101215441f00.jpeg


あけましておめでとうございます!

202001012154546f4.jpeg


新年のお買い物。

20191230205436a3d.jpeg


このミイのブックカバーをこの帰省のお供の本に使ってます。

20200101215513f65.jpeg


20200101215525db7.jpeg


お土産のクリスマスバージョンのフランセのお菓子。
パッケージのイラストが可愛く、中身も美味しい素晴らしい菓子です。

さて皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします!!!



フェリシティ檸檬








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20191231

温かな夜(チャンミンおめでとう)
20191231210741636.jpeg


大晦日の食事会でした。

20191231211014d4b.jpeg


ピアノに陣取る二匹。

201912312110036a2.jpeg


お菓子を取らないよう同居人の人が犬を抑えていました。


2019123121062369a.jpeg


私がプレゼントしたブローチを着けてくれている祖母。

みむ子様が早速ヘチャンをまた書いてくださり、嬉しいなあと思いながら読ませていただいた今日でした。
お忙しいのに今年最後のプレゼントを準備してくださって、ほんとうに感謝感激です(別に私にとは言ってない←)。

今年は主に夏と冬に企画をした、という感じでしたでしょうか。
NCTに手を出した年でもありましたね…。
彼らの話はどれも自分自身楽しめるものとなり、嬉しく思っています。
おそらく来年以降彼らの話をまた書いていくでしょう。

そしてサーバー落ちてる?と思ったらチャンミンに交際報道とのことで。
毎度のことなんですが私はこうしたことにショックとかあまりないので、その騒がれぶりにびっくりしております。
むしろ以前も書いたことがありますが、へええ、こういう人と付き合うのかあ!と、めちゃくちゃいろいろ想像する材料にしてしまうので、結構嬉しかったりします。こんなセックスするのかな、とか←
あとこうした幸せを感じることができているんだな、とほっともします。アイドルなどをしていて不幸ならば、私はそのことの方をとても辛く思うので。
そして何よりチャンミンは、あんまり仕事において幸福を感じることが多くないのではないかと思うので、私生活では少しでも充足してほしいなと心から願っていますよ。

読者様とお友達に支えられている当ブログ、何年目になるのかな?←
もしよろしかったら来年もどうぞお付き合いくださいませ。
よろしくお願いいたします。
心からの感謝を込めて。



フェリシティ檸檬






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20191230

心のごはん
201912302053510da.jpeg


帰省です。
いつもの如く猫二匹連れ。

20191230205411f2a.jpeg


駅で買った可愛い可愛い紙ナプキン。
紙ナプキン買おう!と思っていたので、これを見つけてうはうはでした。

20191230205423eb3.jpeg


ついこの間まで仔犬だったはずの子。おかしいな←

EXOのライブをつい先ほどまで見てました、みむ子様いつもいつも情報ありがとうございます!!

母も弟も、みんな色が白いんだねえ、という物凄い基本情報から入っていってる横で観賞しましたよ。

ベッキョン上手くなったなあ、と改めてしみじみしたのがひとつ良かったことでした。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20191229

私の癒し
2019122905052742e.jpeg


20191229050541a33.jpeg


20191229050559ff1.jpeg


20191229050611317.jpeg


読みづらいですけども…。
先日発売された「波よ聞いてくれ」の大好きで何度も読んでしまうところ。
今現在の私の癒しはこの漫画、ベッキョン、そして丁寧な暮らしをする餓鬼のガッキーです。
ガッキーはTwitterで人気の餓鬼さんで、私はもう彼女にめろめろです。

2019122905062218b.jpeg


雨の日の私。

起きたら睡魔さんも起きててなんだかほっこりした朝です。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20191228

ほんとに可愛いね、と言いつつキスしてましたよね…
20191228230644471.jpeg


買ってしまったんですよね…ええ…。
雑誌買ってしまうところありますね、インタビューといい写真を期待してしまうんですね。

201912282306053e0.jpeg


20191228230616612.jpeg


2019122823063176d.jpeg


暑すぎても寒すぎてもいけないそうです。
相変わらず紙袋と段ボール箱が大好きですが、こたつも寒いと入りたいというね。

201912272125599ed.jpeg


意味なくこんな写真も。
ディオが鹿に接しているときの甘い感じを見た際、私はこの人と実際に知り合いだったらこの姿で惚れるかもな…と思いました。動物好きに弱いです。
同居人の人も出会ったとき動物園の年間パスポート的なものを持ってましたしね…。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20191228

クリスマスプディングの冒険
201912272123100cb.jpeg


クリスマスプレゼント。
同居人の人がくれたmacの口紅です。
とても濃いピンク色で、ピンク色が欲しかったので嬉しかったです。
いつもながら美容部員さんと話しているところを想像すると面白いなと思います←

201912272124529d9.jpeg


私からのプレゼントその2。
いいハンカチ。でもほんとは子供用。
しかし小さなタイプのハンカチが彼は好きだし、この折り目でいろいろ色柄が変わるのを胸ポケットで楽しめるしということで、選びました。

20191227212418b10.jpeg


2019122721243114e.jpeg


ミートパイ、ビーフ味。ビーフシチューを中に閉じ込めたようなお味。やはり美味しい。

201912272124036e5.jpeg


20191227212350f74.jpeg


クリスマスプディング。ウイスキーバターと共に。
ポワロの「クリスマスプディングの冒険」を見ながらクリスマスプディングを食べたクリスマス…。

クリスマスのご馳走というのはケンタッキーフライドチキンとかケーキとかが買ってくるものとしては定番ですが、特にケンタッキーはいつ食べてもその過大評価ぶりに驚くばかりで、睡魔さん宅のように自分で鳥丸ごと焼くくらいしないと(いつもながら美味しそうな食卓に目を剥く私ですよ)なんだかクリスマスを心から楽しめるものではないわ…などと思っていましたが、これで解決!!私はクリスマスはミートパイやクリスマスプディング、シュトレンを楽しむものということにしました〜。
スタウトのビールをお共にしておりますよ。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20191227

どちゃくそセクシー
こんばんは。
UNvillageをめちゃくちゃ見まくってます、檸檬です。

えーとそんなわけでこれはめっちゃいいです。



ほんとにどちゃくそセクシーですね。
なんかちょっとマイケルがスタンドマイクで歌っているときの姿を思い出したんですよ。



最高。
歌い出しのあたりが上に書いたようなシーンですね。

昨日好きな踊り手について少し書きましたが、体をきちんと静止させられ、無駄な動きを極力抑えた上で豊かな表現が可能であるという点もものすごく評価します。そういう意味でヘチャンが大変好きなのです。



ほんとに彼は素晴らしいですよ。どうかどうかこのままいいふうに伸び続けてくれますように。
私が以前書いたようにお友達と丑の刻参りをせずにすみますように←

20191227212528f5c.jpeg

20191227212517443.jpeg

20191227212547672.jpeg

なんとなくまたこんなものを集めたりね…。

夏のときもそうでしたが自分で書いた話の余韻にひたっちゃってやばいですね。
ふつふつとしたものが体を満たしていて、なんとも言えない心境です。



フェリシティ檸檬



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20191226

あとがき『2019クリスマス企画』、お返事、的な…
こんばんは。

ちょっと時間がないのであまり書けないかもしれないのですが…あとがきめいたものを。
また改めて続きを書くかもしれませんが。書かないかもしれません←

あとがきと言うより今現在の私の心境みたいなものになります。
と言うのは、今回のクリスマス企画はまずみむ子様へお礼がしたいという思いを消化しようとした際たまたまタイミング的に一緒になっただけという感じだったのですが、その少し前からベッキョンへの再びの傾倒が始まっており、書いていくうちに自分の中で加速度的に彼への萌えが強まり、結果四作も続いた企画となりました。
ほんとうは再び、と言うより彼のことはsuperMのこともあってずっと気になり続けていたんですね。なのでずっと書きたいのは彼でした。彼とディオはいつでも書きたいというのが真に正確なところですが。

みむ子様から昨日早速コメントいただき、いつもながらめちゃくちゃ嬉しかったんですが、そういうわけでお返事も、ここ最近のものいくつか含めてさせていただきたいのですが、私はsuperMのベッキョンはやはり嫌いじゃありませんでした。
何故かと言えば、彼がEXOにいるとそこまで真摯に向き合わないということがタイミングやシチュエーションや何やかやによってはもしかしたらあるかもしれないダンスというものを、否応なく常にマックスで行わなければいけないということになるのがsuperMというグループだったからです。マックスどころかそれを超えるようなパフォーマンスが要求され、それは彼にとってプラスになるのではないかなと私はもともと思っておりました。
歌とダンス両方を行う人間ということで、テミンと並ぶことが必然的に多くなるわけで、テミンというのは全身全霊でパフォーマンスするタイプで、なおかつダンスに命をかけているようなところがありますから、心構えからして整えておかないと、彼に対し見劣りすること確実となってしまいます。そのことを非常によくベッキョンは理解していたと思います。彼がターンを繰り返ししているのをあまり見たことがなかったように記憶していますが(私の記憶違いかもですが)、彼がターンをするたび、私は何か感慨深いものがありました。しかもスピードを可能な限り速めようと努力しているのが窺え、頑張れ、と私は毎回エールしていたものでした。そもそも私は非常にターンが好きのなので、単に嬉しかったというのもありますが。
そして、「2fast」が曲として好きだ、ということも大きかったです。
音源を聴いた際も好きは好きだったんですが、それよりもパフォーマンスをしているのを見てかなり魅了される部分がありました。
音源は、なんと言うか…テミンの歌声がSHINeeのときほどうまく編集されていないという印象を受けており、歌い踊っているさまを見てその思いを強くしたのですが(まだその方がよかった)、これはジョンヒョンの不在が理由として大きいのか、そこのところはよく分かりません。ただあの曲はSHINeeを彷彿とさせるものがあって、繊細かつ官能的でスピーディなこの曲をベッキョンがハスキーな低音で歌っているのを聴いて、ああ、とてもいいなあと思ったのです。歌詞もよかった。メンバーも好きでしたね、四人に絞られていて。
この曲のダンス自体はいちばんよかったのはマークで、私はほんとうにテヨン、マーク、ヘチャンのダンスには常々感心しきりなのですが、今回もそうでした。彼らは三者三様ですが、大変優れた解釈をし、それを実行に移せる身体能力と性的魅力とカリスマ性があって、とにかく素晴らしいと思います。
でもこの曲のように指を印象的に用いる振り付けは、その点ベッキョンにアドバンテージがあり、改めて私はベッキョンの指使いに心酔しました。
先に書いたように私はターンが好きなのですが、個人的に踊り手を好きになるとき、ターンが素晴らしく速いか、指先を繊細に用いられるか、というふたつが判断基準になることが多く、これをふたつとも満たしているのが当然マイケル・ジャクソンなわけですが、彼は信じられないほど速いターンを決め、見ていてもよく分からないような手の動きをし、見るたび頭がくらくらするわけです。
そしてベッキョンは自身でもやはり語っていましたが(よっぽど言われるのだろうなと思います、ファンからも、スタッフや先生からも、きっと恋人からも言われたのでしょう)、美しい手をしており、しかもよくあるタイプの美しさとは若干違う…女性っぽいとも違う、男性っぽいとも違う、何か中性的な、手というものを抽象的に表したような、そんな不思議な手です。それを効果的に魅せる使い方を常々彼は考えているのでしょうが、UNVillageからこっち、それが飛躍的にうまくなった気がします。



これとか相当いいなと思いました。

今後もっともっと洗練されていくだろうなと思いますが、とにかく、私はそんな彼の手の扱い方に接した感動を話として表現できないかと考えました。そのまま出すということではなく、その印象や感覚を落とし込むということです。私はだいたい話を作るとき(媒体がどんなものであれ)、そういうようなことを目指しているところがあります。このシーン、この絵を表現したい、そしてそれが有機的にストーリーと絡み合っているものを作りたいと。もちろん満足するようなできになっているかと言えばそうだとは答えられないのですが、でもそれを常に目指しています。今回の企画はそれが目的だったとも言えます。
ヘチャンもとてもいいんですよね、彼の指使いも表したいと思いました。ベッキョンとヘチャンはみむ子様が書いてくれたふたりでもありますが、こういうところも共通しています。指の長い大きい美しい手を自覚的に用いているのが素晴らしいです。

読んでくださった方がどれくらい満足してくださったのか、気になるところです。たまにしかお話を書かなくなった私ですので、楽しみにしていてくださる方が実質どれほどいらっしゃるのかよく分からない部分もあるのですが、もしも感想などお聞かせくださったらとても嬉しく思います。
みむ子様はお優しく、いつも感想をお聞かせくださいます、ほんとうにありがとうございました。
おっしゃるとおりこの企画ではキスがひとつのテーマで、それは私にとってキスというのはいちばんエキサイトする行為だからです。今回は私自身の欲望に忠実だった作品群でした。
キスシーンはほんとうに大事。セックスシーンより。

FBF3D491-04C9-4F87-82DC-9934CF5FE95B-11292-000005ACD33F9D36.jpg

はあ。

時間切れです。

クリスマスのお供としてお楽しみいただけたことを切に願っております。
T様お体どうかお大事にしてください!!
みむ子様、大好きです。


フェリシティ檸檬



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20191226

こぼれ落ちるこころ(クリスマス企画/パラレル短編/EXO)

 扉を開けて狭い玄関を抜けると、ようやく人心地着けるといったようすで、男たちはやおら騒々しく荷物を置き上着を脱ぎにかかった。あー、とおかしな低音で声を上げながら窮屈そうにコートを脱ぐ連れを横目で見つつ、ギョンスはてきぱきと暖房をセットした。
 ふたりは職業柄許される範囲のラフさを含んだ格好に身を包んでおり、実際大して私服と変わらなかった、特にギョンスは。よって部屋着に着替えることもなく、首を両サイドに曲げて体を伸ばすと、部屋を見渡しながらベッキョンはベッドに勢いよく腰掛けた。
「疲れたなー」
 筒のような白い喉から異様なほど大きく膨らむ声を出す。ギョンスはキッチンと寝室の間に立ち、放心したような態のベッキョンに静かに聞いた。
「食事にしていいだろ」
「んー」
 焦点の合わない目をしたベッキョンをいっとき見つめたあと、支度の間聴くための曲を掛けようとギョンスが部屋を横切ると、背後から声が追った。
「そう言えば、誰かさ、後ろから付いてきてなかった?」
 レコードラックに指を差し入れていたギョンスは、その動きを止めて振り返った。
「何?」
 見返しているベッキョンは訝しげに言った。
「感じなかったか?お前」
「ううん」
「気のせいかもしれないんだけどさ。学校からずっと誰か後ろにいる感じがして」
「学校から?」
「うん。生徒かなとかちょっと思ったんだけど」
 ギョンスはラックに向き直り視線を下げて言った。
「お前のファンじゃないの」
「そうかな」
「可能性大だな」
「やべーな」
 ふふ、と息を抜くだけの笑いを漏らしてギョンスは何も返さなかった。
「見られたかな、ちゅーしたの」
「知るか」
「やべーな」
「あんなとこでするからだろ」
「嫌がってなかったくせに」
 再びギョンスは返さない。もうさせないと言わんばかりに唇の上と下をぴっちりと閉じ、ジャケットに神経を集中させた。
「あ、もらったプレゼント忘れた」
 羽毛布団が潰れた間の抜けた音がする。後ろに倒れ込んだベッキョンは天井を仰いでうめいた。
「お前と分けようと思ってたのになー」
「いいよ俺」
「あんなにどうしろってんだよー」
「他の先生に分ければいいだろ」
「ばれたらまずいだろ、非難轟々だよ」
「口止めしろよ」
「お前ほどみんな口固くないんだよ」
 と言うかお前は無口だから、と続けてベッキョンはごろりと横を向いた。
「やっぱ年末は疲れるな」
 嘆息混じりの言葉に、選び取った円盤を携えギョンスは振り向いた。
「寝るのか?」
「寝ないよ」
 届いたのが何故か不機嫌そうな声音で、ギョンスは自分のベッドへと距離を詰めた。
「無理して食べなくてもいいぞ」
「食べるよ」デッサンの狂ったような顔でベッキョンは起き上がった。「作ったんだろ」
 整髪料をまとった長めの髪の毛はほぼ中央から分けられてまとまっていたが、今やあちこちへと勝手に跳ね、そのまぶたは半ば甘く閉じられていた。ギョンスは見下ろしてつぶやく。
「着替えれば」
「いや、起きてるって」
 そう言って立ち上がると、ベッキョンはレコードプレーヤーの横に設置された電子ピアノの前まで行き、その椅子を引いて腰を据えた。
「なんか弾きたい」
 関節関節できちんと整えたようなかたちをした細長の指が、鍵盤を順に押さえた。涙がこぼれるように音階が連なる。
 そのまま音量調節を慎重に行うベッキョンの後ろから、ギョンスは乱れた髪と伸びた首と骨ばった肩を見つめ言った。
「クリスマスだろ」
「そうだなあ」
 音を確かめるようにベッキョンは繰り返し指を鍵盤の上で動かしていた。そのたび花びらが時を得て落ちるように音符の名残が床に散る。と、くるりとギョンスを向き横長の椅子の隣をぽんぽんと叩いた。
「来いよ」
 わずかに目を泳がせながら、ギョンスは音も立てずに傍に寄った。
「もっとそっち行けよ」
「やだ」
 そうしてぴったり腰をくっつけ合い椅子に並んで座った。さも楽しげにベッキョンは笑う。
「さあて」
 そう言うと、目を伏せてゆっくりと古いクリスマスソングを弾き始めた、小さくハミングしながら。ごくごく抑えた音であるのに、ベッキョンの声は場を支配してギョンスをその中に完全に取り込んだ。ひとときまぶたを閉じ、そして開けると、ギョンスは横の青年を盗み見るように目に映した。子供のような、薄く小さな唇の両端が軽く上向いている。息を吸うごとにかすかに喉仏が上下する。
 ギョンスは振動する染みひとつない首に唇を置いた。指が止まる。やはり音はこぼれ落ちていく、何かに耐えきれないといったように。野生の動物を彷彿とさせる特徴的な耳の端を、ギョンスは歯で優しく噛んだ。あ、とあの声が漏れ、次いで耳たぶを含むと、不協和音が鳴り響いた。魔法を紡ぐ美しい手が上から握られ、ベッキョンの指はそのまま編まれた毛糸のようにするすると絡んだ。
 中の光った目がギョンスの顔を追った。上まぶたは下りかけているのに強く反射する瞳が、探るように彼を捉えていた。ギョンスはカーテンを開けるがごとく相手の前髪の下から手を差し込み、額から頬を撫ぜた。薄く開いた唇の隙間から、熱い吐息が絶えず届く。ベッキョンは空いた手でギョンスの耳から頬に触れた。その細い手首にくちづけ、ギョンスはベッキョンを見つめ返した。
 ベッキョンは強くギョンスの手の指に指を絡め直すと首の後ろに手を回し、自分より少しだけ小さな体を抱いた。頬と頬を触れ合わせ、深く息をつく。鎖骨のあたりに鼻を擦り付けるようにして、骨の影へとキスをした。
 顔を上げたベッキョンをギョンスは焦燥に似たもののこもった黒目で見つめ、額に、まぶたに、鼻の頭に、頬に、唇を付けていった。ベッキョンは相手の折れそうな腰を逃すまいと、無意識のうちに力を込めて自分に貼り付けさせていた。
 やがて唇にキスはされた。互いにしながら服の下に手を差し込んでいた。汗ばんだ肌が指に触れる感触。衣擦れと舌の絡む音と声にならないような声が夜に溶けた。
「落ちる」
 それは椅子からのことを言っているのだとギョンスはよく分かっていた。なのにこう返していた。
「とっくに落ちてる」
 ベッキョンは何も言わなかった。何も言う必要などなく、ふたりはただ落ちていくだけだった。
 
 
 
おわり





 
 
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 短編〈パラレル〉

20191225

実を啄む(クリスマス企画/パラレル・グループミックス短編/EXO・NCT127)

 この時間まで残るのはやはりきついなと考えながら正面玄関から足を踏み出すと、職員用玄関の方で静かに動くふたつの影が目の隅をかすめた。スニーカーが砂利の上で夜に対し張り切って音を立てようとするのをマークはそっとやめさせた。シルエットを描くふたりが誰であるか、直感的に思い当たったためだった。
 学校から公道に出るまでの広く暗い砂利道の端を影は寄り添って歩いていく。両側に建てられた灯りは数が少なく、彼らをまぼろしのようにしばらく浮かび上がらせては消した。視力の悪いマークだったが、だんだん目が慣れてくるとそうだろうと踏んだ人物たちであることが後ろから距離を置いて付いて歩きながら学校の敷地を出るまでに確かめられた。
 一般道に来ると街灯が照らし、ド先生と、連れ立って歩くビョン先生の後ろ姿がマークの眼前に現れた。淡黄色の光を浴び、闇の中でそこだけ切り取られたような空間を行く青年ふたりは、マークのことにまったく気づくようすもなく、時折笑い声を立てながら、しかし基本的には小声で会話を交わしていた。
 マークは鼓動が速まるのを感じていた。唇をマフラーで覆い、眼鏡を曇らせ、鼻の頭を染めた彼は、足音に神経を集中させるのを忘れないように努めつつ、ふたりから決して目を離さなかった。
 ビョン先生を見るのは久しぶりのように思えた。二年のとき数学を受け持ってもらっており――マークは彼をとても好ましく感じていた。大変明るいたちの教師で、大きな口で大きな声を発し、よく笑った。しょっちゅうふざけて、生徒をからかい、教えること以上に笑わせることが好きなように見受けられるほどだった。と言って大雑把かと言えばそんなことはなく、生徒を非常によく見ていた。具合が悪いとか身が入っていないとか、努力はしているが実っていないとか。叱るときは厳しく、慰めるときは親身だった。授業自体無駄がなく分かりやすく、特段ハンサムというわけではないが、愛嬌のある癖のない顔立ちをしていて、その上すっきりとした体型と美しい手指を持っていることが合わさり、生徒から、特に女生徒から驚くほど人気があった。だがこういったことに敏くないマークはほとんどを友人から聞いてあとから気付いた――彼がビョン先生について長い間抱いていた印象は、教えるのがうまい、温かい人柄のとてもいい教師というだけのものだった。ビョン・ベッキョンはモテるよな、と同級生が話していても、なんとなく理解はできるがぴんと来ず、女子がイベントごとの際、彼に対し騒いでいるのを目を見開いて見つめたことなどをマークは皮膚を氷のようにしながら思い返した。
 進級して担当が変わったあと、再び彼の名を耳にしたのはドンヒョクの口からだった。
「あいつ、ド先生と仲いい」
 小さな木の実のような唇を突き出してドンヒョクは言った。三白眼気味の目を顰め、例によって生徒会室のマークの傍らで仏頂面を晒していた。謝罪に行ったのち、諦めると言いつつなかなかそうできていないのが現状だった。
「あいつってなあ」
 論点のずれなど気にせずマークがなだめようとするのを無視し、ドンヒョクは言ったものだ。
「あいつ絶対ド先生のこと好きだ」
 何故そうも確信を持って言えるのかマークには分からなかった。が、ドンヒョクは間違いないと思い込んでおり、この後輩は驚くほど勘のいいところがあるということを知っているマークは、ビョン先生をド先生と結びつけて考えずにはいられなくなった。それから、見かけた際はそれとなくビョン先生を観察するようにした。そのように気を付けて過ごすようになったあと、ド先生といっしょにいるところを見たことは一度もない。ド先生のことはそうしようと意識せずともマークはよく目で追っていた。放送室で用向きを話したときの彼の表情がマークの瞼の裏に焼き付くようにまだあった。寂しげな、見たことのない顔をしたド先生を目にし、マークは経験のないふうに胸が強く縮んだ。そして喉の奥深くで震える低音で、「ありがとう、マーク」と言われた瞬間、マークは周囲が回転していくような錯覚に襲われた。ドンヒョクが話している間、ふらつきながらも脳みその中のあらゆる事柄をまとめようと腕組みをして考え込んだ。しかしすべてが曖昧模糊としていて、はっきりこうと結論付けられるものではなかった。以来ずっとこの問題は受験と共にマークの頭を占め続けていた。
 ド先生とビョン先生の並んだ姿を見つめながら、マークは自分自身の胸の痛みが己を襲うかと身構えたが、それほどではないことを知って少し虚を突かれていた。それよりもドンヒョクのことが気になった――このことをもし知ったら。どこまで付いていこうかと逡巡しているうちに、もう追う相手は駅に入ってしまっていた。ドンヒョクドンヒョクドンヒョク。思わずつぶやきそうになりながらずっと彼らをマークは追った。半分やけくそになりながら、犯罪にはならないだろうかと不安を覚える心を制し、身を隠すようにして同じ電車に駆け込んだ。
 数駅先でふたりは連れ立って降りた。続いてマークも降車すると、出口に消えそうになる後ろ姿に懸命に付いていった。住宅街、音が何もかも反響してしまいそうな夜更け、マークは首を埋めるようにして一切の音を殺し、一定の距離を保ったまま付け続けた。
 そしてあるマンションの前に来ると、教師たちは中へと歩を進めた。マークもその建物前で足を止めて植木に隠れ、エントランスで鍵を出そうとしているド先生と横に立つビョン先生をなんとか見守った。手に持ったキーホルダーの一部分がてのひらから滑った刹那、ビョン先生がド先生の首に腕を回し、抱え込むようにして自分を向かせ、そのまま彼の唇にみずからのそれを押し付けた。マークは目を丸く開け、強く息を吸い込んだ。冷気が体内を鋭く通る。黒い短髪の後ろ頭から首筋を、ビョン先生の細長い指が這うように押さえている。そのとき初めて、マークは皆が言う意味が分かった。その指――まるでピアノでも弾いているかのようなのだ。音楽が奏でられているような最中、ド先生は手を相手の腕の上に置いていた。拒否するでもなく、軽く掴むように。眼鏡の背後の目は薄く開いたままのようにマークには見えた。少しして一度離れたかと思ったら、よりピンク色にうごめくものが目に付き、それが消えると再びふたつは触れ合っていた。今度はド先生はビョン先生の肘をしっかり掴んでいた。鍵が落ちる。その音がマークのところまで届いた。
 それでふたりはキスをやめた。笑っているビョン先生。慣れ親しんだあのふやけたような笑顔。苦笑したド先生が鍵を拾い、エントランスホールのドアを解錠すると、彼らは奥に消えた。
 立ち尽くしていたマークは我に返って後ずさると、足早にそこを去った。今にも走り出しそうなスピードで通ってきた道を戻った。息を切らしかけながら駅に着くと、ホームに降り立ち、震えているスマートフォンを手に取った。
「あ、先輩?」
 ドンヒョク。
 早鐘を打っている心臓がより一層大きく跳ねた。
「今どこ?俺まだ帰ってなくてさ」
「今?今ーは…」
「ねえこれから飯食べない?」
 そう言ってドンヒョクは自分の居場所を伝えた。マークと彼の家の最寄り駅前をぶらついていたとのことで、混乱しながらもマークは承諾した。
「分かったー待ってるから」
 ちょうど電車が到着し、乗り込むと、数分先にはもう会っているだろう後輩に、どう切り出したものかとマークは呆然と考えた。
 本屋の軒先で雑誌を立ち読みしているドンヒョクが視界に入ると、マークは喉がつかえて声を掛けられず、ただゆっくりと彼に向かって歩いていった。
「先輩」
 横にふらりと立った男に体をびくつかせてドンヒョクは言った。
「どしたの先輩、変だよ」
 客が横から現れ品を取ろうとし、ドンヒョクはマークの手を取りそこを離れ、駅前の広場の暗がりの方へと引っ張っていった。
「何、どしたの先輩」
 真っ青な顔をしたマークをドンヒョクは不思議そうな目で眺め、具合悪いの、と尋ねた。
 首を横に細かく振り、マークはなおも黙っていた。手袋をしたその手をドンヒョクは取ったまま、ぎゅっと握って振った。
「じゃあ何?なんかあったの?」
 眉根を寄せ、しかしまだ半笑いでドンヒョクはマークを見つめた。マークは視線を合わさず、少しうつむき加減で口元をマフラーで隠すようにしている。無表情とも言える顔つきで、もくもくと白い息を登らせていた。と、目を上げまともにドンヒョクを見た。
 そのまっすぐな眼差しを受け、ドンヒョクは微笑の混ざった唇を閉じ、引き結ぶと、じっとマークを見返した。
「先輩」
 何かを言いかけたドンヒョクの唇の動きを、マークはスローモーションで見た。木に鈴なりになっている、よく熟した小粒の果実のようなそれから目線を上げ、顔全体を視界に収めると、痩せたままの頬を両側から毛糸の手袋をはめた手で挟み込み、勢いよくそこに近付いた。
 眼鏡がかすかにドンヒョクの鼻を引っ掻いた。その下の唇に、マークは自分のそれを触れさせていた。カナダにいたときにはキスの習慣はまだあった。が、もう随分久しぶりのそれだった。それも唇同士は初めて、つまりファーストキスだった。しかしそんなことはこのときマークの頭にまったくもって浮かんではいなかった。とにかく彼の脳内は洗濯機の中の洗濯物の如くごちゃごちゃと回り続け、ただ真ん中の空洞に、長らく格闘していた課題の答えが光ってあるように思え、柔らかな唇の上の押し返しがそれをオーロラのように包み込んでいた。
 わずか数秒のことだった。ドンヒョクは驚きのあまり硬直し、何もせず突っ立っていた。痛みを我慢するかのように目をぎゅっとつむっているマークとは対象的に、そのさまをドンヒョクは余すところなくすべて見ていた。
 おもむろに体を引くと、マークは目を開き、真剣な顔でドンヒョクに謝った。
「ごめん」
「…な…にしてんの」
「うん、ごめん」
 虚脱状態になったドンヒョクは広い白目の中で黒目をらんらんとさせ、闇の中でも異様に輝かせて見せていた。マークは怯むことなく真正面からそれを受け止めた。そして強い口調で言った。まるで怒っているかのように。
「忘れろ」
「へ?」
「先生のこと、もう忘れろよ」
 今度はマークがドンヒョクの両手を取り、握った。
 瞳を揺らがせてドンヒョクは黙った。青かったマークの顔が内から赤く光っている。
「な」
 もわりとその口から煙のように息が漏れると、それを見ていたドンヒョクは自分でも知らぬうちに「うん」と答えていた。
 そしてふたりして下を向いた。両手を繋いだ格好で。行き交う人々の目の届かないぎりぎりの暗闇で、大人になりかけの彼らは向き合ったまま押し黙った。しばらくただそうしていた。
「…腹減ったな」
 マークがぽつりと零した。ほんとうに腹が鳴っていた。笑いもせずドンヒョクは、そうだね、と応じた。
「よし、なんか食いに行こう」
 明後日を見ながらマークは体の向きを変えた。片手でドンヒョクを引いている。
「クリスマスなんだから、贅沢しようぜ」
 その言葉でドンヒョクはマークの顔に目をやった。冷気の中、シャンシャンという音と共に耳慣れた音楽が繰り返し鳴っている。にわかに体中が火照った。
 鮮やかに色づいた若者ふたりは、行きつけのファミレスを目指し、そっと手を離すと妙に力強くずんずんと街を行った。
 
 
 
おわり




 
 
 
 
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 短編(パラレル・グループミックス)

20191223

はじめて逢う人(クリスマス・アンサー企画/パラレル短編/NCT127)

 喉の奥が熱くなるのは酒を呑んでいるとき特有の症状だ。それが快いのかそうでないのかイ・ドンヒョクには未だもってよく分からない、呑み会にはしょっちゅう顔を出す方であるのに。
 正体をなくすほど呑むことが今年は多かったなと振り返る。年末は思い出すことがたくさんあるものだ。だが実際記憶を呼び覚ましたいことはあまりない、むしろ完全に忘れてしまいたいことはある。
 体の中だけでなく室内も暖かった。それは部屋の主が暖房を強く掛けているからだ。
「暑いよ先輩」
 とっくに緩めていたネクタイをイ・ドンヒョクは乱暴に襟から抜きながら言った。差し向かいで床に座り込んでいる相手はうんざりした態で応じた。
「お前寒いとずっと文句言うだろうが」
 そう言いながらも設定を変更するためマーク・リーはもぞもぞ動いた。背後で手にしたネクタイで向けられた尻をぺしんと後輩は叩いた。
「何すんだよ」
 振り返ったマーク・リーは零す。だが諦念と酔いが混ざった口調はことさら責めているふうでもなかった。
「なんでもないすよ」
 視線を落としたままイ・ドンヒョクはネクタイを横に放った。Yシャツをつまんで空気を含むように揺らすと体臭と香水の匂いが舞った。風呂に入りたいなとイ・ドンヒョクは思った。
「トイレ」
 立って勝手知ったる家の中を移動した。
 用を済ませて戻るとマーク・リーは水を二杯グラスに注いで待っていた。
「お前泊まるの」
 眼鏡の奥から上目で座ったかっこうのマーク・リーは聞いた。多少肌が色づいてはいるが彼は泥酔まで至っていないのは明らかで、しこたま呑んで浅黒い皮膚が濃い赤に変わっているイ・ドンヒョクはある程度すっきりしたはしたがまだ動きの鈍い頭と体で返事をせず、ただそのマーク・リーの態度に理不尽に苛立った。
「帰りますよ」
「終電やばいだろ」
「知らないす」
 荒い動きで掛け布団がくしゃくしゃと丸まったままのベッドの上に体を投げ出す。嗅ぎ慣れたマーク・リーの匂いが鼻腔に入り込み、不意に心が休まった。
「取るなよベッド」
 ため息と共にマーク・リーは言った。仰向けになったイ・ドンヒョクは返事すらしなかった。
 夏以降、イ・ドンヒョクに恋人らしきものはできないままだった。ド・ギョンスを想う気持ちを持て余し、異性との出会いを求めるのすら面倒になっていた。それでも一、二度誘われて合コンには行った。が、誰を見てもド・ギョンスと比べる自分に気付くばかりで、自己嫌悪を覚えるのが関の山だと行くのをやめた。しかしひとりでいると気分はどん底だった。誰といたいというわけではないが誰かといたいという状態で、結局マーク・リーといた。
 大学の先輩であるマーク・リーは今大学院の院生だった。ずっと大学近くの安いアパートにひとり暮らしをしており、昔からしょっちゅう遊びに来ていた。
「合鍵くださいよ」
「やだよ」
 このやり取りを何百回となくやった。
 友達はたくさんいるし、より気の合う者は少なくなかったが、何故かマーク・リーといるのがイ・ドンヒョクは好きだった。楽で、安心できて、面白かった。変な人だなと何度となく思い、呆れる部分も山ほどあったが、妙に触発されたり励まされたりすることがあり、話していてありきたりなことを言わないところを買っていた。
 今回の件も洗いざらい話してしまった。誰にも言いたくなかったが、言わずにいられるわけがなかった。
「そうか」聞き終えてマーク・リーは言った。「よっぽど素敵な人なんだなあ」
 それを聞いて不覚にもイ・ドンヒョクは涙ぐんだ。泣き虫というわけでもないのに、ド・ギョンス、それにあろうことかビョン・ベッキョンの前で泣いてしまい、今度はマーク・リーの前で。唇を噛んで必死にイ・ドンヒョクは耐えた。
 週末ほとんどマーク・リーと一緒に過ごした、場合によっては平日も。過ごしながら、マーク・リーの恋愛事情なども聞き、そうして自分を顧みて、俺は男が好きなのだろうかと静かにくすぶっていた胸の奥の疑問を引っ張り出しては考えてみた。けれどどうもよく分からなかった。無精髭を生やしたいつも顔色の悪い(睡眠時間を削って研究や勉強をするのがマーク・リーだった)少しだけ年上の男に相対していても、ド・ギョンスに対するような鮮やかな恋慕が湧きようもなかった。当然性的な欲求も。夜な夜な見るのは男女のセックス動画であったし、女の好みも変わらずしっかりしたものだった。
 そうなるとやはりド・ギョンスだからだったのか、とイ・ドンヒョクは結論づけそうになるが、今現在現実の女性に興味が持てないのも事実だった。それが一過性のことなのか、続いていくことなのか、どちらなのか。失恋の辛さと共にその不安もイ・ドンヒョクを確かに苦しめた。もし後者なら苦しい道のりが待っている予感がし、酒量は増し、マーク・リーの部屋にいる時間も長くなった。
 いろいろな話題を肴にするふたりであったが、マーク・リーから聞く彼の恋愛についての話は、その内容が発展するきざしは皆無で、イ・ドンヒョクは小馬鹿にして言った。
「先輩他の男に取られますよ、それじゃあ」
「うるさい」
 完全にのぼせ上がっていると言うよりちょっといいなと思っているくらいの同級生が相手ということで、焦っていないのだとマーク・リーは言った。イ・ドンヒョクは中学生の話を聞いているかのような気分になりながら、改めてマーク・リーに呆れていた。
 そんなふうに秋が過ぎ、冬になった。相変わらずマーク・リーの部屋に上がり込んでは呑んだりゲームをしたり話したりして過ごし、何も変化がないようだったが、少しずつ知らぬうちにおのれの根本を侵すような焦げ付くような感情は弱まっており、つい先日そのことをイ・ドンヒョクはくっきりと実感した。寒風の中マーク・リーの部屋を目指しながら、ゲームの続きを楽しみにしていたり、新しく出た酒を呑み交わすことに期待していたりしている自分に気付いたのだ。そのことに驚きながら、ドアを開けたマーク・リーの顔を見た。やはり顔は白い皮膚が紙のようで、唇の上には薄く髭があった。眼鏡は汚れて靄がかっている。だがイ・ドンヒョクは胸が温まるのを感じた。ふざけてそのまま抱きついた。
「やめろ」
 きつく抱き締めると背中をどんどん叩かれた。頬に触れた素肌が思いの外すべらかなのを知ったのはそのときだった。
 いつの間にか目を閉じていたらしい。まぶたの先が暗くなったことで、イ・ドンヒョクはそれを上に上げた。そこにはマーク・リーの顔があった。
「寝るんなら寝る準備してからにしろ」
 蛍光灯を背負ってマーク・リーの顔は薄暗かったが、近い距離にあることでイ・ドンヒョクはそれのいつもとの違いに目を留めた。
「先輩、今日髭剃ってる?」
「な、なんだよ」
 口元に手を当てマーク・リーは顔を上げた。
「なんか、全体的に小綺麗にしてない?」
 半分顔を隠したまま白い顔が赤みを帯びていくのをイ・ドンヒョクは見つめた。よく観察すると髪の毛はいつもほどぼさぼさとはしておらず、眼鏡に染みもない。部屋着も新しいもののようだった。
「何?今日予定あったの?」
 常のごとく行くとだけ連絡して返事も待たずにそのまま来たが、誰かとの約束を反故にさせているとは思いもよらなかった。来てからもひとこともそんなことは言わなかったのだ。
「いや」
「嘘でしょ、なんだよ、言ってよそんなら」
 肘をついて上半身を起こすと、イ・ドンヒョクは続けた。
「呑み会?家族?あれ、もしかしてデート?あの子と?」
 どうやらそうらしかった。マーク・リーは嘘がつけない。横を向いて俯くと、黙ってしまった、唇を手で覆ったまま。
「えー、ごめん、てかなんでよ、言えばいいじゃん。なんで言ってくんないの」
「いや、いいんだよ」
「よくないよ、連絡はちゃんとした?」
「し、したよ」
「大丈夫?怒ってなかった?」
「多分」
「ほんとうに?変なふうに言わなかった?」
「ほんとだって」
 にわかには信じられなかった。うまく弁明などできる人間ではないのだ。突っ立った同じ体勢のままマーク・リーは何も言わない。
 ベッドの上に座り直してイ・ドンヒョクは言った。
「ごめん先輩、ほんとに」
「いいんだって」
「だってチャンスだったんじゃん」
「いや」
「て言うかこれなら付き合えたよ、俺が駄目に…」
「いいって!」
 突然強い口調で返されたものだから、イ・ドンヒョクは目を見開いて口を閉ざした。目を泳がせているマーク・リーを黙して見つめていると、しばらくして手を離した口が動いた。
「あ、相手が誘ってくれたんだよ、もともと…」
 数秒意味を図りかね、沈黙したあとイ・ドンヒョクは返した。
「え!?じゃあ…」
「けどお前来るって言うから、それならって断って…」
「何それ」
 目をまん丸くしてイ・ドンヒョクは心から言った。
「正直、い、行かなくてもよかったって言うか…あ、あの子といるよりお前といる方が…」
 首に手を置いてなおもマーク・リーは下を向いていた。
 まだ白目の中につぶらな瞳を浮かせるようにしてイ・ドンヒョクはマーク・リーを凝視していた。
「あの子と会うために、きちんとしたんでしょ?」
 こざっぱりとしたマーク・リーの全身を眺めて、別人と対しているかのような心持ちでイ・ドンヒョクは尋ねた。
「まあ…と言うか、クリスマスだから…」
 それまで以上に目を点にしてイ・ドンヒョクは言葉を失った。
「だから言ったろ、いい子だなって思ってるくらいだからさ」
「だからって」
 言いながらイ・ドンヒョクは我慢できず苦笑した。
 ようやくマーク・リーは目をイ・ドンヒョクに向け、ふたりは視線を合わせた。
 マーク・リーはベッドに近寄り、腕を差し伸べると、「ほら、寝るなら着替えろ」と言った。
 出された手の向こう、丸く大きな銀縁眼鏡の中の釣り上がった知性と無垢に光る目を見て、イ・ドンヒョクは唇を結んでいた。そして手首を掴むと引っ張った。
 当然の結果としてマーク・リーはイ・ドンヒョクの上に倒れ込んだ。うわ、と言ってイ・ドンヒョクの硬い胸に落ちると、ふたりは顔と顔を至近距離で見合った。
「何すんだよ」
「引っ張った」
「分かってるよ」
 酒臭い息を互いに吐きかけつつ見つめ合い、そうしながらイ・ドンヒョクはマーク・リーの腕を掴んだままだった。じろじろと無遠慮にイ・ドンヒョクは男の顔を見た。
「なんだよ」
 唇を尖らせるようにしてマーク・リーは不平そうに言った。
「あのさ」
「何」
「キスしてみてもいい」
 たっぷり十秒は間があった。イ・ドンヒョクはその間鋭く相手を見据えながら返事を待った。
 きょとんとしたマーク・リーは冗談だと思ったらしく、突然破顔した。
「何馬鹿言ってんだよ」
 しかしイ・ドンヒョクは笑わなかった。それでマーク・リーも笑うのをやめた。
「…嘘だろ?」
「ううん」
 再び間。掴んだ手首の中の血管がどくどくと脈打つのをイ・ドンヒョクは感じながら、眼前にある顔の奥底から血の色が浮き出てくるのを一瞬たりとも逃さず見ていた。
「か、からかうな」
 言いながらマーク・リーは顔をそらした。
「からかってない」
「じゃあなんだよ」
「してみたくて」
「し、してみた…?」
 思わずマーク・リーは横目で後輩を見た。
「なんだよそれ」
 イ・ドンヒョクは両手でマーク・リーの頬を挟み、自分に向かせた。そして瞬きもせず目の中を見た。
「してみたいんだよ」
 据わった目に怖気をふるったマーク・リーは慌てて両手でイ・ドンヒョクを押しながら返した。
「よ、酔ってんだよお前」
「酔ってるよ」
「そ、れが失敗の元だったろ。忘れたのか」
「だから今度は聞いてるじゃん」
 言われた言葉に唖然とし、返答に詰まっているとイ・ドンヒョクが触れている部分の頬を親指で撫ぜた。それははっきりとした意思が表れたやり方で、マーク・リーは鳥肌が立った。
 やめろ、と言いかけたところでイ・ドンヒョクは射抜くようにしていた目のさまをやわらげ、溶けるような不可思議な眼差しにそれを変えた。酔いとそれ以外のものが混ざった初めて見る双眸にマーク・リーは喉が詰まったようになり、制止する言葉がそこで止まった。
「ちょっとだけだから」
 常のかすれたおかしな声が、囁くとまったく違った表情を呈した。耳の中の毛がさわさわと直接触れられているようなそれは、首のあたりの体温を突如上げた。
 イ・ドンヒョクは、これはまったくもって頭のおかしな行為かもしれない、という疑念を当たり前だが持っていた。友人をひとり失うかもしれない、それも大変好きな友人を。でもその恐怖よりも何か大きな期待が圧倒的に身中を支配していた。ド・ギョンスの唇を奪ったときとはまるで違った。自分でもよく分からない確信を持ってイ・ドンヒョクは言っていた。
「先輩、するよ」
 黒目を揺らしたマーク・リーは何も言わず、ただ時が経つのを待ち受けた。細く目を開けたイ・ドンヒョクは、マーク・リーの黒い髪の中に指を差し込み自分に近付けると、唇の上に唇を置いた。
 たまらずマーク・リーはきつく目を閉じた。イ・ドンヒョクは彼の肌が沸いた湯のように熱くなっていくのを体感しながら、口を少し開けて唇を優しく食んだ。びくりと体をマーク・リーが震わせる。今度は少々大きく唇の上下を開け、全体を包むようにした。
 マーク・リーは全身を細かく震わせていた。長い指で彼の髪や首を撫ぜ、もう一度柔らかく唇をつまむようにしてからイ・ドンヒョクは離れた。
 ゆっくりとマーク・リーは瞳を現した。狐のような眉と目が妙に平行に、ぼんやりとしたようすを示し、イ・ドンヒョクを見つめていた。
 イ・ドンヒョクは何も言わなかった。ただ感情を込めて頬を挟んだままマーク・リーを見返していた。
 マーク・リーはシーツを握りしめ、視線を下にして言った。
「…で、なんだよ」
 拗ねたような口ぶりにイ・ドンヒョクは笑いそうになるのをこらえた。
「よかったよ」
 そう言うとぱっとマーク・リーは顔を上げ、イ・ドンヒョクと目を合わせた。
「ど、どういう意味だよ」
「そのままの意味だけど」
「そのまま?」
「うん。先輩は?どうだった?」
 微笑みを唇の端に乗せ、またイ・ドンヒョクはマーク・リーの両頬をかすかに撫ぜつつ問うた。
「どう?」
「うん」
「どうって…」
「もう一回したい?」
 もう白いなどとは絶対に言えぬほどにマーク・リーは赤くなった。イ・ドンヒョクは彼の眼鏡を外した。
「どうなの?」
 マーク・リーは嘘がつけない。口をぱくぱくさせているのをしばらく眺めてから、イ・ドンヒョクは笑みを浮かべ、その動きを自分のそれでやめさせた。
 
 
 
 
 
 おわり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 短編(パラレル・NCT127)

20191222

メリーメリーメリー
20191222103325e4b.jpeg


クリスマスのお出掛けです。

20191222021533943.jpeg


寒い夜でしたねー。

201912220214383fb.jpeg


同居人の人が結婚指輪を直していてくれました。ものすごく嬉しい。綺麗な特別な指輪なので。

201912220216292a3.jpeg


2019122202150947c.jpeg


皆様クリスマス前の週末、いかがお過ごしになりましたでしょうか?







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20191222

クリスマスを楽しむ日
20191222021338105.jpeg


素敵なリース。
行きつけのパン屋さんの入り口前に飾ってありました。

20191222021352517.jpeg


少々げっそり気味のワタクシ。疲れた模様。

2019122202130764a.jpeg


そんなことを言いつつもクリスマスを満喫。

20191222021252c77.jpeg


20191222021320dad.jpeg


イギリスのクリスマスの定番料理、ターキーのミートパイ。ものすごく好み。

2019122202141797d.jpeg

メリークリスマス!!






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20191221

ほんとうにささやかなものではありますが
おはようございます。

夜中にお話をあげましたけれども、お読みいただくとお分かりの通り、あれは「アンバー・エフェクト」の続きです。
つまりみむ子様への誕生日のお礼…こんなものが…という感じで恐縮ですが、そのひとつです。ささやかすぎるものですが、もしよければお暇つぶしにお使いください。
みむ子様、ほんとうにほんとうにありがとうございました。感謝と愛を込めて書きました。お気に召してくださるといいのですが。
そして読者様皆様へのクリスマスプレゼントにも、僭越ながら一応なっております。
贈り物でありながら、自身で萌えるものが読みたい…そういうものが書きたい、という願望のもと生まれたお話でもあります。少しでも萌えてくださったなら本望です。
ここのところ二次BLから遠ざかっておりましたが、ぼちぼち活動していこうかなと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。
古参の方、新規の方、どちらも当然大歓迎です。
是非交流いたしましょう。

20191221062919226.jpeg


もみあげをなくしてもらい、昔の子供のような頭に。
クリスマス、年末前にすっきりして大変嬉しいです。て言うか前髪が限界だった。

20191221062937408.jpeg


20191221063125f89.jpeg


同居人の人へのクリスマスプレゼント。
いい靴下。
素敵なデザインの靴下ブランドで、前々から狙っていました。合わせやすさと可愛さを併せ持ったものをチョイス。

20191221063327c8d.jpeg


イギリスづいているこのところ。
別にイギリス趣味があるとかそういうことはないのですが、小さな頃からイギリスの探偵ものに接し続け、本もよく読むためか、そしてその素朴さが好みのためか、イギリスものを選びとっていることがままあります。食器とか食べ物とか。
フランスなどの粋さ、センスのよさにも惹かれるは惹かれるのですが、私は元来何かに酔う、ということを避ける傾向があり、ラテンの気質をちょっと覚めた目で見てしまうところがあるのです。
フランスの小説や映画をそこまで好まないのもそういう理由からだと思います。
フランスのもので完全にうっとりするのはココ・シャネルの作った服です。彼女のスタイル自体も。

20191221063344504.jpeg


20191221063311ef0.jpeg


20191221063405ef3.jpeg


信号?



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (1) | つれづれ

20191221

願いの行き先(クリスマス・アンサー企画/パラレル短編/EXO)

 薄靄の向こうにいるド・ギョンスはあらぬ方を見ている。
 唇に人差し指と中指を触れさせるたび、ビョン・ベッキョンは彼を盗み見た。唇がすぼまり、また開くさまは開花を思い起こさせた。灰色に染められた絹生地に似た煙がそこから幽霊のように溢れ出る。渦が巻き、消えるのを見つめながら、ドラムの細かく儚い、しかし確かにそこにある打音が頭の中心を揺らすままにさせていた。
 食事は結構なものだった。相当いい店に行ったのだーー女と付き合っているときにだってあまり行ったことのないようなレストラン。フレンチ。
「クリスマスだからってさ」
 席について苦笑しながらそう言うと、まじまじと相手の顔を眺め、ナプキンを広げながらド・ギョンスは返した。
「いやなのか?」
「いやじゃないけど」
「美味いらしいから」
 会社帰りの男ふたり連れで来るようなところではなかった。男女のカップルか家族連れの中、彼らは浮きに浮いた。ビョン・ベッキョンは少々居心地が悪く、目を伏せて零した。
「美味いのはそうかもしれないけどさ」
「予約取りづらいんだ」
 小声で話している中、よりこもった声でつぶやくようにド・ギョンスは言った。背筋を伸ばし、ウエイターが皿を運んで行き来するのを目で追いながら。
 まばたきながらビョン・ベッキョンは黙った。すでに恥ずかしさからかなり頬が染まり、首筋に汗が浮くほどになっていたが、いよいよ体温は上昇した。光るグラスを取ると、中の水を勢いよく飲んだ。
 それからは気を取り直して明るく多弁になったビョン・ベッキョンとド・ギョンスはよく食べ、よく呑んだ。確かにどれも非常に美味だった。マナーや何やかやが気にならないこともなかったが、不躾とも言えるほどまっすぐまばたき少なく自分を見てくるド・ギョンスの視線のようすに意識は向けられ、体中に発汗を覚えながらビョン・ベッキョンは喋り、食した。食べながら食べられるのを待っているようなおかしな感覚で、意味もなくへらへら笑った。
 店を出ると白い息を吐いてド・ギョンスは言った。
「うち来てほしいんだけど」
 マフラーを巻いていたビョン・ベッキョンは一瞬動きを止めた。が、合っていた目をそらして急いで答えた。
「うん」
 先立って歩き出したコートに着られているような背中を追った。考えのまとまらない脳内は、クリスマスソングだけが唯一まともに流れていた。
 来るのは初めてではなかった。正確に言えば三回目である。
 当然来ることになるだろうとは思っていた――のに、実際来るといつも異常に緊張した。今回も同様だった。皮膚の表面がぴりぴりとしびれ、何を言い、何をしているのかよく分からなくなってしまう。常にそのときどきの状況を把握して行動するビョン・ベッキョンのようなタイプにとってこれは恐慌状態に近かった。魂が体から抜け出て宙に浮き、そこから自分を見下ろしているような不安な感覚で、どうしたら落ち着けるのだろうかと必死だった。反対にド・ギョンスは妙に落ち着いていた。常時そうだとも言えるが、口数はより減り、瞳がおかしなふうにぬらぬらと激しく、しかし静かに光った。それが恐ろしく、だが快く、ビョン・ベッキョンはお化け屋敷におっかなびっくり入る子供のような心持ちで整然とした清潔な部屋で夜を過ごした。だいたい金曜日の夜で、今夜もそうだ。
 付き合っているのだーーそうなのだろう、とビョン・ベッキョンは思う。ほとんど毎週金曜の夜、共に過ごす。週末、土曜も予定が他になければ会ったりする。しかし夜明けまで一緒だったのは、この部屋に来たときの二回だけだ。それに、お互い相手に触れることもほぼない。あのときは突然キスしてきたくせに、ビョン・ベッキョンは思い出しながら何か騙されたような気持ちに心中歯噛みした。あれ以来、仲のいい友達、親友のような関係になって、確かに楽しくはあったが、拍子抜けしたことも事実だ。けれど決してそのようにド・ギョンスがおのれを思っていないことも知っていた。それはこれまで書いているように、目のありようにまざまざと表れていた。だがただ見つめるだけで、そうして伏し目になって煙草をゆっくりふかすのだ。期待していた自分が恥ずかしくなり、ビョン・ベッキョンは妙に意地になって何も気付かないふりすらした。
 ケーキ作った、と言われて生クリームでデコレーションされたホールサイズのものを見せられると、ビョン・ベッキョンは驚きのあまり絶句した。その間ド・ギョンスがわずかにこちらの反応を伺っているのが分かり、ビョン・ベッキョンはことさら騒いだ。ひとしきり食べ終えるまでうるさくすると、ド・ギョンスは常のごとく断ってから一服し出した。手作りのケーキは甘く、砂糖と果物の香りが部屋中に満ちており、苦いような煙草の匂いがいつも以上に鼻を突いた。
 部屋に入ってからすぐかけられたジャズはヴォーカルなしのもので、会話を止めたふたりの間をくるくると踊るように回っていた。ド・ギョンスが淹れた冷めたコーヒーを再び口に持っていくと、声が聞こえた。
「ドンヒョクは」
 一段と低い音になったド・ギョンスの声が煙といっしょに舞った。視線を上げたビョン・ベッキョンは、予期していなかった言葉に「うん?」と言った。
「もう、大丈夫そうだから」
 視線を受け止めることをせず、ド・ギョンスは続けた。吐き出した煙がゆっくりと上を目指す。
「そうなのか?」
「うん」
 ビョン・ベッキョンも実はそう思っていた――少し前から。
「改めて謝られたし」
「へえ?」
「気にしないで付き合ってくださいだって」
 瞬間どくりと心臓が鳴った。ビョン・ベッキョンは返答をためらった。
「だから」
 言葉を切ってド・ギョンスはビョン・ベッキョンを向いた。眉根が下を向いているのは気のせいだろうか?こんな心もとない顔をしているド・ギョンスは、ビョン・ベッキョンは初めてだった。下を向いてド・ギョンスは言った。
「俺と付き合ってくれる」
 言いつつ煙草を灰皿に押し付けた。
 唇を引き結んだビョン・ベッキョンはド・ギョンスを見つめていた。膝を立てたド・ギョンスはその上に伸ばした両腕の肘を置き、片腕の上に顔を半ば隠すようにした。そしてちらりとビョン・ベッキョンをそこから見た。晒されたうなじが桃色になっている。
 どもりそうになりながらビョン・ベッキョンは答えた。
「い、いいけど」
 するとおもむろにド・ギョンスは顔を上げた。
「いいの」
「うん」
「そうか」
「うん」照れたビョン・ベッキョンは半笑いで続けた。「て言うかもう付き合ってると思ってたし」
 目を合わせたまま相対していると、にわかにビョン・ベッキョンは焦った。
「だってお前俺のこと好きってことだったし、誘ってくるだろ。俺断ってないんだからさ」
 耳まで赤くなっているのが嫌でも分かった。
 いきなりド・ギョンスは立ち上がり、それに驚いたビョン・ベッキョンが見上げていると、すたすたとビョン・ベッキョンのとなりにやって来て腰を下ろした。
 目を見開いたビョン・ベッキョンにあの達磨のような黒目の丸を向け、ド・ギョンスは言った。
「キスしていい」
 唇から煙草の匂いが漂うのが分かるほどの距離だった。掛けられた言葉の意味が脳に落ち着くと、ビョン・ベッキョンは気絶するかと危ぶんだ。
「なんで聞くんだよ」
 笑おうとしたがうまくいかなかった。ゆがんだ唇がかすかに震えた。
「前の反省を込めて」
 今度は自然と笑った。
「なんだよそれ」
 自分の息が甘い。ビョン・ベッキョンは勝手に閉じそうになっている目を懸命に開けていた。
「したいんだけど、いいか?」
 徐々に顔が寄ってきているのが分かっていた。無意識のうちに、何故かビョン・ベッキョンは両腕で顔を隠した。
「駄目ってこと」
「いや、その」
 変わったかたちの耳は燃えるような色を示し、腕の向こうにそびえている。
 手首に手が回った。
 簡単に腕は下りた。小さな怯えたような瞳がド・ギョンスを見返しており、彼は沸き立つ衝動が体を焦がすのではないかと案じた。
「いいか」
 信じられないほど低い声で、唇と唇が触れそうなところでそう問われると、ビョン・ベッキョンはこくこく小さく繰り返しうなずいた。その最中にふたつは重なった。
 耳の奥でシンバルが振動しているようだった。顎を捉えられたビョン・ベッキョンは後ろに頭を引くこともできず、知らぬうちに目を閉じ、唇が好きにするに任せていた。それはそれだけで生き物のように欲望に忠実だった。ジャズバーのトイレの前でキスされてから、ずっと自分が何を望んでいたのか、ビョン・ベッキョンはこれ以上ないほど強く自覚した。
 ド・ギョンスは理性が遠のくのを実感していた。急ぎすぎてはいけないと自戒していたのに、結局舌はビョン・ベッキョンの口の中にあった。舌同士が久しぶりに出会うと全身が溶けるかと思うほどで、無我夢中で愛撫した。
 ようやく離れると泳ぎ疲れたあとのようになっていた。
 前髪を撫でるようにして軽く引っ張ると、ド・ギョンスは囁いた。
「脱がしてもいいか?」
 ビョン・ベッキョンはもうとても耐えられないと、不機嫌そうに小さく吐き出した。
「その聞くの、やめろよ」
 皮膚全体を真っ赤にしてビョン・ベッキョンはそっぽを向いた。
「それで?いいのか?駄目なのか?」
 悔しくなってビョン・ベッキョンは答えなかった。横を向いたままでいると、首の骨を唇が這った。
「じゃあもう聞かない」
 耳の穴の奥の脳の芯が、今度はド・ギョンスの低音で甘く震えた。
「あ、汗かいてるからやめとけよ」
 ド・ギョンスはくすくす笑った。何を言っているんだか。どれだけ俺がその汗を舐めたいと願っていたか、ちっとも分かっていないのだから。不敵な笑みを浮かべたド・ギョンスが心底恐ろしく、そして愛しいとビョン・ベッキョンは思い、そんなふうに思う自分に唖然としている中、素肌がいつの間にか空気とド・ギョンスに触れていた。
 
 
 
 
 おわり
 
 
 
  



 
  




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | 短編〈パラレル〉

20191217

素晴らしい人
20191217214711e6f.jpeg


お友達から稲と万両が届きました!!!

20191217214721ced.jpeg


早速使わせていただきました!!
暗かったので分かりづらく、残念です〜。
オーナメント作りは楽しいですな。ほんとうにありがとうございます!!

20191217214731864.jpeg


素敵なクリスマスカード。
ものすごく好みの猫のイラスト。可愛いですね〜。

欲しいと書いているのをお読みになってすぐ送ってくださったんですよ…こんな思いやりと優しさがあるでしょうか?

20191217214629655.jpeg


20191217214644009.jpeg


20191217214658b0a.jpeg


今日はなかなか切ない日でしたが幸せに包まれて眠れます。




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ

20191216

レディはつまり思いやりを持ち礼儀を心得た人間ということ
201912161215024ed.jpeg


シナモンは素敵。カルダモンが切れたので買わないとです。

20191216121530c6a.jpeg


20191216121518665.jpeg


ものすごく面白い本。
何度も読み返してるのでかなり覚えてしまってますが、また読んでいます。
学ぶところも大変多い。

泊まりがけで遊びに来ていたある子供がひとりのメイドに軽蔑を含んで「何よ、あんたただの使用人じゃない!」と言ったときアガサの母がその場で叱って言ったこと。

「二度と使用人にあんなことを言わないようにね。使用人は最高の思いやりで扱ってやらなくちゃいけないの。あの人たちはね、あんたが長いこと修業しなければできないようなことを上手にやってくれる人たちなのよ。それから、あの人たちは口答えができないということを覚えておいてね。身分上、あなたに向かって無作法なことをしてはいけない立場の人には、いつも丁寧にしなければならないんですよ。もしあなたが無作法なことをすれば、その人たちはあなたを軽蔑して当然よ、というのはあなたはレディらしくない行いをしているからよ」
“小さなレディになるための心得”を、そのころは徹底的に叩き込まれたものだった。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ EXO RANKING ⊿⊿
FC2BLOGRANKING
( korea boys rank ) Kiss&Hug.
にほんブログ村テーマ BLラブへ
BLラブ
trackback (0) | comment (0) | つれづれ
  • ミス・レモン
ようこそお越しくださいました。
EXOのメンバーを登場人物にした二次創作BL小説や、オリジナルのBL小説、好き勝手なことを綴った雑記などを置くブログでございます。
内容を読んでのコメント、メッセージなど、いつでも心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

最新記事

人気投票 1

人気投票 2

人気投票 3

人気投票 4

人気投票 5

ブログ村

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 韓流二次BL小説へ

人気ブログランキング

アクセスカウンター

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター